カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. ダウン症 >
  6. 重要です!ダウン症児の靴の選び方とは?

育児・子供の病気

重要です!ダウン症児の靴の選び方とは?

 

ダウン症のお子さんにみられる体の特徴として、踵(かかと)の骨が小さいという点が挙げられます。

踵の骨が小さいことによって歩行の際に様々な問題が起こってしまうのですが、少しでも問題の解消をするために、靴選びは重要なことです。どんな靴が良いのか、考えてみましょう。

 

 

◆ダウン症児の靴選びの重要性とは?

ダウン症のお子さんの足には、様々な特徴があります。もちろん、個人差はありますし、ダウン症だから絶対にそうだという訳ではありません。

しかし、小さな足で自分の体を支えることが、歩き始めた子どもにとってはとても難しいことです。まずはお子さんの足の特徴を知ることが大切です。

 

【見た目での特徴】

・足のサイズが小さい

・偏平足

・足の幅が狭く、甲も低い

・かかとが小さめ

 

【体の関節や機能の特徴】

・足の関節、足首、足の指などの関節が柔らかい

・筋肉の低緊張

・全身関節弛緩性(筋肉、腱、靭帯が弱い)

 

◆足へかかる負担とは?

小さな足で自分の体重を支えなければならないため、足にはとても大きな負荷がかかってしまいます。

足のサイズも小さい・踵も小さいとなると、床に接触する面積が狭いため、その分、立った時に不安定になりがちです。

 

生まれながらの筋力の弱さ故に、踵の骨を垂直に支えきれず、体全体が傾いてしまうため、バランスを失いやすいです。

 

◆バランスよく歩かせるためには?

自身の足で立つことが出来、歩くことも可能なのですが、お子さんの歩く姿を後ろから見て、歩く際に足が内側へ寄っているような歩き方をしていたり、バランスがとれていないような歩き方をしている場合には、放っておくと、将来的に外反母趾に悩まされたり、足の骨や関節異常をおこすケースもあります。

 

早い段階で、正しい姿勢であるく訓練が必要です。訓練とは、強制的に器具をつけるなどの大きな対処ではなく、靴選びを慎重に行うことで出来ます

 

◆靴を選ぶ際のポイント!

靴を選ぶ際に、ポイントとなる点がいくつかあります。参考にしてみてください。

・かかとが固く、しっかりとした靴を選ぶ

・靴裏のソールの部分に切れ目が入っている靴を選ぶ

・靴そのものに重さがなく、軽量であること

・足底板を入れても対応できる、深さに余裕のある靴を選ぶ

・サイズが合わずブカブカになってしまわないこと

 

◆体重を支える足首もサポート!

自分の体重を支えるためには、様々な筋肉を使うのですが、筋力が弱く、関節も柔らかいお子さんの場合には、靴を選ぶ際に、足首もサポートしてくれる、ハイカットタイプの靴があります。

 

ハイカットタイプであれば、足首から支えて、歩行に必要なバランスの補助をしてくれるので、少し歩き慣れてきたころに、通常の靴とは別で、購入されるのも良いかもしれません。

 

 

ダウン症のお子さんに限らずですが、子どもの成長とは言葉にしろ行動にしろ、日々変化をしていきます。お子さんの意欲に寄り添い無理なく訓練をしていきましょう。

まずは室内で履かせて練習をし、なれてきたころに外の安全な場所で練習をしてみてください。

 

また、靴は1種類に限らず、TPOに合わせて、2足・3足あっても問題は無いでしょう。

しかし、この2・3足全てにおいて、しっかりサポート力のある、同じ条件の靴をそろえてあげましょう。

 

の靴は固くしっかりとサポートできる!に対し、こっちの靴はやわらかくい!などと変化をつけるとお子さんも混乱してしまいますので要注意です。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2013/01/25-375606.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダウン症に関する記事

ダウン症候群の子どもに多い病気

       ダウン症候群は、23組ある染色体のうち21番目の染色体の異常に...

身体を健康に保つためにママパパがしてあげたいこと

  知能を伸ばすことと並んで、身体の治療教育もダウン症では重要です。早期から身...

病気と症状の体験談

あかちゃんの顔の赤み、腫れの正体

息子は5ヶ月頃から、目の上や顔に赤い虫刺され跡のようなものがプクッといくつかでるようになりました。 ...

初めての感染症~知らなかったせいで2次感染か~

注:画像は感染症当時のものではありません。 初めての感染症は11ヶ月のときでした。その当時のこ...

カラダノートひろば

ダウン症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る