カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 骨髄移植 >
  5. 理解から登録完了まで~ドナー登録の流れを知ろう!

気になる病気・症状

理解から登録完了まで~ドナー登録の流れを知ろう!

 

ボランティアの形は様々ありますが、その形の一つが骨髄バンクへのドナー登録です。同じように自分の臓器提供でも、意思表示をするだけのものはあります。しかし、ドナー登録となると自分から積極的に動く必要があります。

 

 

ドナー登録

何らかの疾患によって骨髄液の移植や末梢血幹細胞の移植が必要な人がいます。そういった人たちのためにあるのが骨髄バンクのドナー登録ですが、実際どのようにすれば登録できるのでしょうか。

 

1:理解する

ドナー登録をする為には、自分の骨髄液や末梢血幹細胞を人に提供することをよく理解する必要があります。内容理解に関してはパンフレットなどを呼んで理解することができます。パンフレットはオンラインで見たり郵送で取り寄せたりすることができます。

 

2:登録申込書

申込書はオンラインで印刷するか、郵送で送られてきたパンフレットと共に入っている申込書に必要事項を記入します。この記入した申込書を登録窓口あるいはドナー登録会に持っていきます。近くの登録窓口やドナー登録会はインターネットで検索できます。

 

3:手続き

登録窓口やドナー登録会で説明を受けて、申し込み手続きをします。また、申し込みの際には2mLの採血を行い、HLA型検査を行いますが、費用はかかりません。

 

4:完了

ドナー登録が完了したら、ドナー登録確認書が送付されます。その後定期的に、移植を待っている患者さんとのHLA型適合検索が行われます。

 

登録までの流れは大まかにこういったものですが、実際には登録に際して必要な条件などがありますので、まずは自分の状態が登録の条件に合致しているかどうかを確認しておくことが必要かもしれません。また、登録後しばらくしてから適合の知らせが来ることもありますので、長期的な目を持っておくことも大事でしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/11/27-030785.php?category=29])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨髄移植に関する記事

骨髄提供に際しての骨髄採取はどれくらいの量?

  毎年日本ではおよそ6千人もの人が、白血病などの重い血液の病気を発症して...

骨髄採取での採取方法とその痛みはどの程度?

  重い血液の病気を発症した患者さんを救う手段として用いられている骨髄移植...


骨髄移植のための骨髄バンクって何?ドナー登録って誰ができるの?ドナー登録の3つの条件

  何らかの疾患によって骨髄移植を希望する人は多くいます。しかし希望した人のす...

骨髄バンクのドナー登録の条件にはどんなものがあるの?

  毎年日本ではおよそ6000人もの方が、重い血液の病気を発症しています。...

カラダノートひろば

骨髄移植の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る