カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺胞タンパク症 >
  5. 息切れや咳…肺胞たんぱく症では症状はどのような経過をたどる?

気になる病気・症状

息切れや咳…肺胞たんぱく症では症状はどのような経過をたどる?

◆肺胞たんぱく症とは

まずはじめに、肺胞たんぱく症という病気をご存知でしょうか?

これは、気管支の末端に連なるブドウ状のような形をした肺胞と呼ばれる肺を形成する組織に、タンパク物質が蓄積することによって生じる疾患になります。

 

症状としては、軽い動作時に生じる息切れや咳、また息切れによる体重減少が挙げられます。稀に、これに加え発熱を伴うことがあります。これらのような症状を自覚してから病院を受診する患者さんが多いですが、何の症状も見られない場合もあります。

 

では、この肺胞たんぱく症ではどのような経過をたどるのでしょうか?こちらで簡単にまとめました。

 

◆肺胞たんぱく症の症状における経過とは

肺胞たんぱく症の中でも特に「自己免疫性肺胞たんぱく症」と呼ばれるものを発症した場合でも、約20%の患者さんの病状は次第に良くなっていきます。また、患者さんのおよそ半数の方は同じ状態が続きます。

 

しかし、残りの方は悪化するために全肺洗浄といった何らかの治療を施す必要があります。その中でも一部の人では、肺線維症と呼ばれる肺が硬くなり縮んでいく状態になってしまいます。

 

 

肺胞たんぱく症が比較的軽い状態の場合には、肺炎などの感染症を合併することは多くはありません。しかし、肺線維症によって肺の線維化が進行してしまうと細菌や真菌によって感染症を引き起こされやすくなってしまいます。

感染症を発症してしまうと治りにくいため、命の危機に陥ってしまう恐れもあります。また、肺から空気が漏れることで肺が縮んでしまう気胸と呼ばれる状態になる危険もあります。

 

 

このように、肺胞たんぱく症も症状が進行してしまうと、命に関わります。ですから、症状が悪化しきってしまう前に、息切れや咳などの自覚症状が生じた場合には直ちに病院を受診するようにして下さいね。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_1318.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺胞タンパク症に関する記事

どんなものに注意するべき?特発性肺胞タンパク症の発症原因について

  肺胞タンパク症には特発性と続発性があり、続発性は続発する原因疾患が存在...

肺胞や気道は実は正常なまま?!肺胞タンパク症について知ろう!

  肺胞タンパク症は呼吸障害を伴い、さらには易感染性によって呼吸器感染症を...


原因によって異なる!息が苦しくなる病気「肺胞タンパク症」の治療方法を知ろう!

  肺胞タンパク症とは、本来呼吸による酸素と二酸化炭素の交換をスムーズにするた...

治療法自体はすでに確立している!?肺胞タンパク症を治療する肺胞洗浄療法とは?

  肺胞タンパク症は、肺胞に蛋白様物質の液体が溜まる、非常に治療が難しい難...

カラダノートひろば

肺胞タンパク症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る