カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. ムカデ >
  6. ムカデに刺されてしまったときの対処法 ムカデの発生を予防するためには?

育児・子供の病気

ムカデに刺されてしまったときの対処法 ムカデの発生を予防するためには?

外だけでなく、おうちの中にいても刺される危険性がある虫の中に【ムカデ】の存在があります。皆さん、一度はご自宅でムカデを見たことがあると思いますが、ムカデは猛毒の虫です。

 

ムカデに刺されてしまった場合には、どのように対処すべきなのでしょうか?

 

ムカデに刺されたときの対処法とは?

ムカデに刺されてしまった場合には早急に患部から毒を抜きましょう。

 

患部を指で指圧するなり、専用の毒抜き(蜂などの刺され傷にも使用可)で毒を抜きます。

 

次に、石鹸で患部をしっかり洗いましょう。ムカデの毒は酸性で、石鹸の成分はアルカリ性です。

 

石鹸を使用することによってムカデの毒が中和され、患部の悪化を防ぐ効果があります。

 

とにかく皮膚科へ

ムカデの毒は、大人であっても怖いものです。それがお子さんとなれば尚更大変です。

 

応急処置ができたら、すぐに病院へ行きましょう。

 

翌日、腫れてしまったときなどの対処法も聞いておくと良いでしょう。

 

ムカデの発生を予防するためには?

自然の生き物なので、なかなか発生を予防することは難しいかもしれません。

 

しかし、家の中で発生させないためにそれなりの対処をすることが出来ます。

 

以下のような方法を試してみてください。

 

・家の周りに殺虫剤をまく

・空気の入れ替えをして湿気をこもらせない

・室内でバルサンなどを焚く

・室内だけでなく床下にも風通しと殺虫剤を

・ムカデが好む場所を作らないこと

 

ムカデが好む場所とは?

ムカデが好む場所というものは、狭く・湿気が多く・暗い場所だとされています。また、捕食する対象の餌があることです。

 

ムカデはよく「1匹みるとつがいがいる」と言いますが、ムカデはつがいで行動することはなく、基本的には単独行動です。

 

しかし、ムカデが好みやすい環境を作ってしまうことによって、そこにムカデが集まってきてしまいます。

 

 

まずは、ムカデが好む場所を作らないことが大切です。

 

絶対的な予防法がないのですが、お子さんを守るためには、出来るだけ子どもの肌を露出させない服を着せましょう。

 

 

そして、ご家庭ではムカデが好むような場所を作らないよう心がけ、出来るだけ物を置かないこと、風通しをすることを心がけましょう。 

(photo by: //www.ashinari.com/ )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-11-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

ムカデの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る