カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 助成金・給付金 >
  5. 出産費用の負担を軽減する方法、出産育児一時金制度を知っていますか?

妊娠・出産

出産費用の負担を軽減する方法、出産育児一時金制度を知っていますか?

出産までには様々な形でお金がかかりますよね。妊娠・出産のかかる費用は健康保険が適用されません。なぜなら妊娠・出産は病気の治療ではないからです。

こうした自己負担の妊娠・出産費用の負担を軽減することができるのが、出産育児一時金制度なのです。

 では、出産育児一時金制度とはどのような制度なのでしょうか?

 

出産育児一時金制度はここ数年で制度変更が何度かあり、一人の赤ちゃん当たりに支払われる金額は徐々に増え、現在は合計42万円が支給されます。なお、胎児がまだ22週に達していない場合など産科医療補償制度の対象外である場合は39万円となります。なお、双子や三つ子のように多胎のような場合はこの金額に赤ちゃんの人数を掛け合わせたものが支給されることとなります。

 

受給対象者

受給対象者は、健康保険の被保険者・被扶養者であることです。妊娠の状態に関しては、妊娠してから4ヶ月以上経ってから出産していることが条件となります。そのため、出産時の赤ちゃんの状態に関しては生きて出産する生産・早産はもちろんのこと、死産の場合も支給の対象となります。

 

支給方法について-直接支払制度

出産育児一時金の支給方法には二通りありますが、ここでは直接支払制度を見ていきましょう。この方法は出産育児一時金の請求・受け取りといった事務を妊婦の代わりに産婦人科など医療機関が行うという方法です。直接一時金が病院に支払われるので、退院する際に請求される金額から一時金を差し引いた分のみ支払えば良いことになっています。

もし、一時金のほうが請求額より大きい場合には、差額分がお母さんに支払われることとなります。

 

最後に

手続きとして直接支払制度は便利ですが、医療機関が手続きを進めるため手数料を徴収する場合があり、数万円かかる場合もあるのできちんと病院側と話して確認しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/26-348605.php?category=51)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

助成金・給付金に関する記事

月給の50%が受給できる『育児休業給付金』の申請方法とは?

現在、出産経験のある女性労働者の約8割が、育児休暇を取得しているとい言われて...

知らないと損をするかも!?「育児休業終了時報酬月額変更届」の申請

育休中、社会保険料の支払いは免除されます。2014年4月からは、産休中の社会...

助成金・給付金の体験談

妊娠・出産での途中退職は確定申告必須です![スムーズに進めるには]

産休・育休制度がない職場で働いていると、妊娠が発覚して辞めざるを得ないケースが多いと思います。 ...

出産費用は思ったよりも安かった

予定日超過、陣痛促進剤、無痛分娩、吸引分娩でしたが、思ったよりも安かったです。出産費用について妊娠の...

カラダノートひろば

助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る