カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 腰痛 >
  5. つわりの時期でも大丈夫!妊婦向け腰痛サポーター

妊娠・出産

つわりの時期でも大丈夫!妊婦向け腰痛サポーター

 

つわりの時期にやってくる、つらい腰痛。それでもずっと寝ているわけにもいかない人が多いでしょう。そんな時に役立つのが、腰痛サポーターです。「妊娠中にサポーターを使って大丈夫?」と心配かもしれませんが、正しく使えば大丈夫です。

 

 

妊婦向けのものを選びましょう

サポーターを使う時に心配なのが、「お腹を締め付けて赤ちゃんに影響が出るのでは?」という点でしょう。妊婦向けに作られたサポーターなら、安心して使えます。「妊婦帯」「妊婦用ベルト」として売っているものがお勧めです。大部分が妊娠初期から使えます。

ふつうのコルセットなどは、腰を強く締め上げるものもあります。お腹に負担がかかりますし、つわりによる吐き気や胃痛が悪化する可能性もあります。

妊婦向けサポーターは、ホルモンの影響で緩みがちな骨盤を優しくサポートし、腰への負担を分散するのに役立ちます。

 

 

体に優しいサポーター

腰痛の一因は血行不良ですから、締め付けがきついサポーターは逆効果です。面テープなどで巻き付け、サイズ調整が可能なサポーターが良いでしょう。腹巻のようにストレッチ性がある素材の妊婦帯は、保温性も抜群です。お腹を圧迫することなく、腰の冷えを防ぎます。

通気性が良いメッシュ素材、天然素材のものなら、夏でも快適。アウターに響かない薄手のサポーターも増え、外出時の着用も安心です。

腰痛の症状が軽いなら、サポート力がある下着でも良いでしょう。妊婦向けガードルの中には、お腹や腰をすっぽり包むようにサポートするタイプがあります。

 

 

締め付け感が無く、冷え予防になるサポーターがお勧めです。

腰痛を我慢していると、腰への負担が大きくなる妊娠後期、出産後に悪化する恐れがあります。便利な妊婦向けサポーターを早めに取り入れ、腰痛がクセにならないよう対処してください。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/10/30-372364.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

お腹の重さが原因?妊娠後期の腰痛

  妊娠も後期にさしかかってくると、お腹が大きくなりだいぶ重さを感じるようにな...

温めてリラックス~つわり時の腰痛の原因と改善法!

妊娠中の腰痛といえば、妊娠後期に大きなおなかが負担になって起こるイメージがあ...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る