カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. やけど >
  5. 子どもを守ろう!家の中にあるやけど危険ポイント!その予防法とは?

育児・子供の病気

子どもを守ろう!家の中にあるやけど危険ポイント!その予防法とは?

 

お父さんやお母さんが思っている場所でなくても、お子さんはやけどを起こしてしまうケースがあります。「うちの子は解っているから大丈夫」と思っている親御さんや、「うちは危ないものは置いてないから平気だ」という親御さんも、今一度、おうちの中の危険個所をチェックしてみましょう。

 

 

◆ポットには要注意

皆さんのご自宅で、ポットは使われていますでしょうか?ポットが原因となる火傷被害は5歳以下のお子さんに多く見られており、100人中80人ポットが原因と言えるほど、とても被害数が多いものです。ワンタッチ式ポット(押せばすぐにお湯が出る)は特に危険です。

 

ロックをかけていたとしても、ロックの解除方法さえお子さんが覚えてしまえば、ロックの存在も全くの無意味です。お子さんの手が届かない場所や、お子さんが立ち入らない場所に設置するようにしましょう。

 

◆マッチ、タバコに要注意

ご自宅で、おタバコを吸われる方がいる場合には注意をしてください。タバコを吸うために使用したマッチなどをテーブルに置いておくことで、思わぬ事故に繋がってしまうケースがあります。

 

また、使用後のマッチをすぐお子さんが触ってしまったり、タバコそのものにも、ちゃんと火を消せていないのにも関わらずテーブルにおいておくと、お子さんが誤って触ってしまい火傷をしてしまいます。

 

喫煙される方はマナーを守って、お子さんにやけどの被害がおこらないように注意をしなければなりません。

 

◆電気コードに要注意

歯の生え始めのお子さんや、何でも口に入れたがる月齢のお子さんにとって、電気コードは、遊び道具の1つになってしまいます。何も知らず、電気コードを口に入れて噛んでしまったりすると、大変危険です。

 

電流による火傷は、とても恐ろしいもので、感電する恐れなども出てきてしまいます。家の中で不要なコードは束ねて片付けておいたり、使用しないものは、お子さんの手の届かない場所におくなどして工夫が必要です。

 

◆調理道具にご注意を!

お子さんは、おままごとのような遊びを好みます。特に、ママがしている料理の真似などは、どのお子さんでも必ずと言っていいほど、真似をしたがります。そこで危険なのは、実際の料理器具です。

 

フライパンやお鍋など、まだ余熱で熱いということを知らず、触ってしまったり、中にお味噌汁などが入っていることを知らず、ひっくり返して体にかかってしまったりと、大変危険です。お子さんは興味があって手にとってしまいますが、熱い・中に料理が入っている・危険などという感覚は、お子さんにはまだまだ身についていません。

 

ママが十分配慮をし、絶対に手のとどかない場所へ置いておきましょう。ガスコンロなども要注意です。ガスの元栓は毎度必ず締めるようにしましょう。

 

 

お子さんにとって、家にある危険物は、まだまだ認識できないものです。また、触ると危ないという危機感も、好奇心には勝てません。お子さんのやけどを防ぐためには、親御さんがしっかりと予防をすることで、防げるのです。是非、おうちの中の物を今一度見直してみましょう

 

(photo by://www.ashinari.com/2010/12/13-344057.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

やけどに関する記事

【乳児の育児体験談】スープを頭からかぶって火傷させた(泣)

    1歳4か月。子供が歩き始めて動きも活発になった頃に、 スープを頭からか...

やけど治療の新旧~湿潤療法とは?

  子どもは知らないところで怪我をしてきたり、気をつけていてもふとしたことで傷が...

やけどの体験談

子供のやけど・けが~応急処置について~

お子さんが火傷やけがをしてしまったら・・ どのように対処すればよいのでしょうか? 1番大切な...

生後6ヶ月◇子供のやけど

目を離していないつもりでも、危険はつきものです。上の子に気をとられていた数秒の間に事故が起こりました...

カラダノートひろば

やけどの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る