カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 骨折・脱臼 >
  5. 子どもが骨折してしまった!親が出来る自宅での療養ポイントとは?

育児・子供の病気

子どもが骨折してしまった!親が出来る自宅での療養ポイントとは?

 

お子さんが骨折した場合、移動や食事、入浴でも、サポートが必要になります。

親御さんは、お子さんの身の回りのサポートに精一杯かもしれませんが、じつは、自宅での療養の際、お子さんのサポート以上に、親御さんが気をつけなければならない療法のポイントがあります。

どのようなものなのでしょうか?

 

 

◆家の中をバリアフリー状態に!

お子さんが万が一、何かにつまずいて転んでしまい、ギプスをしている個所を強く強打してしまったら…お子さんが転んだはずみに、自分の身を守れず頭などを強打してしまったらそんな危険性を減らすために、お子さんが病院から自宅へ戻ってくる前に、できるだけ家の中に余計な障害を作らないようにましょう。

 

お子さんにとっては、小さな障害も命取りになってしまう状態にあります。床だけでなく、階段やお風呂、脱衣所、玄関などもしっかりチェックしましょう。

 

◆ママやパパは禁煙生活!

タバコの煙の中には、骨の癒合阻止してしまう効果がある成分が含まれています。主流煙を吸う大人よりも、副流煙を吸うお子さんのほうが、体に大きな影響を受けてしまいます。

 

これは、お子さんが骨折した場合に限らず、普段の生活であっても、お子さんにタバコの煙を吸わせることは避けるべきですが、万が一家族の中にタバコを吸う人がいる場合には、自宅内では禁煙生活です。外に出て吸うなり、吸うタイミングや場所を考えましょう。

 

◆上質な睡眠時間を

お子さんの骨折を早く治すためには、質の良い睡眠をすることが大切です。睡眠という時間は体の回復時間でもあります。体の機能を休ませ、治癒力を高め免疫力も高める大切な時間です。

 

良い睡眠を促すためには、お子さんがリラックス出来る空間を作ることが大切です。音楽を聴きながら眠ることが好きなお子さんは、音楽を聴かせましょう。時には、アロマなどを使って深い眠りに入眠させることも効果的です。

夜更かしや、無理な体勢で寝かせないようにしましょう。

 

骨折は、ちゃんとギプスをつけ、医師の指示通りに生活をすれば、じきに治る症状です。お子さんの心と体のサポートができるのは、身近にいる家族だけです。

 

お子さんにとって体が自由に動かせないことはストレスになってしまうかもしれません。上手にストレス発散をさせながら、お子さんの心のケアも行いましょう。

 

(photo by:  //www.ashinari.com/2012/08/28-368137.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨折・脱臼に関する記事

気づいてあげて!わかりにくい子どもの骨折

子どもは激しい遊びをしても、大人と違って骨折しにくいという印象があるかもしれ...

先天性股関節脱臼の対策に!赤ちゃんの股関節によいこととは?

    先天性股関節脱臼には、生後何らかの原因があって発症することが多くあり...

骨折・脱臼の体験談

ちゅうないしょう…、初めて聞きました。【その2】

日曜日の夜、おそらく脱臼したであろう息子を抱えて病院へ行くことになりました。 息子はタクシーが...

ちゅうないしょう…、初めて聞きました。【その1】

日曜日の夕方。 夕飯の支度をしている私、リビングで息子と遊ぶ夫。 いつもの風景でした。 し...

カラダノートひろば

骨折・脱臼の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る