カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小児がん >
  5. あまり知られていない?小児ガンの一種、“ユーイング肉腫”の症状と治療法

育児・子供の病気

あまり知られていない?小児ガンの一種、“ユーイング肉腫”の症状と治療法

 

小児ガンには様々な種類があります。よく耳にする種類としては白血病や、悪性リンパ腫というような病気が上げられますが、あまり知られていないガンの種類も存在します。

その中の1つとして、“ユーイング肉腫”というものについて調べてみましょう。

 

 

◆ユーイング肉腫とは?

ユーイング肉腫とは、骨の中にできる悪性腫瘍のことです。骨のガンの中では、骨肉腫に次いで、2番目に患者数多い病気です。

 

◆発症年齢は?

発症が多い年齢は10代から20代のようです。若年層や30歳以上にもなると、ユーニング肉腫の症状を発症する人は殆どいません。

参考元:国立がん研究センター 小児がん情報サービス)

 

◆症状とは?

症状としては、発症部位によって異なりますが、腫瘍の痛みを感じてしまいます。骨肉腫よりも痛みが強い場合があり、周囲の軟部への拡大も速いことが特徴です。

 

◆治療法は?

腫瘍マーカーや、MRICTなどの画像診断でガンの進行具合や発症部位の診断・確定ができます。その後、化学治療を行い、腫瘍を小さくします。

 

しかし、場合(発症部位など)によっては、腫瘍を小さくすることが難しいようであれば、手術を行うこともあります。手術によって、時には手足を失い義足生活を余儀なくされることもあります。

 

◆再発は?

再発の可能性は、もちろんゼロではありません。これは、ガンになってしまった患者さん、誰にでも言えることであり、誰もが抱えるリスクでもあります。

 

ユーイング肉腫の場合、再発後の治療法はまだ確立されていません。

よって、再発した場合の、ガン進行度によっては、残念ながら死亡率も高いとされているのが現状です。

 

ユーイング肉腫は、骨だけにとどまらず、転移してしまう可能性のあるガンです。

早期の発見が治療にとっても大きな鍵になります。ユーイング肉腫の疑いがあった場合には、総合病院や、骨軟部腫瘍専門の病院を受診しましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349551.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児がんに関する記事

しっかり理解しよう!小児がんの知識ガイド【後編】

  “しっかり理解しよう!小児がんの知識ガイド【前編】”   ◆ガンの...

小児がんの子どもが復学してきたら?必要不可欠な周囲のサポート

    小児がんを発症していた子どもが学校に復学する際、学校側には何が求めら...

病気と症状の体験談

いきなりのじんましん!原因は!?

授乳後にじんましん、もしかして、アレルギー!? 次男の授乳後に足にできている無数のじんましんを...

あかちゃんの顔の赤み、腫れの正体

息子は5ヶ月頃から、目の上や顔に赤い虫刺され跡のようなものがプクッといくつかでるようになりました。 ...

カラダノートひろば

小児がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る