カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 精力増強 >
  4. 夫婦関係改善とセックスレス解消のための精力増強とその方法!

男性のカラダの悩み

夫婦関係改善とセックスレス解消のための精力増強とその方法!

 

アロマの力で、夫婦のセックスレスを解消!

長い間夫婦として一緒に歩んでいくと、子育てや日常の生活、仕事の多忙さからだんだん夫婦での営みは減っていく傾向にあります。

 

その原因として考えられるものは、生活の多忙さや環境の変化だけではなく、加齢による身体の衰えや、性機能の低下なども要因になってしまいます。

 

夫婦でのセックスレスを改善し、より良い夫婦としてまた新たに歩きだしたい!そんなご夫婦には、是非ともアロマの効果を試してみてください。

  

◆そもそもアロマって何?

“アロマ”と聞くと、雑貨屋さんなどで気軽に購入できるアロマの精油を用いて、室内でのアロマ加湿器・アロマランプ・アロマミストなどで楽しむ目的とされているイメージが強いかもしれません。

 

「なんだか手軽でお香のようなもの」や「香りを楽しむための物で効果や作用はあまり意味がない」と感じる方は少なくありません。しかし、アロマとは植物のエキスを抽出している、100パーセント天然エッセンス(精油)です。

 

医療と同じような効果を実感するためには、100パーセント成分の精油を使用します。鼻から嗅いで、脳への刺激を与えホルモンを分泌させるという効果や、実際に肌に塗り体内に浸透させるという方法などがあります。

 

◆精力増強効果のあるアロマは存在する?

アロマの中には性的興奮を呼び覚ます作用がある精油や、精力増強、エキゾチックな香りで、性欲UPなどの効果が期待できる精油などが存在します。

 

匂いと脳・心はとても大きく関わっているので、アロマの香りは体への影響を起すことは間違いありません。

 

◆アロマは医学的に認められている代替療法の1つ

アロマセラピーとは、西洋医学などでは患者が置き去りになってしまいがちな“人間本来の自然治癒力の向上”や、“西洋医学の力が及ばない人間の体の神秘・領域”に効果を示すものとして用いられる療法です。

 

アロマを用いて行うアロマセラピーは、西洋医学の知識と、代替療法の技術を併せ持つメディカルセラピスト・心理カウンセラーが患者さんの症状を診つつ、判断し治療をしてくれます。

 

◆アロマで夫婦仲良し計画!

夫婦ともども精力UPしたい日には、是非その日に使用する加湿器やアロマランプなどに、セクシーな香りの精油・性欲UPが期待できる精油を使用してみてください。

 

アロマオイルを使って、手や足などのマッサージをするスキンシップにもGOOD!オススメの香り・効能を紹介します。

 

・ジャスミン・・・「夜の女王」とも言われる程のセクシーで甘い香りが特徴です。性機能に自信が無い人に効果有り

 

・サンダルウッド・・・消化器官に良い作用がありますが、一方で男性の性欲を著しく倍増させる効果も。

  

他国に比べてセックスレスになる率が高い日本ですが、セックスだけに重きを置くのではなく、夫婦でのスキンシップを大切にすること、夫婦で癒される時間を作るだけでも、夫婦の関係性が良いものに変わってきます。

 

「セックスはしたくないから」という気持ちがある場合には、一緒に散歩へ行ったり、久々にデートをしてみたり、映画を観にいったりと、普段と違う生活をしてみることで良い刺激を受けるかもしれません。

 

色々と夫婦でトライしてみましょう。

 

セックスレス予防の第一歩は『ドキドキ』から

精力をいくら増強しても自分一人でセックスをするわけではありません。多くの方はパートナーがいるからこそ精力増強をしたいと思うはずです。

ですが一方で10-40代の夫婦のうち3割以上はセックスレスとも言われています。このセックスレスの状態を予防するにはどうしたらよいか見ていきます。

 

●1人の相手=4年間のセックスで満足?

実は動物学の観点から見ると1人の相手に対しては4年間セックスをすれば欲求が少なくなると言われています。

4年間一緒にいて相手に飽きてしまうというわけではなく性的な意味での欲求が少なくなるということです。よく言えば家族になる、パートナーになるということです。

性的な対象というよりもそういったものを感じない家族のような対象になるからセックスレスになるというカップルもいます。

 

●ドキドキがセックスレス予防

人間の心理から見てみるとドキドキする経験は倦怠期を乗り越える力になることがわかっています。

セックスレスのカップルの場合もそれは同じで、2人で新鮮な経験・ドキドキする経験をすると4年間で満足するという動物学的観点の現象も乗り越えられます。

 

●具体的に何をすればよいの?

人間の脳は新鮮なこと、新しいこと、経験したことのないことを求めています。

ですので今まで2人で行ったことのない場所ややったことのないことをやってみることがおすすめです。

例えばインドアなカップルなら思い切って旅行をしてみる、スポーツ観戦が好きなカップルなら普段とは違って自分たちがスポーツをしてみるなどです。

 

人間は動物学的には1人の相手と4年間セックスするとそれ以上の欲求は生まれないとされていますが、ドキドキする経験、新鮮な経験があればその時期は引き延ばせます。

 

夫婦で取り組む精力増強・性欲増進

家族計画があるときなどには男性の精力増強も重要ですが女性の性欲増進も重要です。お互いに気分を高めて満足いくセックスをするためのポイントをいくつか紹介します。

 

●男性は視覚刺激、女性は聴覚刺激に弱い

恋をするときの心理的な傾向ですが一般的に男性は視覚刺激に弱いと言われています。

言い方は悪いですが見た目で女性を『恋愛対象』『それ以外』に分けられるのです。

一方で女性が弱いのは聴覚刺激で、見た目はそれほどかっこよくなくても声のいい男性に人気が集まる等の現象も見られます。

男性の性欲を高めるにはAVなど視覚的に見えるもの、もしくは電気をつけてセックスをするなどの精力増強法が適切です。

そして女性の性欲を高めるためには耳元でのささやきなどが有効ということになります。

 

●女性は感情に弱い生き物

男性の方が一般的には性欲が強いと言われています。一方で受け入れる側の女性の性欲が弱いこともよくあります。

セックスライフに積極的でない彼女は自分のことが嫌いなのかと悩んでしまう方もいるようです。

実際のところ、女性は行為そのものよりも行為によって得られる感情的なやり取りを重視する傾向があります。

言葉で愛を示す、行為の前後の愛撫やアフターケアを丁寧に行うことで感情のやり取りにも満足がいき、次のセックスにも意欲的になる場合も少なくはありません。

 

●精力増強レシピを二人で楽しむ

精力増強のレシピには納豆など栄養バランスのよいものも少なくはありません。

精力増強のレシピを二人で楽しみながらお互いに性に対して少しオープンになるのもよいでしょう。

 

満足のいくセックスライフを送るためにはお互いの性の特性、性格を知って工夫することが大切です。

精力増強・性欲増進に対して夫婦もしくはカップルでオープンに話す時間も必要でしょう。

 

夫婦で出来る、精力減退を防ぐ方法とは?

結婚している男性の中で、ED(勃起不全)や、性欲の低下、性機能の低下、性欲が沸かないなどの症状を感じてしまう人は実に多く、男性の永遠の悩みと言っても過言でないほど、身近で深刻な悩みとなっています。

 

男性にとって、精力減退は、夫婦仲だけでなく私生活や仕事にも支障が出てしまうほど影響力の大きいもの!

そんな精力減退を何とかして防ぐには、どんな方法があるのでしょうか?夫婦で出来る予防法を挙げてみましょう!!

 

◆精力増強は、まずは下着から!

男性が普段着用している下着ですが、下着にも、実は精力減退に繋がってしまう原因の1つになってしまいます。男性に着用をオススメする下着は、トランクスタイプです。男性の睾丸(精巣)とは、体温よりも3度程低くないと正常に機能しません。

 

ブリーフタイプに下着を着用していると、陰茎・体と睾丸が接触してしまうため、睾丸の温度が体温とほぼ同じになってしまい、良質な精子が作られにくくなります。

 

睾丸の機能が正常でないと、ホルモンの分泌も低下してしまい、性欲の低下、性機能の低下に繋がってしまいます。奥様が旦那様の下着を購入される際にも、ブリーフではなくトランクスタイプを購入しましょう。

 

◆睡眠不足が精力減退に!

毎日仕事が忙しく、睡眠時間がしっかり確保できないという旦那様は少なくありません。ましては、現代ではストレス社会とも言われているほど、外で感じるストレスは体内に溜め込み、全て持ち帰ってしまいます。

 

睡眠時間が不足していたり、十分に休まらない睡眠(浅い睡眠)をしてしまうと、確実に精力衰退に繋がります。

 

睡眠が不足することで、疲労の回復が出来なかったり、食欲不振になってしまったり、ストレスを解消することがなく、また仕事へ出かけなければならないなどの状態になることが、インポテンツ・EDを引き起こす引き金になってしまいます。

深い睡眠につくためには、毎日出来るだけ決まった時間に就寝するよう努力をしましょう。

 

◆夫婦の営みに時間の変化をつけてみよう。

通常、夫婦の営みというと、夜の時間ばかり考えがちですが、じつは、夜という時間に限らず、朝や昼間の時間などにも夫婦の時間を作ってみると心と脳の働きに新しい刺激があたえられ、精力増強に効果的だとされています。

 

夜は、1日の疲れがたまってしまい、どっと体が疲労感・ストレスを受けている時間帯です。よって、精力が減退してしまう時間帯でもあります。精力が増している時間帯は、朝が一番理想的です。

 

朝は体の疲労感も回復しており、体がリフレッシュしている状態!この時に、セックスをすることで、性欲も上がり、精力UPに繋がります。

普段は家族がいるため朝の営みなんて、考えにもないかもしれませんが、夫婦の仕事やすみを利用して、1泊旅行へ行ってみると良いかもしれません。

 

夫婦で出来る対策とは、考えれば沢山でてきます。視覚を刺激するために、旦那様の好みな下着をつけてみたり、アロマやセクシーな香りをかぐことで、性欲UPにつなげたりと様々です。

どのような方法で精力増強を試すにしても、夫婦での協力が必要です。お互いに性と向き合い、消極的にならずオープンに気持ちを開放することで、より素敵な性生活を送りましょう。

 

夫の精力増強の動機は夫婦関係にアリ!

夫である男性が精力増強に腐心する動機は、ほとんどが夫婦関係の維持や改善のためでしょう。

精力を増強し、性交渉の回数を増やすことで夫婦関係を維持しようとしているのです。

確かに成功すれば夫婦関係をより強固なものとすることもできるのですが、余りにこだわりすぎプレッシャーを感じるようでは、そのストレスからさらに精力を減退させ、EDとなる危険性すらあります。

 

■夫の精力増強は妻への配慮

●精力増強を試みる動機は妻

一般的な夫婦関係で、夫が精力増強を求める動機のほとんどが妻への配慮です。

精力が減退し、時にはEDとなってしまい夫婦での性交渉が途絶えてしまったことを、誰よりも後ろめたく思っているのは当の夫本人でしょう。

まるで自分だけの責任であるかのように感じ、大きなプレッシャーに突き動かされて精力増強に突き進むことになるのです。

 

●夫の後ろめたさこそがEDの原因に

そうした後ろめたさによるプレッシャー、ストレスこそが精力減退をさらに悪化させ、EDの原因ともなります。

夫婦関係は夫と妻の両方が責任を分かち合って維持する関係であり、たとえ夫の問題であろうとも、一人で責任を抱え込むことはありません。

素直に悩みを妻に打ち明け、話し合い、重圧から解放されストレスを無くすことが、何よりの精力増強対策となるでしょう。

 

●性交渉の減少は夫婦の問題

性交渉の回数が減少する、もしくは断絶するのは夫婦の問題です。

その原因が夫のEDなどであっても、EDと要因に妻が関わっているケースも考えられます。

肝心なのはお互いに話し合い、協力し、夫婦関係を継続させることです。

性交渉が断絶したからといって、必ずしも夫婦関係を疎遠なものとする必要は全くありません。

 

夫婦関係は夫と妻がお互いに協力し合って維持するものです。

精力減退や勃起不全など男性に大きなプレッシャーがかかるかもしれませんが、夫婦で協力して問題解決に取り組むことが、何よりの夫婦関係を維持する対策となるでしょう。

 

初心に戻って!セックスレスの夫婦が取り組む性欲再建対策とは?

長年一緒にいると自然にセックスレスになってしまう夫婦、EDになってしまう男性、夫婦での営みが無くなってしまって少し冷え切った関係になってしまう夫婦など様々に存在します。

 

夫婦で精力増強のためにサプリメントや食事など様々な方法を試しても、長年一緒にいることで「よし!今夜久々に頑張ってみよう!」なんて恥ずかしくて言い出せません。ましてや、セックスを誘う方法すら照れてしまい、なかなか性に対して消極的になってしまうもの。

 

そんなご夫婦には、“最愛の人との営み”をするためのキッカケ、糸口を見つけ出すことから始めてみましょう。その糸口とはどんなことなのでしょうか?具体的に挙げてみましょう。

 

◆おろそかになっていた記念日を大切にする

長年一緒にいると、結婚当初は大切にしていた“結婚記念日”や“誕生日”も疎かになりがちです。初心に戻って、そんな記念日をお互いに確認でき、過去の記憶を呼び覚ますような過ごし方が出来ると、心に良い栄養を与えてくれます。

 

記念日にディナーへ誘ってみたり、1泊旅行を考えてみたりと、お互いにリラックスできる時間・喜ばしいプレゼントなどで記念日を華やかに演出してみましょう。

 

◆“思い出の地”へ行ってみる

お仕事のお休みを利用したり、夫婦だけの時間を作って、“思い出の場所”へ出かけてみましょう。人の記憶というものは、懐かしいことを思い出すと、愛しく感じたり、その時の気持ちを思い出して穏やかな心情になったりするものです。

 

初めて出合った場所、プロポーズをした場所、二人にとって深く思い入れがある場所へ一緒に出かけて、思い出話に華を咲かせてみましょう。

 

◆精力増強アイテムをタイミングよく利用する

香りで性欲を誘う物や、視覚を刺激して性欲を誘う物(セクシーな下着など)などを利用する時には、意気込んで使うのではなく、自然な流れで利用し、感覚的に「あ、なんだか今日はいつもと雰囲気が違うな」と思うような環境を作ることが大切です。

 

普段の生活の中で利用するよりも、1泊旅行へ行って・・・や、久々に夫婦でディナーをした日の夜・・・など、いつもと違う過ごし方の夜に、タイミング良く、性欲アップアイテムを取り入れましょう。

 

そうすることによって「今日は頑張るぞ!」という意気込みからの緊張・中折れを避け、「セックスが出来なくても心が満たされている」という環境を夫婦が感じることで愛を再確認できます。

 

◆大切なことは初心に戻るための“環境作り”

上記を読んでいただいて感じるかもしれませんが、大切なことは夫婦で「よし!やろう!」という意気込みや即実行!という行動より、日々の生活の中での性欲UP(サプリや食事)に合わせ、「なんだか今日は少しいつもと違う」というスパイスを混ぜることです。

 

そのスパイスとして、刺激的な事を求めるのも良いですが、夫婦の記憶を呼び覚まし、結婚当初の気持ちを再確認することで改めて生まれる愛情というものもあります。

夫婦でお酒を飲みつつ、恋人同士だった時の話をしてみたり、当時二人で通っていた喫茶店に足を運んでみたり・・・。

 

そのような環境から、お互いの愛しさを再確認し、心の深い部分から湧き出てくる“愛情”を性欲に転換してみることも精力増強に効果が期待できます。

 

夫婦にはそれぞれに歴史があり、失うことのない深い愛情が存在します。長い時間の中で日々の忙しさや互いの気持ちの変化から、深い愛情と向き合うことが減ってきたために、性欲の低下を起してしまったり、加齢とともに性機能の低下を感じてしまったりと、原因は様々です。

 

性生活をより良いものにするために、キッカケ・糸口として、過去にタイムスリップしてみましょう。

 

夫婦関係にもヒビ?男性性機能障害とは

普通、「不妊症」と聞くと、どうしても女性側の問題のように聞こえますが、実はここ最近、不妊症の原因が男性側にある「男性不妊症」が増えているという事実があります。

 

男性不妊症と言うと、原因として精子の数が不足していたり、精子の運動性の低下などが思い浮かびますが、勃起障害や射精障害などの男性性機能障害も重要な原因の一つだと言われています。

 

男性性機能障害とは

1. 性欲(性的興奮)の低下

2. 勃起障害

3. 性交障害

4. 射精障害

5. 極至感(オルガズム・快感)の障害

 

通常は上記の1~5までが順次連係して発現して初めて正常な男性性機能と考えられますが、これらのうち一つ以上欠けるか、もしくは不十分なものを男性性機能障害と呼びます。

 

具体的には性欲低下、性嫌悪症、勃起障害(ED)、射精障害(EjD)があります。

 

臨床的にはEDが最も多く、次いで射精障害となります。性欲低下や性嫌悪症などの頻度は少ないようですが、ストレス過多社会での若年層での罹患者がここ最近増加傾向にあり、それが不妊症とも絡んで重要かつ複雑な問題となっているようです。

 

もちろん夫婦間に子どもができないことで、夫婦関係がぎこちなくなるでしょうし、その責任が自分側にあると感じてしまうと、心理的なストレスにもなり、より一層その悩みは深刻化するようです。

 

ただし、男性性機能障害が恥ずかしいことだと思って、自分だけで解決しようとするのは難しいことです。本やインターネットで様々な治療法や解決方法を探したり、安易に精力増強剤を使用しようとしたりする方を見かけますが、それは本当の解決法とはいえません。

 

今現在の治療法は、その症状や検査結果によって多岐にわたるため、専門医に相談して自分にあった治療法を見つけることが、悩める症状を改善する一番の近道だと思われます。

 

(photo by: http://www.ashinari.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

精力増強に関する記事

精力増強には鰻や牡蠣や納豆やニンニクんが効果的!

    牡蠣の亜鉛には精力増強効果アリ! 牡蠣は海のミルクと呼ばれるほ...

本格的な精力増強をするなら鍼灸院へ行ってみよう~ツボ押しの実態とは?~

  ツボ治療とは、特定の部位に通る神経と血管を刺激し暖めることで効果を発揮...


バイアグラとどこが違う?精力増強サプリメントの3つの効用とは?

  精子を増やし、生殖能力を高める亜鉛 男性が精力増強に求めるものとは、...

カラダノートひろば

精力増強の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る