カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. その他 >
  6. 新生児の敗血症発症は危険!予防するにはどうすればいい?

妊娠・出産

新生児の敗血症発症は危険!予防するにはどうすればいい?

敗血症とは血液における細菌感染症になります。

これは新生児も発症する疾患で、新生児の場合の症状としては、元気がなく、乳をあまり飲まない・飲もうとしないという他に、低体温をよく起こすといったことが挙げられます。

 

不完全な免疫システムのリスク 

早産児は免疫システムが完全に発達していませんから、予定通りに生まれた新生児に比べ、生後数日間に発症する敗血症(早発性敗血症)と生後7日後以上経過してから発症する敗血症(遅発性敗血症)を発症する危険性が非常に高くなります。

加えて早産児はある特定の細菌に対する抗体を持っていません。というのも、これらの抗体は妊娠後期に母親から胎盤を通じて移行するものだからです。

 

では、このような申請時における敗血症を未然に防ぐにはどうすればよいのでしょうか?こちらで簡単にまとめました。

 

新生児の敗血症を予防できる

新生児の敗血症発症を防ぐために、出生時に免疫グロブリンと言われる抗体を静脈内注射によって投与します。

 

こうすることによって、特定のハイリスクを伴う低出生体重児(LBW児)の敗血症を予防することが可能になりますが、すでに確立されてしまっている感染には有効ではないとされています。

 

母親の体内にあるB群溶血性連鎖球菌(GBS)による侵襲的な疾患の敗血症では、生後6時間以内には明らかになります。

 

GBS疾患の子供を以前にも出産したことのある女性には分娩時に、さらに妊娠中に症候性もしくは無症候性のBGS細菌尿の見られた女性には診断時と分娩時に、抗生物質を投与することで、新生児の敗血症発症を予防することが出来ます。

 

このように、新生児に生じる敗血症はあらかじめ防ぐことが可能となります。ですから、妊婦の方で気になる方は一度担当の医師に相談されてみてはいかがでしょうか? 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_7894.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

知っておくべき「会陰切開」【後編】 切らないための予防と会陰部切開後の痛みへの対処法

後編では、会陰切開を出来ればしたくないと言った方へのアドバイスをお話します。...

死亡率60~80%!羊水塞栓症

  お母さんは赤ちゃんがお腹の中で成長するのを、本当に楽しみにしています。...

その他の体験談

いきみ方って大事なんだ!自分なりにやったら血圧上昇

娘を出産した際 分娩に立ち会ってくれてのはたった一人の助産師さんだけ。 赤ちゃんが出てくる所が切れ...

出産の兆候。子宮口は開いていくけどお産にならない

出産前の兆候ってお産が近くなると気になりますよね。 私も出産前にネットで出産の兆候を、調べまくって...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る