カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 様々なやけどの応急処置方法!

育児

様々なやけどの応急処置方法!

 

私たちの身の回りには、色んなヤケド危険性が存在します。お子さんがいるご家庭では、大人には想像していない場所でのやけども起こってしまいます。

 

小さいヤケドであれば、流水で冷やすことで対処ができますが、お湯がかかってしまったり、電気コードなどでヤケドしてしまった場合の対処法はどんなものがあるのでしょうか。

 

 

◆やけどの応急処置

【衣類や靴下などにお湯がかかった場合】

まずは、衣類や靴下などは脱がず、着衣したままで患部を流水にあてましょう。洗面台などではなく、お風呂でシャワーを使うと良いでしょう。

 

お湯がかかった際に混乱のあまり、衣類を脱いでしまうと、患部の水ぶくれや皮膚まで破れてしまいます。完全に熱が取れたことを確認し、脱がすなり、着衣したまま病院へつれて行きましょう

 

【手足のやけどの場合】

手や足にやけどをしてしまった場合には、流水を10分から20分あてるか、洗面器などに水をいれながら、洗面器の中に手や足を入れ、10分から20分ほど冷やす方法も効果的です。冷やすことによって皮膚細胞の破壊を和らげる効果があります。

 

【肩やお腹、背中のやけどの場合】

肩やお腹、背中などの場所にやけどをしてしまった場合、流水で冷やすことが難しいので、この場合には、水に濡らしたタオルを軽く絞り、患部に直接当てましょう。これも10~20分ほど、患部を冷やしておくことが大切です。

 

◆やけどの傷跡は残る?

お子さんがやけどをしてしまった場合、処置後に親御さんが気にされることとして、やけどの跡が残るかどうかと心配される方が多くいらっしゃいます。

 

やけどの跡が残るかどうかの判断は、やけどの深さと、やけどした後の経過によって変わってきます。やけどをした後、2週間ほどたっても治らない場合には跡が残る可能性もあります。やけどの度合いの目安は以下の通りです。

 

・Ⅰ度火傷・・・患部が赤く腫れあがった状態。強い日差しによる日焼けなど。放っておいて化膿してしまうようであれば跡になってしまいます。

 

・浅いⅡ度火傷・・・患部が水ぶくれになってしまった状態。処置後、化膿してしまうようであれば跡になってしまいます。

 

・深いⅡ度火傷・・・患部の水ぶくれが取れて、白っぽくなった状態。肥厚性瘢痕やケロイドが現れてしまいます。痛みや痒みを伴うことも。

 

・Ⅲ度火傷・・・患部の水ぶくれが取れて、黄色や黒っぽくなった状態。傷跡が目立つようになり、痛痒い症状を引き起こします。

 

 

火傷した部分が黒くただれてしまっている場合や、体の3分の1ほどにまで火傷を負ってしまった場合には、自宅だけでの治療は困難です。応急処置をすると同時に、直ちに119番で救急要請をしましょう。

 

(photo by: http://www.ashinari.com/2012/08/21-367506.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

子どもが急に倒れてしまう原因のひとつ チック症

        子どもが急に倒れる原因として考えられることは、脳溢血や心血管障...

子どもの熱性痙攣、絶対してはいけない事とは?知っておけばパニックにならない!

    お子さんが高熱の場合に、おこしてしまう症状として、熱性痙攣があります...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る