カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 糖尿病の「初期治療」を成功させる3つのポイント

生活習慣病

糖尿病の「初期治療」を成功させる3つのポイント

 


糖尿病は、初期の段階で適切な治療を受ければ、

改善することのできる病気です。

しかし、それには、多くの場合、

「食事管理」「運動管理」「薬の管理」という3つの障害が

立ちはだかります。逆にいえば、この3つの障害を乗り越え、

解決することが、早期治療の課題と言えるでしょう。



1. 糖尿病を管理する栄養のプロの病院を探そう

「食事療法が大切なのはわかっているが、

どのようにしたらよいのかわからない」――、こうした患者さんが

実はとても多いのではないでしょうか。

 

食事療法の基本は、

①摂取エネルギーを見直す

②栄養バランスを考える

③3食規則正しく食べる

といわれますが、たとえば「野菜→おかず→主食の順に食べると

血糖値が上がりにくい」というように、より具体的なアドバイスができる専門家が少ないのが現状です。これから病院選びをする場合は、

「自宅へ戻ってからどのようにすればよいのか」をアドバイスできる

管理栄養士などの栄養の専門家がいる病院を見つけることが

ポイントです。



2. エビデンスに基づく運動プログラムを取り入れよう

運動についても同じことですが、現状では、的確なアドバイスを行える病院は限られています。たとえば内臓脂肪の蓄積を解消するため、

「1カ月に3kgやせる」といった目標を立てる患者さんをよく見かけますが、具体的に何をどれだけ行うかの設定がないために、

達成できないケースが多いのが現状です。

 

そこで、運動療法を成功させるためには、まずは毎日体重を測って

グラフ化するところからはじめてみましょう。

次に、ウォーキングや水泳といった有酸素運動を習慣として

15~30分行うことが大切です。というのも、

運動による効果は3日以内には低下し

1週間でほとんどなくなってしまうためで、

続けることに意味があるのです。

 

このように、科学的実証のあるプログラムを実践している病院

理学療法士などの専門家のいる病院を探してみるのも

ひとつの方法です。

 


3. 糖尿病の専門医がいる病院に通おう

日本糖尿病学会報告によれば、

2011年11月20日現在の糖尿病専門医は、4221人。

それに対し、日本の糖尿病患者数は、約2,210万人で、

年々増え続けているといわれています。

糖尿病の薬はいったん飲み始めたら、ずっと飲み続けなければなりません。

 

さらに、病気の進行具合によっても変えていく必要があるのです。

できれば、糖尿病に関する最新の専門知識をもち、経験も豊富で、

合併症などの病状にも対応できる専門医のいる病院を見つけることがベストです。

 

 

糖尿病は、長期にわたって治療を行う必要のある病気ですから、専門医を探し、指導を仰ぐのも、覚悟のうちかもしれません。

 

 

(Photo by //www.flickr.com/photos/contri/5721046844)

著者: 宮子さん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

妊娠中の糖尿病治療!妊娠前と何が違う?注射による治療と経口治療について

糖尿病になる可能性は妊娠中にもあります。妊娠中に糖尿病になってしまった場合、...

糖尿病治療での血糖コントロールの変化とは?厳密すぎる血糖コントロールは死亡の可能性がある

 糖尿病治療と言えば、厳密な血糖コントロールでした。ですがここ数年で、それが緩や...


糖尿病患者は断食をしてもいい?してはダメ?断食に伴うリスクを知っておこう

   糖尿病患者の方は、ダイエットが課題になっている方も多いでしょう。ダイエッ...

一生続けなければ意味がない、糖尿病治療!画期的な新薬「DDR-4阻害剤」知ってますか?

  糖尿病を甘く見ているととんでもないことになる理由のひとつが、 その治療費で...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る