カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 寝る前にちょっと食べよう!寝つきをよくする食べ物、バナナ・アーモンド

不眠・睡眠障害

寝る前にちょっと食べよう!寝つきをよくする食べ物、バナナ・アーモンド

寝つきの良さはそのまま睡眠の質にも直結する、睡眠において非常に大事な要素です。寝つきが悪いと、寝つきが悪いことがストレスになって、より一層眠れなくなるということがあります。

 

そうした悪循環になる前に、できる限りの方法を考えて寝つきをよくしたいですね。

 

寝つきをよくする食べ物を食べよう!

寝る前2時間以内くらいにちょこっと食べると、寝つきがスムーズになる食べ物があります。

 

バナナ

バナナは栄養価が高く、朝バナナダイエットのイメージも手伝って朝に食べるものの印象がある人もいるかもしれませんが、就寝前に食べることで寝つきをよくしてくれるばかりか、快眠を促してくれる効果を期待できます。

 

特にバナナは良い睡眠をとる為の成分が豊富です。バナナには以下のような栄養が含まれています。

 

・マグネシウム

バナナに含まれるマグネシウムは、筋肉の緊張をほぐす働きがあります。寝つきの悪さの原因のひとつに体の緊張がとれていないことがあるので、そういった場合に有効に働きます。

 

カリウム

カリウムもマグネシウム同様筋肉の緊張をほぐしてくれる効果を期待できます。 

 

・トリプトファン

トリプトファンとはアミノ酸の一種で、神経を鎮める脳内ホルモンを合成するのに不可欠です。

 

アーモンド

アーモンドも栄養価の高い食品で、就寝前にちょこっと食べるのにはちょうど良いでしょう。アーモンドには以下のような栄養が含まれています。

 

・マグネシウム

バナナと同様、筋肉の緊張をほぐす働きをしてくれます。

 

・血糖値の安定

栄養素ではないですが、アーモンドは睡眠中の血糖値を安定させてくれる効果を期待できますので、睡眠自体の質が上がります。

 

どちらも睡眠前に軽く口にするのに適していますので、寝つきの悪さを改善したい場合は試してみるとよいでしょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物・飲み物に関する記事

睡眠を妨げる『食習慣』がある!要注意な夜の食事時間とその食事内容!

  睡眠を妨げる習慣と言えば、寝る前のスマホなどが挙げられますが、実は食習慣に...

睡眠の質を上げるのに飲酒はOK?NG?

  眠る前の一杯で気持ちよく眠れるという方もいれば眠る前のアルコールは控えてい...


豆乳ジュースで眠れる体づくり

豆乳には100gあたりトリプトファン:50mgグリシン:160mgが、含まれてい...

安眠・ゆりねのスープ

ユリ根は中国や日本で、古くから滋養強壮、利尿、咳どめ、のほか、 精神を安定...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る