カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. ED(勃起不全) >
  4. まさか普段飲んでいる薬が原因に?!ED(勃起不全)の思わぬ原因とは?

男性のカラダの悩み

まさか普段飲んでいる薬が原因に?!ED(勃起不全)の思わぬ原因とは?

 

普段、体のためにと飲んでいる薬が原因でED(勃起不全)を起してしまうという研究結果が出ていることを知っていますか?

新規ED患者の25%が薬剤性EDだという可能性があると報告されている研究もあり、十分、EDの要因と言われています。

 

薬剤性EDを引き起こす原因の“薬剤”とは?

薬剤性EDを引き起こすといわれている薬剤は大きくわけて8種類存在します。

 

・精神神経用剤 (抗うつ剤、催眠鎮静剤等)

・ホルモン剤 (エストロゲン製剤等)

・抗潰瘍薬 (スルピリド等)

・アレルギー用剤 (抗ヒスタミン等)

・消炎鎮痛剤 (非ステロイド系抗炎症剤等)

・降圧剤 (ベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬等)

・呼吸器用剤 (テオフィリン、ベータ刺激薬等)

・脂質異常症治療薬 (スタチン系、フィブラート系等)

 

精神的障害に効果のある薬は勃起や射精にも影響が。

抗うつ剤や精神安定剤などの、脳の神経に作用する薬というものは、脳だけでなく実は体にも大きな影響を与えてしまいます。

 

EDを改善させるために薬剤を止める事は危険!

薬剤性EDは、薬剤が原因だと考えられるので、もちろん薬剤の服用をやめてしまえば、EDの問題も解決すると思われますが、その薬剤は本来、処方されるべき症状があるからこそ服用しているものです。

 

中には命に関わる大きな病気への処方もあるかもしれませんし、薬剤の服用を中止することで起きてしまう危険な症状もあるかもしれません。

 

勝手な判断で服用を停止するのではなく、停止が可能かどうか、または薬剤と同時にEDに対する改善薬の服用が可能かどうかなど、医師としっかり相談する必要があります。

 

薬剤を停止させることが出来ない場合には、別の方法で脳をリラックスさせたり、アドレナリンを増やすなどの対処を考えるか、または、EDの原因ともなる薬剤の飲むタイミングを考え、パートナーと相談をするなどの対処が必要とされます。

 

服薬でEDに?薬剤性EDの原因になるのはどんな薬剤?

ED(勃起障害、勃起不全)の原因はいろいろありますが、服用している薬によっておこる「薬剤性要因」のEDもあります。薬剤性のEDについてまとめました。

 

服薬とEDの関係

男性器が正常に勃起するためには、ホルモンや神経、循環器系など体のさまざまな機能が関わっています。服薬によってどれか1つの要因に変調をきたすだけでも、EDにつながる可能性があります。日本人のEDのうち、薬剤性のものは全体の6%程度といわれています。アメリカでは全体の25%、4分の1を薬剤性EDが占めています。決して珍しい症状ではないと言えるでしょう。

 

薬剤性EDの原因になり得る薬剤

<中枢神経系薬剤>

解熱剤、消炎鎮痛剤、抗不安剤、抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬、抗けいれん薬など中枢神経系に作用する薬剤でEDになることがあります。市販の風邪薬など入手しやすい薬にも含まれているため、長期の服用には注意が必要です。

 

<末梢神経系薬剤>

筋弛緩剤、麻酔薬、抗コリン剤、鎮けい薬など末梢神経系にはたらきかける薬剤もEDの原因になりえます。勃起には性的な刺激を伝達したり、脳から指令を出したりと末梢神経系のはたらきが重要です。末梢神経系薬剤は性的な刺激、興奮の伝達を阻害する可能性があります。

 

ED(勃起不全)の6つの原因とは?!

突然ED(勃起不全)になってしまって、悩んでいる…最近どうも性欲がわかずパートナーとの関係がうまくいかないなど性生活に関する悩みを持つ人は案外多いようです。

ここではED(勃起不全)の原因を見ていきます。

 

ED(勃起不全)の原因①ストレス

20代から30代の若者にみられるED(勃起不全)の原因で多いのはストレスです。現実心因と深層心因の2種類に分かれています。

治療しやすいのは現実心因で、緊張過剰やあせり、パートナーとのトラブルや性的コンプレックスが原因です。

 

一方で深層心因は自分でも気づかないような乳幼児期の体験、トラウマなどが影響してED(勃起不全)になります。

 

ED(勃起不全)の原因②生活習慣病

血管障害が起きるとED(勃起不全)になりやすいということがわかっています。

例えば高血圧患者の6割程度はED(勃起不全)、高脂血症患者についても同じような結果が出ています。

これらの病気の治療を行いながら生活習慣を改善して器質性ED(勃起不全)も改善するのがよいです。

 

ED(勃起不全)の原因③加齢

若い人よりも年を取った人の方がED(勃起不全)の割合が高いです。

年齢を重ねるということはそれだけ体も衰えてくるということにつながるのです。

 

ED(勃起不全)の原因④手術・外傷

前立腺、膀胱の病気によって手術を行った時に陰茎海綿体の神経もしくは血管が傷ついてしまうこともあります。

なるべく勃起機能を残して手術するようにはしていますが病気の進行度によっては手術後しばらくED(勃起不全)になる場合もあるのです。

 

ED(勃起不全)の原因⑤脳の神経障害

生活習慣病のED(勃起不全)、手術のED(勃起不全)と同じように病気がもとでED(勃起不全)になるのが脳の神経障害が原因の場合です。

 

脳が性的刺激を受けてから脊髄神経や末梢神経を通して陰茎に情報を送ることが出来なければED(勃起不全)になります。

脳腫瘍や脳出血後にはED(勃起不全)になる方が多いです。

 

ED(勃起不全)の原因⑥薬剤

特定の薬剤を飲んでいるとED(勃起不全)が起きやすいことがわかっています。 末梢神経に作用する薬、精神安定剤、抗うつ薬、抗痙攣薬、利尿剤、血管拡張剤などが代表です。

 

ED(勃起不全)の原因はひとつではありません。加齢や生活習慣病、特定の病気などがあり、いくつかの要因が重なってED(勃起不全)になることもあります。

 

<消化器系薬剤>

消化性潰瘍治療薬、抗コリン薬、麻酔薬、鎮けい薬など消化器疾患の治療に用いられる薬剤でもEDのリスクが高まります。

 

<循環器系薬剤>

 不整脈治療薬、血管拡張剤、降圧剤、利尿剤、高脂血症用剤など循環器系のはたらきを調整する薬は、EDを引き起こすことがあります。さらに循環器系疾患の人は、ED治療薬のバイアグラが服用できないケースもあります。

 

ふだん何気なく飲んでいる薬でもEDは起こります。服薬を始めてからEDの症状が出た場合は、薬剤性EDを疑ってみましょう。服薬をやめればED症状が消えるケースがほとんどですが、持病によっては服薬をやめられないかもしれません。代替薬の使用も含め、医師に相談してください。

 

年齢別、ED(勃起不全)の原因を追究してみよう!!

男性には、他人には言えないけれど、打ち明けたいほどの苦しさを感じるED(勃起不全)という症状があります。EDはごく自然なことで、大きな病気や大変な症状というわけではありませんが、EDという事実を目の前にした時、男性は深く落ち込んでしまいます。

 

しかし、このEDには“原因”というものがあり、その原因・問題をクリアにすることで、改善される症状でもあります。どのような原因があるのか年齢別で見てみましょう。

 

20代に多いとされる原因とは?

近年、男性機能専門の病院で受診数が増えつつある20代のED患者ですが、20代の場合は、大半が“緊張”によるものだとされています。性行為の緊張から、勃起しない・中折れなどの症状を引き起こしてしまい、それ故に自信を無くしてしまうことが要因です。

 

対処としては、パートナーにしっかり理解をしてもらうことと、前向きに性生活を送ることです。「勃起しないから性生活に背を向ける」ではなく、パートナーと一緒により良い性生活を見つけていくことが大切です。

 

30代に多いとされる原因は?

30代の男性に多いとされる原因は、“中折れ”と“心的ストレス”だとされています。一概に言い切れませんが、仕事のストレス、家族を守る責任の重さや、日々の疲れ、不眠などが原因でED症状を起こしてしまうこともあります。

 

30代は職場でも若手で、部下を育てるだけでなく上司にもついていかなければならないという間に挟まれる立場です。私生活と、仕事と、性生活が混ざってしまい、心的なストレスからEDを引き起こしてしまうことも多いとされる年齢です。

 

対処としては、パートナーと一緒にリラックスできる時間を過ごすことです。

スキンシップをはかるためにも、2人でデートをしてみたり、一緒にお風呂に入ってみるなどの、心が癒される時間を追及することが良い方法かもしれません。

 

40代・50代に多いとされる原因は?

男性機能専門の病院へ受診する年齢で一番多いとされるのがこの40代・50代です。性欲はあるのに興奮しても勃起をしないことや、勃起してもすぐに折れてしまうなどの症状が多く見られます。

 

体調や、持病などが影響してしまうことも多い年齢なので、普段服用している薬が原因で薬剤性EDを発症してしまったり、過度のストレスや、疲労が影響することも多々あります。

対処としては、専門の病院へ受診し、症状や服用中の薬などとあわせて、改善策を見つけていくことです。 

 

また、子育てにもひと段落する年齢なので、夫婦で旅行へ行ってみたり、ゆっくりと出来る時間を作ることでストレスを解消させることも大切です。

 

60代以降に多いとされる原因は?

60代以降に多いとされるEDの原因は、ストレスや疲労に加え、動脈硬化の進行や、血管が細くなる、神経の障害など、様々な要因が合わさってEDを起すと考えられます。

 

心的や興奮状態ではなく、体そのもの(糖尿病や高血圧、男性ホルモンの低下や高脂血症など)の機能が低下していることが大きな要因と言えます。

対処としては、服用している薬の種類を変更したり、EDを改善させるための薬を服用するなどが挙げられます。

 

男性のEDに関する悩みは、年齢関係なく付きまとうものかもしれません。しかし、その時その時で、対処をしていけば、EDを打破する策を見つけることができます。

またパートナーである女性に心を開き、その女性も男性の心情を真摯に受け入れることで協力しあい、より良い性生活を送ることが出来ます。

 

(photo by: http://www.ashinari.com/2012/11/08-372542.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ED(勃起不全)に関する記事

もし彼・夫がED(勃起不全)だったら?女性に出来ることとは…

  「なんだか彼・夫の様子がおかしいな?」「最近中折れすることが多いな」そ...

カラダノートひろば

ED(勃起不全)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る