カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. 実はあまり知らない…“人を刺す虫”はどんな虫?

育児・子供の病気

実はあまり知らない…“人を刺す虫”はどんな虫?

 

人は、年間季節問わず虫に刺されてしまいますが、中でも夏場や過ごしやすい季節の春・秋に刺されることが多いです。

 

人を刺す虫ときくと、何を思い浮かべますか?ハチや蚊、ムカデ・・・などが浮かぶかもしれませんが、実はそれだけではありません。

人を刺す虫を調べ、その対処法などをあげてみました。

 

 

◆なぜ虫は人を刺すの?

人間が何かをしたわけではないのに、刺してくる虫もいれば、もちろん、人間が駆除などをしようと攻撃することで、敵だと認識させてしまい、襲ってくる虫もいます。

虫自身も防御本能として、人を襲うことがありますが、蚊などは、人間の血液が栄養になるため、血液欲しさに刺す生物ですよね。

虫の中には、人間の皮膚・毛穴からでる汗の匂いや、呼吸などに含まれる炭酸ガス体温の高さなどから、獲物だと判別し襲ってくるものも。

お子さんの場合、大人よりも体温が高いので、狙われやすい傾向にあります。

 

◆人を刺す虫とは?

人を刺す虫とはどのような生物がいるのでしょうか?あげてみましょう。

 

【刺されると痛みを感じてしまう虫・生物】

・ハチ

・ムカデ

・アリ

・クラゲ

・ハネカクシ

 

【刺されると痒みを感じてしまう虫・生物】

・毛虫

・蚊

・ブヨ

・ダニ

・毒蛾

・ノミ

 

◆月齢の低い子が刺されてしまった場合には?

生後数ヶ月という月齢の低いお子さんがさされた場合には、注意が必要です。

蚊などの、特に害がないような虫に刺されてしまった場合には、その月齢の子が使える成分の軟膏市販されていることもありますし、皮膚科で薬をもらうでも良いので、自宅で様子をみることができます。

 

しかし、ハチやムカデといった毒をもつ生物に刺されてしまった場合には、とにかく急いで病院へ行きましょう!

 

刺される虫・生物によっては、さされてすぐ症状がでず、数時間経ったときにお子さんの容態の変化に気付くということもあります。

虫に刺されてしまった場合は、適切な対処をし、病院で処置をしてもらったとしても、数日の間はお子さんの行動や様子を注意深く見ているようにしましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2012/09/18-370094.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫刺されたに関する記事

虫に刺されてかゆい・・・こんな症状のときどうする?

  外で遊ぶ子供は外にいる虫に刺されることがありますし、家の中にいるときでも家...

虫によって違う!夏の外出のために知っておきたい『虫に刺されやすい部位』

  蚊やブヨなどさまざまな虫が人間の肌を刺そうとしてきますが、どんな場所が刺され...

虫刺されたの体験談

虫刺されのあと

長女は身体が弱いということではないのですが、肌は冬は乾燥、夏はあせもで荒れてしまって、アトピーの疑い...

生後4カ月の虫刺され~ヤマヒルに噛まれた話~

生後4ヶ月の頃、ヤマヒルに噛まれました。普通では、めったにありえないことだと思います^^; そ...

カラダノートひろば

虫刺されたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る