カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 腰痛 >
  5. 温めてリラックス~つわり時の腰痛の原因と改善法!

妊娠・出産

温めてリラックス~つわり時の腰痛の原因と改善法!

妊娠中の腰痛といえば、妊娠後期に大きなおなかが負担になって起こるイメージがあります。

しかし、妊娠初期のつわりの時期にも腰痛は起こります。

主な原因と、つわり中でもできる対策をまとめました。

 

つわり時の腰痛の原因

ホルモンと姿勢

妊娠すると出産に向けて体の準備をするため、骨盤を緩める作用をもつホルモンが分泌されます。

骨盤が安定すれば自然と腰痛が治まるケースが大部分です。

 

ホルモンの変化以外では、姿勢にも一因があるかもしれません。

つわりがひどく、1日中ベッドやソファーで横になって過ごしているなら、腰痛になる可能性が高いでしょう。

同じ体勢を取りつづけているため、腰に負担がかかっています。

 

運動不足による血行不良も腰痛を悪化させます。

胃痛、吐き気が強く、前かがみでお腹をかばうような体勢、体に力が入っている状態が続いても腰痛を引き起こします。

 

つわり時の腰痛の対処法

運動ができないなら家の中で体を動かす

姿勢に問題があって起こる腰痛では、ウォーキングなどの軽い運動が血行を促進して痛みを緩和できます。

しかし、つわりがひどく運動ができないケースも多いでしょう。

 

家の中で歩き回る、軽い家事をこなすだけでも違います。

どうしても起き上がれないなら、小まめに寝返りをうったり、抱き枕などを使って負担を分散させましょう。

 

温めて血行改善

運動ができなくても血行を改善する方法はあります。

ベッドに小さな湯たんぽを入れると効果的です。

足元と腰の近くに小さな湯たんぽを1つずつ置くと、こわばった筋肉がほぐれていくのを感じられます(低温やけどにご注意ください)。

 

絹や綿製の薄い靴下を何枚も重ね履きするのもおすすめです。

通気性・吸湿性が高い天然素材なら、履いたまま寝ても蒸れません。

 

ふくらはぎを温めると全身の血液の循環が良くなります。

足浴やレッグウォーマーで積極的に温めましょう。

 

腰痛軽減のための歩き方

この3点を意識します。

・拇指丘(親指の付け根のふくらんでいるところ)

・かかと

・おへその少し下の丹田(ツボ)

 

お腹のふくらみと共に毎日のように変化する重心。

この重心の変化に合わせようとして、体のあちこちに変な力が入ってしまいます。

妊婦さんがおなかを突き出して、腰を反る姿勢だと、腰を痛めてしまうことも多いでしょう。

 

拇指丘とかかと、丹田を意識すると体の中心が分かります。

重心が安定するので、腰や膝への負担がぐっと減ります。

自然と背筋が伸びて、妊娠中でもきれいな姿勢になります。

 

その上、内転筋といった足の内側の筋肉を使えるようになるので、骨盤が広がりすぎることを防ぎ、余計な脂肪も付きにくいので、体型維持にもつながります。

 

妊婦さんだけでなく産後ママも、この3点を意識した立ち方、歩き方で腰痛を防ぐことができます。

腰痛改善に良いことは、妊娠中の健康維持にも役立ちます。

楽になる方法を探してみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/02/06-357138.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

腰痛軽減のための歩き方

腰痛軽減のための歩き方・拇指丘(親指の付け根のふくらんでいるところ)・かかと・お...

つわりによる頭痛の対処法

  つわりによる頭痛の対処法 吐き気、食べつわり、強い眠気以外にも、頭痛のつわ...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る