カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳管開放症に使う漢方薬・漢方治療とは?耳管開放症状の“意外な原因”?どんな治療法があるの?

気になる病気・症状

耳管開放症に使う漢方薬・漢方治療とは?耳管開放症状の“意外な原因”?どんな治療法があるの?

耳管開放症に使用される漢方薬に加味帰脾湯(カミキヒトウ)という物があります。この漢方薬は、一体どんな薬なのでしょうか?

  

◆加味帰脾湯(カミキヒトウ)とは?

この漢方薬は抗うつ剤としても使用されるため、イライラを鎮めたり、精神の安定、不安感や緊張感をほぐす効果があるとされています。また貧血気味の方にも効果が期待できます。

 

◆配合生薬の種類

・黄耆(おうぎ)

・当帰(とうき)

・人参(にんじん)

・茯苓(ぶくりょう)

・蒼朮(そうじゅつ)

・酸棗仁(さんそうにん)

・甘草(かんぞう)

・生姜(しょうきょう)

・木香(もっこう)

・遠志(おんじ)

・大棗(たいそう)

・紫胡(さいこ)

・牡丹皮(ぼたんび)

・山梔子(さんしし)

 

◆なぜ耳管開放症に加味帰脾湯(カミキヒトウ)を使う?

精神的な部分や貧血に効果があるとされている加味帰脾湯(カミキヒトウ)を、なぜ耳管開放症に使用するのか?と疑問になりますが、この漢方によって耳管の周辺にある血流の流れを増加させ、耳管が開いてる状態を緩和させるという目的から、この漢方薬を処方します。

 

◆効き目は?

効き目は個人差があります。かなり効果があるという意見もあれば、長く使っても効果が見られないという意見もあります。症状の回復が見られない場合には別の治療法を試す必要があります。

 

◆副作用は?

重い副作用はないとされていますが、胃のむかつき・食欲低下・浮腫み・血圧上昇・気だるさ・力が入らないなどの副作用が稀に起こってしまうことがあります。殆どの場合、数時間~数日で改善されますが、長期にわたり改善されなかったり、強い痛み・吐き気など感じた場合には医師に伝えましょう。

 

 

病院によっては漢方薬を処方していない病院もあります。医師に相談をして、処方してもらうか、取り扱っていないのであれば、近くの漢方を扱っているお店に相談をしてみるのも良いでしょう。

 

 

ストレスによる耳管開放症は漢方で治療する!?

耳管開放症とは?

 

耳の奥にある耳管は閉じたり開いたりすることで、圧を調整します。

それが耳の奥にある耳管は閉じたり開いたりすることで、圧を調整します。

それが耳管開放症になると開きっぱなしになります。

よって、鼓膜の張りが弱まってたるみます。このたるみが、耳管開放症の症状詰まった感じになるのです。

 

耳が詰まった感じがする、自分の声が大きく響く、めまいなどが主な症状です。

原因は、疲労やストレス、ダイエット、中耳炎、咽頭炎などです。

 

漢方の効果がある、ストレス性耳管開放症

ストレスによって耳管付近が緊張し、痙攣することで起こると言われています。

しかし、自分でストレスを抱え込んでいると実感する方は、半数にも満たないと言われています。

ということは、知らず知らずのうちにストレスを抱え込み、耳管開放症を発症しているかもしれないのです。

 

疲労や急激なダイエット、中耳炎、咽頭炎など、原因が見当たらない時は『ストレス』ではないか?と思ってもいいということです。

ストレスや疲労の場合、この耳管開放症の症状によって更なるストレスや、苦痛となることがあります。少しでも症状を緩和した方がよいのです。

 

耳管開放症は漢方で治療できる!?

 

加味帰脾湯(かみきようとう)

この漢方薬は、精神安定作用があります。

ストレスによる耳管開放症の場合は、精神安定を図ることで緩和又は改善されます。

ただし、原因が他のものである場合は改善がみられません。

専門医に相談することをおすすめします。

 

 

漢方って本当に効果があるの?耳管開放症の漢方治療とは?

辛い耳管開放症に悩んでいる方の中には、治療法の一つとして漢方を処方・購入される方がいます。「良薬口に苦し」とも言われ、漢方は苦いイメージが強いのですが、実際に、“良薬”という程、効果が期待できるのでしょうか?

 

◆即効性は期待出来ない

漢方は飲み続けることで力を発揮する薬とされています。飲んだからといってその日や翌日に症状が良くなっているというわけではなく、中には半年飲み続けてもまだ効果が出ないと言う方もいます。

 

◆効果は?

効果は人それぞれですが、耳の治療としての効果を感じる方と、感じない方と半々ほどです。漢方の効果が感じられないとおもう場合には、違う治療に移行することも方法1つです。

 

◆効果が感じられないと思った場合には?

漢方を飲み続けても、実際に効果が出ているのかどうなのか解らないという方も沢山います。中には、「漢方の効果が感じられないので見切りをつけたい」という方もいますが、漢方の効果というものは、効いていても自覚がないケースが多いです。

 

見切りをつけ服用をやめた途端に不調を訴える場合もあります。この場合には効果があったにも関わらず、止めてしまったという考え方が出来ます。

 

効果の有無が感じられない場合には、ひとまず、処方された分の漢方はきちんと飲みきることです。

 

処方された漢方全てを飲みきった後の体調の変化や、体の様子によって医師との相談の上、その後、漢方での治療を続けるのか、西洋薬に変更するのか判断することがポイントです。

 

◆漢方の効果を発揮させるためには?

漢方にも相性の合う食事というものがあります。また漢方薬を飲むための水の性質(軟水・硬水)や、毎日欠かさず継続することが漢方の効果を発揮させるために必要なことです。

 

食事や水の相性は、まず医師や薬剤師さんに漢方の性質を聞くと良いでしょう。

 

 

漢方は体に害になるものではないので、ゆっくり気長に付き合う必要があります。あまりに症状がひどく、すぐに対処をしたい場合には漢方ではない別の方法を試してみると良いでしょう。

 

 

 

耳管開放症が引き起こす様々な症状とは?

耳管開放症が原因で、別の様々な症状を引き起こしてしまう事があります。一体、どんな症状を引き起こしてしまうのでしょうか?

 

◆自声強聴

自分が発した声が、通常よりも大きく聞こえてしまう症状です。このため、声の音量の調整が困難になってしまいます。

 

声だけでなく呼吸音なども聞こえてしまうためかなりストレスに感じてしまいます。

 

◆眩暈や頭痛、吐き気

耳管開放症が引き起こす症状として多いものに、眩暈、頭痛、吐き気も挙げられます。耳から受ける音の刺激により精神的にも負荷がかかり、強いストレスを感じます。

 

◆滲出性中耳炎の発症

中耳に滲出液が溜まってしまうことによっておこる症状です。放置をすると鼓膜がへこんでしまったり、真珠腫性中耳炎などの危険な病気と合併してしまう可能性があります。

 

子どもの場合には慢性化してしまっている場合がありますので、長期の治療が必要です。

 

◆音が聞き取りずらくなる

自分の声に関しては大きく聞こえてしまうのですが、耳が塞がったような症状も起きてしまうため、周りの音や低い声などは聞き取りづらくなってしまいます。

 

◆食欲不振・うつ病

耳の違和感が原因で、食欲が低下してしまったり、逆に暴飲暴食をしてしまうなどの精神的な不安定さも引き起こしてしまいます。

 

症状の過酷さ故に心的な負担が強くなり、うつ病を発症してしまうことも少なくありません。

 

◆切迫早産・切迫流産

耳管開放症が直接的に子宮へ影響し、流産や早産を引き起こすわけではありませんが、耳管開放症が原因で眩暈や頭痛が発生し、転倒することによってお腹を強打してしまう可能性があります。

 

妊娠中には、最も注意が必要です。

 

症状を改善させるためには、様々な治療法があります。また自然に治るケースもあるので、様子を見ながら、治らないようであれば耳鼻科へ受診をしてください。

 

 

耳管開放症状の“意外な原因”とは?こんな意外なことがキッカケに…

耳管開放症はストレスや鼻すすり、無理なダイエットによって発症することがある症状ですが、実はこんな意外なことがキッカケになることもあります。

 

◆妊娠がキッカケで…

ホルモンバランスの乱れから、耳管が開放状態になってしまう事があります。また、悪阻などで急激に体重が減少してしまった場合なども起こりうる可能性があります。

 

◆吹奏楽器がキッカケで…

吹奏楽器や歌を歌う時など、思いもよらない瞬間に耳管開放症を引き起こしてしまうケースがあります。時間の経過と共に改善される場合には気にしなくても大丈夫でしょう。

 

◆夏バデがキッカケで…

夏には、暑さから疲れやストレス、また食欲が低下することで、急激に体重が減ったり、栄養を十分に摂れない・水分が不足するなどの理由から耳管開放症を引き起こしてしまうケースもあります。

 

◆花粉症になったことがキッカケで…

今まで花粉症になったことが無かった人でも、急に花粉症になってしまうという事があります。花粉症になってしまうと、鼻水が止まらなくなり、花粉のシーズンが終えるまで、毎日鼻炎のような状態になってしまいます。

 

この時、花粉症と同時に発症してしまう症状が耳管開放症です。皆が皆発症するわけでなありませんが、少なくない例です。

 

◆運動をすることがキッカケで…

激しい運動を行うと、息切れをしてしまい耳管が開いてしまいます。激しい運動を控えることで、耳への負担をなくし、耳管開放症を引き起こさないようにすることも大切です。

 

◆コーヒーを飲むことがキッカケで…

耳管開放症を発症している方は、カフェインの摂りすぎに注意が必要になります。コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには神経に作用する効果があります。出来るだけ摂取しないように気をつけなければなりません。

 

耳管開放症には様々なキッカケがあります。鼻をかんだ瞬間に発症してしまう人もいれば、極度の緊張から耳管が痙攣を起し発症するなど、誰しもが起こりうるリスクを抱えています。

 

 

自分の声が大きく聞こえる!?耳管開放症で起きる耳塞感、自声強聴って?

耳管開放症は中耳と咽頭の間にある管である耳管が常に開いている病気です。

耳管は耳の中の空気圧を外と同じにしたり、耳の中の空気を入れ替えます。

 

●耳管開放症の原因はさまざま

耳管開放症という病気にはあまり馴染みがないという方も多いかもしれませんがかなり一般的な病気です。

耳管開放症の原因には自律神経異常、運動、中耳炎、体重減少、吹奏楽器演奏など幅広い原因があります。

詳しく、どのようなメカニズムで起こっているかはまだわかりませんが上記の要因との関連性があるようです。

 

●耳管開放症の耳塞感

耳管開放症でよく見られる症状に耳塞感があります。漢字の通りに耳を塞がれたような感じが特徴的です。

一般的に耳を塞ぐといわれると手で耳を塞いだ時のように音が漏れ聞こえる感じを想像しますが、耳管開放症の耳塞感では耳の中に耳栓を入れた時のような感じがあります。

 

●耳管開放症の自声強聴

耳管開放症の症状で耳がふさがる感じの他にもうひとつ覚えておきたいのが自声強聴という症状です。

自分の声が異常に大きく聞こえる症状で、人によっては声だけではなく自分の心臓の音まで大きく聞こえる場合もあります。

いずれにしても体の中の音、体から発せられる音が大きく聞こえるのが耳管開放症の特徴です。

 

耳管開放症は耳と咽頭をつなぐ耳管が常に空いている病気で、自分の声が大きく聞こえたり、耳の内側に耳栓がぴったりと張り付いているような耳塞感があったりします。

原因はひとつではなく、メカニズムは謎の部分が多いです。

 

 

どんな治療法があるの?耳管開放症の治療とは!

精神的にも身体的にも大きなストレスを感じてしまう耳管開放症。この症状には、どんな治療法があるのでしょうか?

  

◆鼓膜チューブ

鼓膜に小さな穴を開け、そこにチューブを通し、通気性をよくする治療法です。中耳炎の治療としても用いられる方法ですが、効果は個人差があります。

 

◆鼓膜テープ

鼓膜に薄いテープを貼り、鼓膜の開きをテープによって調整するという治療法です。テープを張る作業は少しの時間で行えますが、ピンセットなどを使用するため少しの痛みが伴います。

 

◆ルゴール噴霧

開いている耳管にルゴール液を噴霧し、一時的に腫れさせるという治療法です。効果は様々で、数時間~数日の効き目が期待できますが、持続性がないため、定期的に噴霧しなければなりません。

 

◆生理食塩水注入

専用の注射器のようなもので、鼻から耳へと食塩水を注入する方法です。食塩水は医師の診断後薬局で処方してもらえますが、自分で行う治療となります。個人差はありますが、あまり持続性の期待できる方法ではありません。

 

◆漢方

漢方薬の加味帰脾湯(カミキヒトウ)を使用する治療法です。漢方なので、即効性は期待できませんが、体の内からジワジワ効果を発揮していきます。効果が出るまでに時間がかかってしまうという難点があります。

 

◆心理療法

耳管開放症を起す要因の1つに心的なストレスが挙げられます。心の健康状態は手術では治せないものです。精神安定剤などの薬も処方されることがありますが、心理療法として、医師との対談を行うことで、生活で感じるストレスの軽減を図り、結果として耳管開放症の改善に繋がります。

  

治療法は様々ありますが、治療の方法によっては痛みを伴うものや、長い時間を費やすもの、継続するうちに症状が緩和されていくものと様々です。自分に合った治療法を見つけることが重要です。

(photo by: http://www.ashinari.com/2012/04/16-360891.php?category=12 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳に関する記事

耳管狭窄症の症状から治療まで!

  耳管狭窄症は耳と鼻の間を通る管の換気が悪くなった状態で、鼓膜が凹むために耳...

外耳炎を放置するとどうなるの?耳掃除のやり過ぎで内部に炎症!

  耳は外側から外耳・中耳・内耳となっています。最も外側にある外耳は実際に...


聴力検査で低音が聞きづらい!急性低音障害型難聴とは?再発を防ぐために大事な2つのこと

健康診断では2種類の聴力検査も行います。高い音、低い音が聞こえるかどうかを検...

自力はNG!痛みはわずか!耳垢栓塞の除去治療は医療機関で!

耳垢栓塞(みみあかせんそく)とは耳垢が固まって、耳の穴を栓のようにふさいでし...

カラダノートひろば

耳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る