カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 腰痛 >
  5. つわりの時期でも大丈夫!妊婦向け腰痛サポーター5タイプ

妊娠・出産

つわりの時期でも大丈夫!妊婦向け腰痛サポーター5タイプ

つわりの時期にやってくる、つらい腰痛。それでもずっと寝ているわけにもいかない人が多いでしょう。そんな時に役立つのが、腰痛サポーターです。

「妊娠中にサポーターを使って大丈夫?」と心配かもしれませんが、正しく使えば大丈夫。今回は妊婦向けの腰痛サポーターについて紹介します。

 

なぜ妊娠すると腰痛が起こるの?

妊婦さんのマイナートラブルで、よくあげられる腰痛。大きなお腹になると支える分、腰痛がありそうですよね。しかし、まだお腹のふくらみが顕著ではない妊娠初期、つわりの頃から腰痛が起きる方も。

 

「リラキシン」が一因

それには、妊娠すると分泌が促される「リラキシン」が関係しています。

リラキシンとは、卵巣から分泌され、胎児のいる子宮を弛緩させたり、恥骨結合や靭帯を緩めたりする働きをするホルモンのこと。恥骨結合が緩まると骨盤も緩まってきます。

 

そのため、骨盤は妊娠初期、つわりの時期からから少しずつ緩み始め、広がっていくのです。しかし、骨盤のゆるみで腰の負担が増え、血行不良が起きてしまったり、骨盤がゆがんだ状態で広がってしまったりすると、腰痛を引き起こすことに。

 

骨盤のゆるみはサポーターでカバー

妊娠初期からおこる骨盤のゆるみ。それが腰痛の原因になるため、緩んで不安定な骨盤を支える必要があります。

そんな不安定な骨盤をしっかりと支えてくれるサポーターを着用しましょう。

 

また骨盤がゆがんだ状態で出産すると、難産になる可能性もありますので、妊娠初期からしっかりとケアしておくことが大切です。

 

【体験談Pick Up】マイナートラブルが産後も続くことも

投稿者:きらきらママさん

大体のマイナートラブルが出産したら、治まると言われていますが、私の場合、恥骨痛だけ産後もずっと続いています。 (股関節の痛みはなくなりました!) といっても、常に痛いわけではなく、なぜか生理1日目と2日目に決まって痛くなります。

産後も骨盤が緩んだ状態だからでしょうか。 妊娠時ほどの痛みではありませんが、たまにズキーンと刺すような痛みが来るので びっくりしてしまいます。 やはり、骨盤をしっかりと矯正しないとダメですね。 現在妊娠中で、恥骨や、骨盤周りに痛みが出ている方は、妊娠中からの骨盤ベルトと、産後の骨盤矯正おススメします! (一部抜粋)

 

サポーターは妊婦向けのものを

サポーターを使う時に心配なのが、「お腹を締め付けて赤ちゃんに影響が出るのでは?」という点ではないでしょうか。

 

妊婦向けではないものは避けましょう

妊婦向けではないコルセットなどのサポーターは、腰を強く締め上げてしまうものがあり、妊婦には適しません。

またお腹のふくらみを考慮していない設計のため、お腹に負担がかかる上、つわりによる吐き気や胃痛が悪化する可能性もあります。

使うなら妊婦向けのサポーターを 

その点、妊婦向けのサポーターはお腹のふくらみを考慮された設計。ホルモンの影響で緩みがちな骨盤を、やさしくサポートしてくれます。こういったことから、サポーターは妊婦向けのものを選んで下さいね。

 

サポーターの5つのタイプとは?

妊婦用のサポーターには、いくつか種類があります。

お腹の大きさや、ライフスタイルなど、自分に合うものを選びたいという方は、参考にしてみてください。

 

1.さらし布(岩田帯)タイプ

長くて白いさらし布で、古くから親しまれてきたもの。戌の日の安産祈願の際に購入する、もしくは神社からお授けでいただくこともあります。

融通のきくタイプのサポーターですが、巻き方にコツが必要でうまく巻けないと、かえって腰に負担がかかる可能性も。そのため、使い慣れていない方には不向きかもしれません。

 

2.腹巻きタイプ

つわりの時期なら、腹巻きタイプの腹帯もオススメ。保温性があるものも多いので、腰を冷えから守ってくれます。

妊婦用の腹巻ですので、伸縮性のある素材でお腹の大きさに合わせてフィットし、お腹や腰に圧迫感がありません。寝ている間に着用するのもよいでしょう。

 

3.ガードルタイプ

ガードルと一体化したタイプのサポーターです。お腹や腰をすっぽりと包むタイプが多く、腹巻きタイプよりお腹を支える効果があるため、より腰への負担を軽減してくれます。

腹巻きと同じように専用設計のものですので、通常のガードルよりも伸縮性があり、圧迫感を感じません。

腹巻と違い、動いてもずれにくいので、外出や通勤するときの着用がオススメ。

 

4.サポートベルトタイプ

つわりの時期以降の、どんどん大きくなるお腹のサポートには、腹巻きタイプだと物足りない場合もあります。

そういう方は、自分で締め具合を調節できるサポートベルトタイプがいいかもしれません。

ちなみに、腹巻きタイプやガードルタイプの上にサポートベルトを着けることで、さらにしっかりとお腹を支えることができます。

 

5.骨盤ベルトタイプ

妊娠初期からから産後すぐに使えるものが多い、ベルトタイプのものです。

やさしい固定力で、妊娠に伴って緩んでいく骨盤をしっかりと支えてくれます。特に腰痛や恥骨痛への効果が期待でき、さらに早産や逆子防止にも効果が。

産後は産褥ベルトとして使用することができ、骨盤を引き締めて元に戻す効果が期待できるでしょう。

 

自分にあったサイズを選ぼう

サイズがあっていないサポーターを着用すると、妊婦さん自身はもちろんのこと、お腹の赤ちゃんにも負担がかかってしまいます。

また、夏は通気性が良いメッシュ素材や天然素材のものなど、季節に合ったものを選ぶのもポイントです。季節やお腹の大きさに合わせて2~3種類を、時期によって使い分けましょう。

 

痛くなる前に早めにサポーターを活用!

つわりの時期の腰痛を我慢していると、腰への負担が大きくなる妊娠後期、出産後に悪化する恐れがあります。

便利な妊婦向けサポーターを早めに取り入れ、腰痛がクセにならないよう対処してくださいね。 

 (Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

もしかしてお腹の重さが原因?妊娠後期の腰痛

妊娠も後期にさしかかってくると、お腹が大きくなりだいぶ重さを感じるようになってき...

筋トレで腰痛対策を!また妊婦はなぜ骨盤底筋を鍛えた方がいいの?!

妊娠すると、腰痛の症状が出てくる妊婦さんが多くいます。その腰痛は筋肉にアプローチ...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る