カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 色々なタイプの「血管腫」…原因はなんなのでしょうか?

ガン・悪性腫瘍

色々なタイプの「血管腫」…原因はなんなのでしょうか?

 

「血管腫」と呼ばれる病気には「肺」の他いくつか種類があるようです

しかし医学用語で説明されても中々理解できない・・・というのが本音ではないでしょうか?また、どうして「血管腫」になるのでしょうか?

 

『血管腫』の原因ってなに?

「血管腫」という病名は普段の生活の中では中々耳にする機会がない病気かと思います。実際、「血管腫」には複数のタイプがあり発症原因も様々といわれています。そして現段階では、はっきりとした発症原因がわかっていないといわれています。

また過去は「血管腫」と呼ばれていた病気が、最近では「血管奇形」と呼ばれているケースもあり医師によってその診断結果は変わることもあるようです。

 

『血管腫』ってどういう病気?

血管を顕微鏡で見たときに、血管に似ている異常な形の細胞が増殖していることが観察された場合で、その細胞が良性だった場合の病気をまとめて『血管腫』と呼んでいます。そのため『血管腫』と「血管奇形」の診断がまちまちになりやすいともいえるでしょう。

また『血管腫』と診断された場合でも、その症状にもいくつか種類があります。発症種類や内容によって治療方法も異なる場合がありますので、専門医の中でもその分野に特化した医師の診察を受けることがお勧めされます。

すぐに命に関わる病気ではないようですが、中々治らないからといって担当医をころころ変えることも得策ではないようです。

 

発症原因は今も研究中

『血管腫』「血管奇形」など同じ症状で違う病名が付いてしまう可能性がある『血管腫』。

この病気の原因は今も研究されていて、これまでもいくつかの学説が発表されています。

血管に良性だが余計な物が付いている。という状態は変わりませんが、良性の「腫瘍」というよりは、正常の組織が何等かの理由で「異常増殖」したと考えられることが多いようです。

 

奇形や異常増殖と聞くと少し怖いような気がしますが、治療方法はあります。

まずはしっかりと自分の症状を把握することから始めましょう。

 

(Photo by[//www.photo-ac.com/main/detail/39163?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

肺がんと喫煙の因果関係を再確認

  肺がんと喫煙の関係は非常に深いとされており、その因果関係があるからこそ禁煙...

胸や肩にも痛みが出現?!痛みが続けば肺がんの疑いが!

      肺がんは、男性におけるがんの罹患率第2位で、増加傾向にあります...


肺がんのサインは肩痛や胸痛にある?!初期の自覚症状を発見しよう!

       肺がんと言えば、日本では発症率がとても高く、喫煙率の高い40...

「肺血管腫」どういう病気なの?なぜ、どうして発症するの?

  「肺血管腫」聞き慣れない病名ですよね。なぜ?どういった人が発症するのでしょ...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る