カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. ED(勃起不全) >
  4. もし彼・夫がED(勃起不全)だったら?女性に出来ることとは…

男性のカラダの悩み

もし彼・夫がED(勃起不全)だったら?女性に出来ることとは…

 

「なんだか彼・夫の様子がおかしいな?」「最近中折れすることが多いな」そんな状況に直面してしまった時、あなた(女性)はどのように対応すると良いのでしょうか?また、あなたに出来ることとは何があるのでしょうか?

 

EDを起してしまう男性の気持ちとは?

EDを起してしまう男性は、とても深く傷ついています。それは女性が想像するよりもはるかに深いです。

 

男性のプライドであったり、精神状態であったり、女性に対しての申し訳なさや、情けない・ふがいないなどと感じている気持ちがなかなか女性には理解することが出来ず、ついつい心無い言葉を吐いてしまう場合があります。

 

男性の一言で女性もトラウマになってしまうように、女性の一言も男性にとって大きな影響力を持っています。女性にEDの事を指摘されなくても、男性は自分自身で十分に気づいており、その現状にショックを受けていることが多いのです。

 

性行為が成立しなかったときには?

満足に性行為が成立せず、中折れなどで中断してしまった場合には、決して彼を責めてはいけません。それは逆の立場であっても、とても辛いことだと解るはずです。

 

女性にも膣が濡れないなどのFSD(女性性機能障害)といわれる症状があるのと同様で、男性もED(勃起不全)という症状が存在します。

EDやFSDには、一番に、パートナーの協力が必要です。

 

理解する事や、お互い、性行為だけに捉われず一緒にいる空間を楽しいものとする気持ちが大切です。

 

女性に出来ることとは?

男性が望むことなどに応えることも方法かもしれません。また、性行為はひとまず置いておいて、一緒にお風呂にはいって他愛もない会話をしてみるだとか、手をつないでデートに出かけてみるだとか、方法は様々です。

 

その夫婦・カップルに合った対処法を見つけていくことが良い解決策です。そして、決して彼・夫を責めないことです。

 

男性も女性も性機能の障害についてはお互い様であり、この問題は年齢とともに深刻化していきます。まずは心を癒し満たされ合うことが、ED改善の第一歩かもしれません。

 

EDやFSDの問題は避けて通れないものでもあります。そして、皆だれしもが起こりうる症状です。年齢に関係なく、ストレスや仕事の疲れ、育児の疲れ、夫婦間の関係、様々な原因が考えられるので、問題となる原因を一緒に1つずつ解決していくことが重要です。

 

自信喪失でさらに悪影響?!ED(勃起不全)の症状とは

男性には、ED(勃起不全)の症状を抱えていながら、なかなか他人には言えず苦しい思いをされている方が少なくありません。病院へ行こうにも、周りに受診経験がある人がいるわけでもなく、どんな診察・治療をされるのか不安でたまらないという方もいます。

 

そんな周りに言えないED(勃起不全)で悩むとどんな症状が起こるのか、まとめてみました。

 

こんな気持ちを抱いたことはありませんか?

EDとは、勃起不全と言われるもので、その名の通り、満足のいく勃起が得られないことがEDの症状とされています。

 

以下のような気持ちを抱いたことがあるかたはEDの症状かもしれません。

・性欲はあるけれど興奮しても勃起しない

・勃起しても十分硬くならない

・勃起しにくく、持続性もない

・挿入が出来ても中折れしてしまう

 

EDの症状を発症しやすい人とは?

年齢としては40代後半~50代で、受診理由には特に“中折れ”の症状が多くみられます。この40代~50代には性的な興奮の低下だけでなく、生活習慣病の高血圧や糖尿病などもEDの要因とされてくる年代です。

 

中折れの症状が目立ち始めるのは30代ごろ。20代でのED患者さんはその大半が“緊張”によるものだとされています。60代以降の男性では、EDの症状に諦めてしまって受診をされない方も少なくありません。

 

EDの症状はこんな影響を及ぼします

EDの症状はパートナーへの罪悪感や、自信損失などを引き起こしてしまい、次の性行為時にはその罪悪感や自信損失が負担となり更なるED症状を招いてしまいます。

 

また、性生活だけでなく、プライドや自信の無さから仕事にも支障をきたしてしまうことは少なくありません。焦りや情けなさをダイレクトに痛感してしまうので、男性としてははけ口のない不満や不安となってしまいます。

 

症状を改善させるためにはまず受診を!

EDの症状でお悩みの方の中には「診察で触られるかもしれない、注射されたり、手術なんていわれるかもしれない」と、受診することが恥ずかしい・怖いとイメージしている人がいるかもしれません。

 

中にはインターネットで薬などを購入するという方もいるかもしれませんが、インターネットではその薬がはたして効果のあるものか?偽りの無いものか?などの判断がつきません。

一番最適な方法は、男性機能専門の病院へ受診することです。

 

素人判断で薬を購入するよりも、専門医に診てもらい、的確な判断と適切な治療を行うことが、ED改善への近道です。

 

男性特有の悩みではありますが、なかなか男性同士でも打ち明けることが難しい悩みです。会社への有給休暇を取るにも、理由を話せず取りにくいのが現状です。

男性機能専門の病院へ行くためには夜間や休日でも開いている病院を探してみましょう。

 

ED(勃起不全)を正しく知ろう!EDの症状とそのポイントとは?

近年若者の間にも増えつつあるED(勃起不全)の症状ですが、男性機能専門の病院に受診される男性の中で、EDではないのにEDだと勘違いをしていたり、EDとSD(性機能障害)の区別がつかず、悩まれている方など様々な方が受診されています。

 

一言にEDだと言っても、その定義までは知らないひとも多いはずです。EDとはどんな症状なのでしょうか?まずは正しく理解をすることが大切です。

 

ED(勃起不全)の定義とは?

EDの定義とは以下の3つだといわれています。以下に当てはまる方はEDの可能性が高いです。

・勃起が困難なケース

・勃起していても硬度が不足しているケース

・性交中に中折れしてしまうなどの、勃起の維持が困難なケース

 

SD(インポテンツ:性機能障害)とEDの違いとは?

かつてはEDもSDと同じ種類に分類されていたのですが、現代ではEDは上記の3つの定義が確立されており、SDとされる症状には「性欲・勃起・性交・射精・極致感」のいずれか1つでも欠けてしまう、もしくは不十分である場合に性機能障害(SD)だと区別されています。

 

ED症状の程度を知ろう。

EDには、勃起の硬さから、症状の程度を知る指標が存在します。ご自身のED症状を、指標と照らし合わせることで、ED症状の認知や、今後の治療への姿勢などを変えていくことが期待できます。

 

この指標とはアメリカで生まれたものですが、2009年以降日本語での指標が出来、現在では一般に普及されるほどにまで成長しました。

 

《グレード4》陰茎は硬く、硬直している状態。

《グレード3》陰茎は挿入するには十分硬いが、完全ではない状態。

《グレード2》陰茎は硬いけれど、挿入に十分な硬さではない状態。

《グレード1》陰茎は大きくなるけれど、硬くならない状態。

《グレード0》陰茎が大きくならない状態。

 

このグレードの内容とご自身の症状を照らし合わせ、グレード4以外の症状であると感じた場合にはEDの可能性があるので、病院を受診することで改善するかもしれません。病院への受診の検討をしてみましょう。

 

受診をした場合には?

グレード4以外の場合、男性機能専門の病院へ受診をしましょう。まずは問診が行われますが、身の回りに受診経験がある方が少ない・情報が少ないのが現状で、男性も不安を感じるかもしれません。

 

EDでの受診の場合、国際的に認められているIIEF5という問診表に沿って診断する場合が多いです。その他、薬剤歴や既往歴、合併症、生活歴などを元に診断をします。

 

これらの診断によって、血液検査を行い薬剤(バイアグラ等)の使用が可能かの判断をしたり、EDの原因が心臓血管系かどうかの判断をしたり、時には泌尿器が原因だと判断されることもあります。

 

EDの症状はなぜ起こるの?

EDの症状は心的な問題や、肉体的な問題、過労やストレス、加齢など、様々な要因が考えられます。

男性機能専門の病院を受診される方の中には、精神的な問題が原因とされるケースもあれば、外性器の異常、肛門付近の神経の問題なども考えられます。

 

EDの症状だと感じているものが“機能性勃起障害”なのか“器質性勃起障害”なのかを具体的に区別することが重要になります。

 

EDという症状は20代の男性に40%、70代の男性では75%と、年代も幅広く長年深刻な悩みを抱えてしまう問題でもあります。軽度のED症状であっても、男性にとっては重大な問題です。EDの原因を調べることで、体の病気や異変に気づけるケースもあります。

 

いつ誰が発症してもおかしくない身近な問題でもありますので、症状を感じた場合には勇気を出して、受診することをオススメします。

 

「勃起できない=性欲が無い」ではない!

勃起機能は男性の性欲と直結した機能と言えます。

そのためEDとなり勃起不全となる事は、性欲の減衰にもつながるというイメージがあります。

しかし、それは必ずしもそうなると限った話では無く、性欲を維持したまま勃起不全となるEDも存在するのです。

 

勃起機能と性欲

●勃起できない=性欲が無い、ではない

特に男性自身において、勃起をすることをイコール性欲が湧いている状態、つまりは発情状態出ると考えがちですが、それは正確ではありません。

 

確かに健康な男性であれば発情することで勃起状態となるのが当たり前かもしれませんが、だからといって勃起不全となったことで性欲が一切なくなると言うことでは無いのです。

EDになったからと性欲が無くなるとは限りません。

 

1.性欲が持続する勃起不全

神経や血管、海綿体の以上によって機能的に勃起機能が失われた場合、性欲とは関係なく勃起できなくなるのであり、多くの場合が性欲は持続します。

ただし、いくら性欲が高まっても、それが勃起に繋がらないだけなのです。

 

2.性欲が無くなることで勃起不全に

心因性の勃起不全など、心理的に性欲への忌避感が生じるか、性欲に関わるホルモン分泌が異常となる事で、性欲が発生しなくなりEDになる場合は、性欲は無くなり逆に勃起機能自体は正常であることがあります。

 

勃起機能が残っているので、性欲にブレーキをかける心理的要因や、ホルモン分泌などを改善することで再び勃起するようになるのです。

 

性欲が失われることで心因性の勃起不全となる事はあっても、勃起機能が失われることで性欲も同時に失われることはありません。

性欲が発生するのは性欲を司るホルモンの分泌によるもので、その機能が維持されている限り性欲が減衰することは無いのです。

 

性欲とはつまり子どもを作るための本能で有り、EDとなっても子どもを作る本能と意欲が残ると言うことを意味します。

 

加齢によって失われる生殖機能~ED

男性にとって重要な生殖機能である陰茎の勃起機能が失われるEDは、加齢によって発症するリスクが高まる疾患なのです。

 

その原因としては加齢によって男性ホルモンであるテストステロンが減少することや、高齢による高血圧によって陰茎に血液が流れにくくなる勃起不全などが考えられます。

 

加齢によるED

●加齢によって減少するテストステロン

テストステロンとは男性ホルモンの一種であるステロイドホルモンで、筋肉や骨格の発達に大きく関わるだけでなく、男性ホルモンの働きを持ち、加齢と共にこのテストステロンが減少すれば、それは男性更年期障害を引き起し、精巣の萎縮や、海綿体平滑筋の機能が衰え、EDを引き起すリスクが増大します。

 

●高齢になる事で上昇するEDリスク

 

1.高血圧、動脈硬化、心臓疾患

男性器の勃起は血流に大きく関わっており、その血流に関連する高血圧や動脈硬化などによってEDのリスクが増大することが考えられます。

 

2.糖尿病、腎機能障害

直接的では無く間接的に血液に影響を与える糖尿病なども、結果的に勃起機能に悪影響を及ぼす疾患となる場合があるのです。

 

3.アルコール、煙草

アルコールや煙草は短期的には勃起機能に目立った影響は無いのですが、長期的には負担が積み重なりEDの進行を早めることとなります。

 

4.精神的ストレス

男性器の勃起はその人の精神状態に大きく関わるものであり、高齢であるほど様々な精神的ストレスを抱え込むことが多くなるため、加齢するほどEDリスクが増大すると言えるのです。

 

男性の生殖機能は非常にデリケートであり、高齢になってもその機能を維持したいならば、生活習慣から気を使い、早期からのアンチエイジングなど万全の対策が必要となるでしょう。

 

(photo by: http://www.ashinari.com/2010/10/29-037111.php?category=317 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ED(勃起不全)に関する記事

まさか普段飲んでいる薬が原因に?!ED(勃起不全)の思わぬ原因とは?

  普段、体のためにと飲んでいる薬が原因でED(勃起不全)を起してしまうと...

陰茎にトラブルが!?ペロニー病ってどんな病気?

  芸能人が罹患したことで話題となったペロニー病。耳慣れない病気ですが、ど...

カラダノートひろば

ED(勃起不全)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る