カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. エイズ検査は献血ではなく保健所で!献血をしてもエイズ検査結果は教えてくれません!

健康診断・健康管理

エイズ検査は献血ではなく保健所で!献血をしてもエイズ検査結果は教えてくれません!

 

HIVは非常に感染力の高いウイルスです。性行為や注射器の共有、ウイルスに感染した血液を輸血されることなどによって感染します。

 

エイズ検査目的の献血

献血をする前にも説明がありますが、自分がHIVに感染しているかどうかを確認するための献血は受けることができません

もちろん自分は感染していると疑っていなくても、感染の可能性が少しでもあれば献血は断られてしまいます。そもそも、献血を受けたことによってその人がHIVに感染していると分かっても、その人自身に検査の結果が知らされるわけではありません

 

HIV検査は100%ではない

献血された血液はもちろんHIVに感染していないか検査をすることになります。

この検査は、検査方法などの変更によって、次第に精度がよくなってきています。

しかしどれだけ検査の精度が上がっていってもHIVには検査をしても検出されない時期というものがあります。そのため、100%HIV感染を見つけられるということは言えないのです。

 

エイズ検査は保健所で

エイズ検査は保健所にて匿名で検査を受けることができます。献血のように気軽に立ち寄ってできるわけではありませんが、そちらの方が確実にHIVへの感染の有無を知ることができます。保健所で検査を受ける場合には電話で検査の予約をし、指定された日時に保健所に行く必要があります。

匿名と言っても、そこに集まった人同士は顔を合わせることになりますし、ある程度人と会うことは避けられません。しかし保健所ではエイズ検査を目的として行えますので、HIV感染を確認するには確実です。

 

エイズ検査目的の献血は、献血の信頼性を揺るがすものです。

結果を受けることも出来ず、目的からずれてしまいますし、他の人を害する可能性があることですので、よく理解しておく必要があるでしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/30-028895.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

献血に関する記事

あかぎれがあると献血が断られる?その理由とは

  まずはじめに、1日にどれほどの方が輸血を受けているかをご存知でしょうか...

体重によって献血量が変わる!?献血の体重制限

                 まずはじめに、病気による手術や急な事故によ...


献血のエイズ検査って?結果は教えてもらえるの?

  献血をすることは人の役に立てることです。輸血を必要としている人はたくさんい...

献血前の食事、NGはあるの? 満腹時の献血も危険?!

献血をする際、その人の健康状態が良好であることは非常に大切です。その献血者の体...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る