カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. その他 >
  6. サーキュイン遺伝子の活用で、カロリー制限をラクに乗り切る

生活習慣病

サーキュイン遺伝子の活用で、カロリー制限をラクに乗り切る

 

糖尿病予防・治療につきものなのが厳しいカロリー制限。

これだけでユーウツな気分になるものですが、

カロリー制限で若返る=老化をストップさせる、

と考えれば、ガゼンやる気が沸いてきませんか?


そのカギを握るのが、

最近話題の「サーキュイン遺伝子」です。

 


サーキュイン遺伝子「老化防止遺伝子」「長寿遺伝子」とも呼ばれ、

誰もが持っている遺伝子の一つ。

いつもは眠っている遺伝子ですが、

このサーキュイン遺伝子のスイッチをオンにすることで、

細胞を若く健康に保つ細胞内の構造物「ミトコンドリア」を増加させ、

老化の促進を防ぐことができるといわれています。


では、どうしたらサーキュイン遺伝子のスイッチをオンにすることが

できるのでしょうか?その方法はとても簡単。

毎日の食事を「腹八分目」に抑えることです。


そもそも人間の長い歴史のなかでもっとも怖いもの、

それが飢餓でした。



現代のように、毎日好きなものを食べたいだけ食べられる時代は、

ここ最近のことなのです。



人の体の中には本来、飢餓状態に対する対策が備わっていて、

「飢餓対策遺伝子」とも呼ばれているのが、

サーキュイン遺伝子なのです。



そこで、意識して食事を腹八分目に抑え、

あえて飢餓状態にもっていくことでサーキュイン遺伝子を働かせ、

老化を防ぐというわけです。



昔から「体にいい」とされてきた腹八分目。

糖尿病の予防・治療だけでなく、

アンチエイジングにも効果があることが

科学的に証明されたのですから、ぜひとも心がけたいものです。

ただし、このサーキュイン遺伝子、

少なくとも7週間は続けないと働かないとも言われていますので、

根気よく続ける、つまり習慣づけることが肝心なのですね。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/02/02-375920.php)

著者: レイさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

血糖値の高い方におすすめのサプリってどんな成分が入ってるの?

  糖尿病予防のための一つの方法にサプリメントを挙げる方もいます。基本は食事と...

正常値でもまだ足りない!糖尿病患者さんがめざすべき、コレステロール値の目標

  脳卒中や心臓発作などは突然死のイメージを伴って、非常に怖いと感じる人も多い...


8つのポイントをさっそくチェック!子どもを肥満にすると糖尿病の可能性が…

  子どもの糖尿病というと1型糖尿病を想像したものですが、近年は子どもの2型糖...

糖尿病性足病変を見抜く!フットケアの重要性

糖尿病にはいくつかの合併症があり、その中でも恐ろしいと言われるのが糖尿病性足...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る