カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. 献血前の食事、NGはあるの? 満腹時の献血も危険?!

健康診断・健康管理

献血前の食事、NGはあるの? 満腹時の献血も危険?!

献血をする際、その人の健康状態が良好であることは非常に大切です。その献血者の体の状態を左右することの一つが、献血前の食事です。 

 

健康的に食事をとっていることが基本

献血前だけでなく、いつも3食きちんと食事をとっていることは、健康状態をはかる指標として重要です。

 

特に献血を受ける前の食事を抜いていたりして極度の空腹の状態では、採血によって献血者の健康状態が害されてしまう場合がありますので、献血を断られることがあります。

 

また、献血前や普段の生活で不摂生な食生活を送っていると、必要とされるヘモグロビンの量や血液比重が不足していると判断され、献血ができないことがあります。

 

献血前にNGの食事

基本的に献血前の食事は制限されるものではありません。しかし過度に脂っこい食事をとると血中の脂肪が増えてしまって献血ができないことがあります。

 

また、乳製品なども人によっては血漿をにごらせてしまうことになり成分献血ができないことがありますので、できれば前日の夜から食事には気をつけた方がよいでしょう。

 

満腹の献血も危険?

献血をする際は、当たり前ですが針を刺します。人によっては針を刺されたことによって、めまいや失神などの症状が引き起こされます。

 

これはしばしば貧血と勘違いされますが、献血では貧血をしない程度の血液を採取していますので、貧血ではなく血管迷走神経反射という反応です。針を刺されたことのショックとして体が反応してしまうのです。

 

この血管迷走神経反射は、満腹時に起こるリスクが通常時の約7倍あるとされていますので、満腹状態での献血は避けた方がよいかもしれません。

 

奉仕をするならばぜひ健康な血液を提供できるよう、まずは自分の健康状態に気を使いましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

献血に関する記事

献血と体重の関係 体重によって献血量が変わる!?

  献血において採血する血液や量などは種類があります。それと共に体重の制限など...

献血した血はその後きちんと使われているの?

  献血をした後には少し体が疲れたような感じがあっても、いいことをしたなという...


献血の際のエイズ検査で陽性だった場合、通知される?

  日本では毎日300人もの人が輸血を受けることで、その一命を取り留めてい...

血管が損傷して皮内に血液が漏れる?!注射をすると腕に内出血が起こる原因

  腕に注射や点滴、採決の針を刺した跡が大きな内出血になり、驚いた経験はあ...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る