カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. LDLコレステロールが高め!?飲酒習慣はどうするべき?禁酒のコツとは?

健康診断・健康管理

LDLコレステロールが高め!?飲酒習慣はどうするべき?禁酒のコツとは?

LDLコレステロールが高めと診断されたら、やはり飲酒はきっぱりやめるべきなのでしょうか?

飲酒にはコレステロールが大きく関わっています。k飲酒とコレステロールの関係性についてお話をします。

 

コレステロールと飲酒

適度な量の飲酒は寿命を延ばすと昔よく言われたものです。実はそれにはちゃんとした根拠があるんです。

私たちの体で大事な役目をもっているHDLコレステロール(善玉コレステロール)は、適度な量の飲酒で増加することが分かっています。

目安としては、お酒で1合、ビールで大瓶1本、ウィスキーでダブル1杯の量です。

HDLコレステロールは、血管内にへばりついたLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を肝臓まで運ぶ働きをもっています。

つまりLDLコレステロールが高めの人には必要不可欠なコレステロールなのです。

あくまでも適度な飲酒であることを忘れないでください。

 

LDLコレステロールが高めな人へオススメする飲酒習慣

・お酒は適度な量にしましょう

全くの禁酒をする必要はありませんが、適度な量を守りましょう。

守れない場合は、最低限のお酒の量だけ購入するなどの工夫をしましょう。

 

・LDLコレステロールの高い食品を摂ることを控えましょう

おつまみなどで食べる食事には、動物性の食品が多くあります。

なるべくコレステロールの低い、野菜類や赤身の魚、青魚などに変えましょう。

 

・普段の食生活を気をつけましょう

普段からコレステロールの高い食品は控える・コレステロールを下げるための食事を摂りましょう。

コレステロールの高い食品は主に、卵(魚の卵も含む)や牛レバーやイカなどに多いです。

コレステロールを下げるための食事に切り替えましょう。

コレステロールを下げる食品・・・野菜類の水溶性食物繊維、貝などのタウリン、青魚のDHAやEPA

 

・中性脂肪が高い人は要注意

中性脂肪が高い人は飲酒習慣をなるべく抑えなければなりません。

HDLコレステロールは多ければ多いほど良いというわけではありません!

HDLコレステロールはLDLコレステロールを排出する役目があります。しかし、HDLコレステロールが多ければ多いほど良いというわけではありません。

長期大量飲酒を続けると、高HDLコレステロール血症といって心疾患を合併することもあります。

普段からコレステロールが高いことを意識し、生活をすることが大事です。

飲酒習慣は、常習飲酒をしないこと・大量飲酒をしないことを念頭に置きましょう。

 

禁酒ができない人へ 禁酒しない理由を作ってませんか?

禁酒をできない人の中にはいくつかの共通点があります。そのうちの一つに『禁酒出来ない理由を作る』ということがあります。

 

禁酒をするためには出来る行動の一つとして、飲酒以外の趣味やストレス解消法を見つける、ということがあります。また飲み会には参加しないという手段もあるでしょう。

 

しかし、禁酒出来ない人はこれらの手段に対して『出来ない理由』をすぐに作ってしまいます。

 

ストレス解消法を見つけれない理由

まず、なぜ飲酒以外のストレス解消法を見つけれないのでしょうか?答えはとても簡単です。面倒くさいからです。

 

飲酒は飲むだけで酩酊状態になれて、深く考えないで済みます。逆に、新たな趣味やストレス解消を見つけようと思うと、自分と向き合わないといけません。

 

また趣味の場合、最初は上手に出来ないので根気が必要です。「飲みに誘われたから明日から始めよう」「特売で買ってしまったお酒を飲みきってから取り掛かろう」などと出来ない理由を作っては先延ばしにします。

 

例えばスポーツを始めるにしても、いきなりオリンピック選手のようなプレイを目指す人はすぐに止めてしまいます。そこまで上手になるには多大な努力と時間が必要になるので、現実の自分とのギャップに嫌になってしまうからです。

 

続く人と言うのは『毎日10分だけ素振りをしよう』や『一つ手前の駅で降りて歩いて体力をつけよう』といった簡単なことから始めます。それで続けることが出来たら、少しずつ難しい段階へステップアップしていきます。

 

禁酒目標

同様に、これからは一生禁酒をしよう!と思ってもなかなか成功はしません。それよりも今日一日は飲酒しないでおこう、というのを毎日続ける方が以外と長続きするものです。

 

飲み会に参加したくなる理由

次に、飲み会に参加しない、という目標が破られてしまう理由は何でしょうか?その答えは精神的に苦しいからです。

 

人間は何かをしないといった禁欲的な行動は苦しいので続きません。そこで、「○○をしない」を「○○する」といったポジティブな行動に変えることによって続けることが出来ます。

 

例えば、『飲み会の代わりにお茶会をしてみよう』といった行動なら続けることが出来ます。「このお茶にはどんな和菓子が合うのだろうか」「美味しいお茶を出してくれる店はどこにあるのかな」といったアイデアを出したり工夫をするのは楽しい気分になります。楽しいから継続することができます。

 

ずっと禁酒をしなくてはいけないと考えてしまうと、ネガティブな気分になってしまい継続することができません。

 

それよりも、飲酒をせずにいかに楽しく過ごせるかを考えます。お酒よりも食事に合う飲み物はないのか、飲酒せずに楽しい会合を開くにはどんな工夫が必要か、といった前向きな行動の方が継続することができ、結果的には禁酒に成功することが出来ます。

 

深く考えない人は禁酒出来ない!?

お酒の飲み過ぎが身体に良くないことは誰でも知っています。

そのまま飲み続けると健康に害を及ぼすと分かっていても、それでも禁酒出来ない人達というのがいます。

その人たちは何故、禁酒が出来ないのでしょうか?

 

禁酒の壁

禁酒をしようと思っても必ず壁に当たります。禁酒に成功した人の中にも一度や二度ではなく、何度も失敗してやっと禁酒が出来たという人も多いでしょう。

 

肉体的な禁断症状、精神的な禁断症状、ストレスや不安、周囲からの誘惑、と禁酒に至るまでは様々な困難がつきまといます。

 

失敗の理由を考える

例えば、2か月間で禁酒に失敗してしまったとしましょう。

その2カ月は果たして無駄だったのでしょうか?

 

無駄にするかどうかはその後の貴方次第です。

なぜ失敗してしまったのか、なぜ2カ月の間は禁酒できたのか、ということを深く考えなければ無駄になってしまいます。

 

結果を検証する

禁酒を成功させるためには深く考えなければいけません。

『あの時、無性にお酒が欲しくなったけど何故だろう?』『今日は一度もお酒の事が思い浮かばなかった』などと禁酒に向けての生活で考えた事を文章化したり検証することが大事です。

 

お酒に代わるストレス解消法はないのか、ビールではなくコーラではダメだったのか、と検証します。

 

そうすることによって自身の中でのお酒の存在がどの様なものか分かって禁酒に繋がっていくのです。

 

まとめ

深く考えない人は毎日をなんとなく過ごすだけで何も学びとっていません。

まずは、考えた事を文章にまとめてみましょう。それだけでも徐々に考えが深まっていくのが分かるでしょう。

それが禁酒成功への第一歩です!

 

禁酒のコツ 断酒は一人でなくみんなで達成しよう~断酒会~

いろいろな原因で断酒をしようと決心するものの、意志が強くない限りなかなか達成するのが難しいのではないでしょうか。そんな人には、断酒会のようなグループに入って断酒を達成することが重要です。

 

断酒会とは

断酒会とは定期的に開催されている会で、お酒を断ちたい人とその家族などの関係者が集まり、断酒を目指していくという組織です。会の規模には大小があるものの、10名から多い場合は30-50名以上の人が集まりおおよそ2時間のスケジュールで行います。

 

断酒会の内容について

断酒会の内容としては、自分自身が起こした酒害、また家族などの酒害による被害についての体験談をそれぞれ話します。

こうした体験談を話すことによって、家族も自己洞察を強めていき本人の回復につながっていくのです。

 

断酒会に参加するメリット

特に家族の体験談を本人が聞くことで、泥酔によって記憶から抜けてしまっていた飲酒時代の真実を思い出すことができます。

そして、自分自身の体験談については自分がしたことの事実やそのときの心情・気持ちを正直に語ることが求められます。なぜなら、事実・心情を真摯に語ることで反省が生まれるとされるからです。

 

一人で断酒をする場合は、なかなか他人からの理解や協力を得にくい場合があります。

そして、アルコールに対する飲みたいという気持ちを抑えられない場合があることを、なかなか打ち明けられない場合もあり、こういうときに断酒会に参加することでこういったアルコールに依存してしまう人の気持ちを理解し認められ、そのことで断酒を続けていくことができます。

 

断酒会では、断酒をしたいと願う人が気持ちを吐露し、断酒に向けて自覚し、一体感・仲間を得て断酒を継続する原動力となっていく場なのです。

地域やネット上でも様々な断酒会があるので、興味があれば参加してみてはいかがでしょうか。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2012/02/06-357343.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康診断・健康管理に関する記事

健康管理の基礎知識~迷走神経反射」ってなんだ?疲労回復のテクニックほか~

失神などで意識を失ったことはありますか? 健康な人でも前触れなく、突然意識...

食事から低体温を改善する!積極的にとりたい食材は?体温が原因となる病気がある!?

体温が低くなると、免疫機能や酵素の働きも弱まってしまいます。これによりさまざ...


ジェネリック医薬品ってどうなの?そもそもどんな薬のこと?

  2008年に日本調剤薬局に提出された処方箋を調べたところ、その4割にジェネ...

いざという時に困らないために~救急の知識いろいろ AEDの使用、窒息、傷の対処など~

AEDを使ったことはありますか?一般の人でも行える電気ショックの救命機器で、...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る