カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. ダウン症 >
  6. スイミングを習わせたい!ダウン症児の水泳時の注意点

育児・子供の病気

スイミングを習わせたい!ダウン症児の水泳時の注意点

 

近年(2014年現在)お子さんの習い事として人気ランキングに入っているものは、英会話・バレエ・ダンス、そしてスイミングです。

スイミングは肺機能を丈夫にさせる効果があるので、喘息であったり、気管支が弱いお子さんに人気な習い事です。

 

また、毎年のようにプールや海で遊ぶ子どもたちにとって水の危険性を早くから認識できる機会があることも、とても重要なことで、水遊び時の事故を予防するため、危機管理能力を上げるためにも、スイミングは身を守る習い事として人気を高めています。

 

「うちの子はダウン症だから無理かも」と諦めず、お子さんの意欲があるのであれば、是非トライしてみましょう。

 

 

◆スイミングはいつから可能?

スイミングが出来る時期というものは、そのスイミングスクールの施設などによって異なります。

地域で営業しているスイミング施設に問い合わせをして聞くと正確な情報が得られますが、最年小で5ヶ月くらいからベビースイミングという形での参加が出来ます。

 

ベビーや、幼稚園前までのお子さんであれば、親も参加という形をとっているスクールも沢山あるので、お子さんの様子に合わせて、無理のない、お子さんが水泳を始めやすい内容の場所を選んでみましょう。

 

◆スイミングを始める前に・・・

スイミングを始める前に、親御さんに注意していただきたいことがあります。

ダウン症で生まれてきたお子さんの中には、心臓病内臓に合併症を抱えて生まれてきたお子さんもいるかと思います。

 

水圧体に大きな負担を与えますし、中耳炎などを起すリスクもあるので、合併症や耳のトラブルが多いお子さんは特に、医師に必ず許可を得てスイミングを通わせましょう。

 

臓器の合併症で、手術が必要なお子さんには、手術後、体の回復が見られ、安定したころにスイミングを始めても遅くありません。体に負担のかかる習い事は、必ず医師に相談をしましょう。

 

◆まずは体験から!

医師からの許可が出た後は、習い事を選びます。スイミングに限らず、どんな習い事にも“体験”というものがあります。

1日体験や、1週間体験など、体験期間を設けているスクールに参加し、まずは、体験してお子さんの気持ちを聞いてみましょう。

 

「やりたくない」という反応があれば、無理にやらせないこと!

無理強いをしてしまうと、結果、トラウマとしてお子さんの脳に焼き付いてしまいます。また、習い事をする施設・スクールにも、お子さんの体の事は事前に話をしておく必要があります。

 

◆年齢に合わせたクラス選びではなく体・心に合わせたクラス選びを

習い事には、ほとんどの場合、ベビー・幼稚園・小学生・・・などと、年齢によってクラスが分けられています。受けるクラスによって、学ぶ内容も違えば、求められるスキルも異なってきます。

 

ダウン症のお子さんの場合、例えば3才だからといって、無理に3才児レベルの教室に入れる必要はなく、お子さんの能力・体力・心(親同伴など)成長に合わせて、1つ・2つ下のクラスに参加させてもらうなど、施設・スクール側の先生とお話をすることが大切です。

 

ダウン症だという事もあり、中には入会できないスクールもあるかもしれません。その現状には覚悟をして、「無理を承知」という意識を持って、スクール探しをしてみてください。

 

◆スイミング道具を選ぶポイント

スイミングにかかせないものと言えば、水泳ゴーグル水泳キャップです。

ダウン症のお子さんの場合、個人差はありますが頭の大きさや目の高さ・位置なども、通常販売されている子供用の物ではサイズが合わないという事があります。ゴーグルとキャップを選ぶポイント以下の通りです。

 

【水泳ゴーグル】

ゴーグルの中には、乱視・遠視・近視に対応した物もあります。価格は少し高くなってしまいますが、お子さんの目に合った度数の物を選んでみてください。

近視であれば、安く販売されているものもありますが、乱視・遠視であればなかなか探すことが困難です。

 

スイミンググッズを取り扱う専門店にいって、度数の調整が効くゴーグルがあるかどうか相談してみましょう。

また、目と目の間のベルト(鼻部分)もお子さんの顔に合わせて調整が出来る商品を選びましょう。単体のパーツとして販売しています。

 

レンズ・鼻パーツ・ベルトなどのパーツで販売している商品はお子さんの顔にあわせてカスタマイズがしやすく、水泳中も水が入りにくいため、お子さんは水泳に集中できます。水泳用品専門店や、またはメガネ専門店で、相談をしてみましょう。

 

【水泳キャップ】

水泳キャップも通常販売されているキッズサイズ50cm55cmほどで作成されています。しかし、これではダウン症のお子さんの頭にはブカブカになってしまいます。

 

キッズ用ではなくベビー用として販売されているサイズが意外にピッタリだったりする場合もありますし、ベビーサイズでは小さく、キッズサイズでは大きいという場合には、キッズサイズ用のキャップの後ろをつまんで縫い付けてあげるなどで対策をとりましょう。

 

つまんで縫い付けているだけなので、年齢とともに成長する頭のサイズに対応することが出来ます。

 

何事も、大切なことは“無理強いしない”“本人の意欲に添う”ことです。

習い事には好き嫌い・得意不得意・向き不向きがあります。習い事を始めると、月謝を払っているのに、風邪や検査、入院や通院などによって習い事が受けられない月も出てきます。

 

参加できなかった日の振り替えをしてくれるスクールもあれば、そうでないスクールも様々です。「月謝を払うだけ勿体ないのもイヤだから」や「ダウン症だから周りと同じ事は出来ないはず」と親が、お子さんの世界を狭めてしまっては良くありません

 

親子参加型であったり、楽しい雰囲気のスクールを選ぶなど工夫をして、お子さんの意欲サポートしてみましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2013/02/05-376028.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダウン症に関する記事

自閉症児に日常的に必要なケア

  ダウン症の特徴の一つとしてあるのが肌や口内のトラブルです。そうしたトラブル...

ダウン症の子どもにどう接したらいい?

  ダウン症は染色体異常の疾患の中で最もよく見られる疾患ですから子どもと同じク...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

ダウン症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る