カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. ビタミンBの不足による貧血とは?胃の切除が原因?

気になる病気・症状

ビタミンBの不足による貧血とは?胃の切除が原因?

貧血と言うと鉄分不足を思い浮かべますが、ビタミンB12の不足が原因で起きる貧血があるのです。
その原因の一つとして挙げられるのは、手術で胃を切除したということです。

 

なぜ胃の切除でビタミンB12が不足する?


胃を切除するとビタミンB12の吸収を助ける物質が不足します。
そしてビタミンB12の欠乏が起こってしまい、貧血になるのです。

そもそもビタミンB12は肝臓に蓄えられています。私たちの体に必要なビタミンB12の量は1μgです。
胃を切除してしまうと、肝臓に蓄えられたビタミンB12がなくなってしまうと言われています。
すぐになくなるわけではありませんが、早くても5年ほどで蓄えがなくなってしまうと言われています。
ビタミンB12が多く含まれる貝類などを積極的にとる必要があり、それと同時に定期的な血液検査を行いましょう。

 

葉酸の不足もしないように要注意


ビタミンB12も必要ですが、葉酸も貧血防止には必要な栄養素です。
葉酸も体内で作り出すことができないので、食品から摂取します。
ビタミンB12と同じく肝臓に蓄えることができますが、やはり一日の必要量が多いため、蓄えられた葉酸が不足することも考えられます。
葉酸は、主に緑黄色野菜に多く含まれています。野菜を摂っていればほとんどの場合不足することはありません。
しかし、妊娠中などに葉酸の需要が増大すると不足しやすくなります。

 

貧血を起こしやすい人は定期的な検査を・・・


貧血を起こしやすい体質、胃の切除によって貧血になりやすい人は定期的な検査が必要です。
貧血は、人によって症状の感じ方が違い、大変重度の貧血であっても我慢して過ごしてしまう人もいます。
少しでもおかしいな?と感じたら、まずは病院へいくこと、そして体調が悪くなったときのために薬を持ち歩いておくことも必要です。

ただ鉄分をとっていれば貧血にならないというわけではないのです。
どうして貧血になっているのかを病院で調べ、そんなときはどうすればいいのかアドバイスをもらいましょう。
食事にも気をつけることが必要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/03/03-034223.php)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

先天性溶血性貧血の「遺伝性球状赤血球症」の治療とは

  遺伝性球状赤血球症は、通常円盤型である赤血球の形状が丸くなってしまい、...

慢性貧血の眠気~メカニズムと対処法~

  貧血は赤血球の数が少なくなってしまうことによって、体の至る所に酸素が十分に...


夏の疲れが溜まって貧血症状が出る!?症状が出たらしっかりと鉄分を補って!

夏は、暑さからめまいが起きて貧血を起こすことがあるのを知っていますか? 確...

溶血性貧血の原因の一つ「遺伝性球状赤血球症」の症状とは

  遺伝性球状赤血球症は、生まれつき赤血球の形が球状であるため症状がおきる...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る