カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 急に倒れた >
  5. 子どもが倒れた!熱中症に潜む危険性とは?

育児・子供の病気

子どもが倒れた!熱中症に潜む危険性とは?

 

夏の暑い日、毎年のように報道される熱中症のニュース・・・子どもを持つ親にとっては他人事ではありません。

熱中症になってしまいそうなほどの高い温度の中でも、お子さんは元気いっぱいに遊びますが、今まで元気よく遊んでいたお子さんが、急に倒れてしまったというケースも!

そんな熱中症に潜む危険性を調べてみましょう。

 

◆熱中症とは?

人間の体とは、気温にあわせて、体が耐えられるようにを出し、体温があがらないようにおさえる機能が備わっています。体温があがらないように抑える時、体内から消費されてしまうものは水分と塩分です。

 

この水分と塩分が足りなくなってしまうと、脱水症状になってしまい、体の体温調節機能が上手に機能しなくなります。

また、頭痛・眩暈などの症状がおき、バタン!と倒れてしまうという結果を引き起こしてしまいます。

 

◆熱中症によって倒れてしまった時の応急処置とは?

お子さんが熱中症で倒れてしまった場合には、まず、涼しい場所へつれて行きます

本人が歩けないようであれば抱きかかえて、涼しい場所へ移動しましょう。

 

衣類をゆるめ(首元やズボンの紐など圧迫させている個所全て)水分補給をさせましょう。少しずつでいいので、少量を回数多く飲ませます。様子をみて、小児科へつれて行きましょう。

 

◆熱中症の予防法とは?

【小まめに水分をとり、休憩をしっかりとること!】

お子さんは遊びに夢中になり、自分自身でも体調の変化に気付きません。水分なども、摂らなければならないという事すら忘れてしまいます。

 

喉がかわいた時には、すでに脱水症状寸前の状態です。喉が渇いていなくても、小まめに水分補給をするようにしましょう。水分は塩分を含んだスポーツドリンクなどがおすすめです。

 

【気温が高い時は、外遊びを控えよう!】

気温が35度以上の時には、できるだけ、おうちの中で遊びましょう

または、おうちの側で、日陰がある場所で遊ぶようにするなどの工夫が必要です。スポーツなどをする場合には、特に外の温度には注意しましょう。

 

熱中症は25度ほどの気温であっても起してしまいます。

帽子や水筒を持参したとしても、危険はつきものなので、気温が高い場合には、おうちの中や、室内で遊ぶようにしましょう。

 

【風通しのよい、吸水性のある衣類を着ること!】

夏場に、厚手の服を着ることは禁物です。体内温度を下げるためには、放出した熱を閉じ込めないような衣類を選ぶ事が大切です。

また、汗をかいてしまった場合には、冷えて風邪をひかないように、着替えを数枚持ち歩くようにしましょう。

 

お子さんは思いのまま遊び続けます。遊んでいる最中には気持ちが張っているため、熱中症のことなど考えず、体調の変化にも気付きませんが、帰るころや、ちょっとした休憩をとっているときなどのリラックスしている状態の時に、フラフラして、倒れてしまうということも。

予防の方法を知って、夏場には熱中症にならないように注意しましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2013/08/14-380892.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急に倒れたに関する記事

落ち着いた対応を!子供が急に倒れた際の対処法 ●●な場合はどうすればいい?

子供が突然失神、倒れてしまうと親としてもショックでパニックになってしまう人も...

暑い夏には要注意!子供が熱中症になった場合の注意点

子供が急に倒れてしまう原因として熱中症があります。熱中症は命の危険もあるため...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

急に倒れたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る