カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 症状 >
  5. 『肺血管腫』は肺の腫瘍病例としては珍しい病気なんです!

ガン・悪性腫瘍

『肺血管腫』は肺の腫瘍病例としては珍しい病気なんです!

肺に影があると診断された・・・肺ガン?!慌てないで、それは『肺血管腫』かもしれません。

 

肺に出来る影と腫瘍

健康診断などで肺に影がある、と診断されたら、様々な病気を想像してしまいとても不安な気持ちになるのではないでしょうか。しかも、それまで呼吸が苦しくなる、胸が痛むなどの自覚症状がなかった場合、いったい何の病気かと思う人もいるかもしれません。

 

肺に影が出る病気は様々ありますが、自覚症状が全くない病気の一つとして『肺血管腫』があげられます。

 

『肺血管腫』は良性の腫瘍

もし『肺血管腫』と診断された場合、肺に影があっても心配することはないようです。なぜならこの病気は肺の血管にできる良性の腫瘍とだからです。良性腫瘍は大きさにもよりますが、放っておいても大丈夫とされる腫瘍です。

 

また、肺にできる腫瘍としては比較的稀とされていて摘出の必要もない場合が多いため、肺腫瘍手術実例の中では8%程度のようです。

 

稀といわれる自覚症状

『肺血管腫』は、基本自覚症状のない病気ですが、中には症状が出る場合もあります。症状が出る可能性は発症部位によります。

 

「血管腫」自体、血管の末端に発症することが多い病気ですが、『肺血管腫』も末梢肺にできることが多く、その場合はほとんどが無症状とされます。しかし中枢の気管支に発生した場合、悪性でなくても何かしらの症状が出る場合があります。

 

代表的な例としては、咳や血が混じった痰が出る、喘息のように呼吸時に音がするなどがあります。このような自覚症状が出た場合は、手術での摘出が必要な場合もあるようですので、医師の診断を必ず受けましょう。

 

『肺血管腫』は発見された場合でも経過観察になる可能性が高い病気です。また悪性に変わったり、多臓器に転移する可能性もほとんどない病気とされます。

 

しかし、顕著な症状を感じたときには、早目に専門医の診察を受けることをお勧めします。  

(Photo by[//www.photo-ac.com/])

著者: niceさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

肺がんに初期症状は殆どない?末期の症状と転移した場合の症状について

肺がんはごく初期のうちはほとんど症状が出ません。ある程度進行してくると咳や血...

肺がん症状中期から末期まで

肺がんは初期に発見して早期診断・早期治療をするのが、その後の回復や死亡率の低減...


「肺血管腫」はどうやったら分かる?

  「血管腫」「腫瘍」と聞くと少し怖いイメージがありますが、良性であれば恐れる...

咳や血痰・・・肺がんが進行するにしたがって見られる症状

日本で最も発生率の高いがんの一つが肺がんです。肺がんは中年以上で発症すること...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る