カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 肺血管腫と診断されたけど、どういった病気なの?

ガン・悪性腫瘍

肺血管腫と診断されたけど、どういった病気なの?

肺血管腫は良性の細胞が人と違う形で繁殖してしまった状態を指すようです。どうしてそういった状態が起こるのでしょうか。

 

肺血管腫の原因はまだ研究中

「肺血管腫」に始まる血管腫の原因はまだ研究中といわれています。はっきりとした原因はわかっていない状態ですが、その状態と診断方法、治療については進んでいます。

そのため、どういった人が何のきっかけで発症するかということよりは、自分がどういった「肺血管腫」を発症していて、どういった治療が適切かということをしっかり理解する必要があるようです。

 

「血管腫」には種類がある

「血管腫」と診断された場合でも、医師によっては「血管奇形」となることもあるようです

通常の血管が血管内皮と血管壁によって管状に構成されるのに対して、「血管腫」は本来真っ直ぐであるはずの部分がとぐろ状になっていたり、必要異常に増えていたりする状態を指します。

その必要以上に増えてしまった部分を、良性の腫瘍と捉えるか血管の奇形と捉えるかで診断結果に差が出るようです。そのため、過去は「血管腫」とよばれていた症状を「血管奇形」と診断されることが出てきたようです。

そしてその血管の発症状態によって、『肺血管腫』を始めとする様々な病名があるため「血管腫」には種類があるといわれるのです。

 

『肺血管腫』は治る病気です

『肺血管腫』と診断されると、その耳慣れない病名から不安になることも少なくないかもしれません。

けれど『肺血管腫』は治療ができる病気ですので、あまり悲観的にならず自分に合った治療方法を見つけ続けることが大切です。

 

『肺血管腫』をきちんと直すためには、まず自分の症状を客観的に理解することが大切といわれています。

医師によって診断結果が違う可能性もありますので、診断を受ける際はその分野に明るい医師を選ぶ必要もありそうです。

しかし、中々改善されないからと医師をころころ変えることは得策ではないといわれます。

 

まずは、どういった病気かをしっかり理解するといった所から始めてみましょう。

 

(Photo by[//www.photo-ac.com/main/detail/39748?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

「肺血管腫」どういう病気なの?なぜ、どうして発症するの?

  「肺血管腫」聞き慣れない病名ですよね。なぜ?どういった人が発症するのでしょ...

胸や肩にも痛みが出現?!痛みが続けば肺がんの疑いが!

      肺がんは、男性におけるがんの罹患率第2位で、増加傾向にあります...


喫煙の影響は副流煙だけじゃない?!側にいなくても影響がある!サードハンドスモークの恐怖

    40歳後半以降の男性に多い肺がんですが、もちろん女性にも罹患する人は...

肺がんと喫煙の因果関係を再確認

  肺がんと喫煙の関係は非常に深いとされており、その因果関係があるからこそ禁煙...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る