カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 健診・検査内容 >
  4. 子どもの具合が悪そうだけど、こんな症状は何科に行けばいいの?子どもの病院で迷ったらまずは小児科へ!

育児・子供の病気

子どもの具合が悪そうだけど、こんな症状は何科に行けばいいの?子どもの病院で迷ったらまずは小児科へ!

 子どもが急に体調を崩した時、何科を受診したら良いかが分からずに焦った経験はありませんか?

 

そういう場合は、とりあえず小児科を受診しましょう。小児科の概要をまとめました。

 

子どもを総合的に診るのが「小児科」

小児科の診察範囲は、新生児から中学卒業の15歳ごろまでが一般的です。中には18歳まで対応している病院もあります。

 

子どもの頃に発病して成人後も継続的に治療・観察が必要な病気なら、大人になっても診察を受けられるケースもあります。皮膚疾患、消化器疾患など全てが小児科に含まれます。

 

ですので、まずは小児科の受診をお勧めします。けれども骨折、打撲などの外傷なら、小児科でなくても良いでしょう。

 

子どもならではの症状をみます

成長途上にある子どもの体は、同じ病気でも大人とは違う症状であらわれることがあります。

子どもが罹患しやすい病気もあるので、やはり子どもを専門に診る小児科へ行きましょう。

 

怖がったり泣いたりして、スムーズに診察を受けられない乳幼児でも、小児科なら対応に慣れているので安心です。

 

外見からは判断できない病気もあります

たとえば皮膚に発疹があるとします。慌てて皮膚科へ駆け込みがちですが、皮膚の病気で発疹が出たとは限りません。

子どもに多い溶連菌感染症、川崎病でも発疹があります。食物などのアレルギーかもしれません。

 

何が原因になっているか分からない症状は多いものです。自己判断で診療科を選ばず、小児科へ行きましょう。

 

必要なら別の病院を紹介してもらえます

小児科で診察を受けてより高度な治療が必要になったり、その病院では対応できない場合は、他の病院を紹介してもらえるので心配はいりません。

 

小児科のかかりつけ医があると、いざという時も慌てずに済みます。いつでも受診できるよう、通いやすい小児科を探しておきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/04/17-017204.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健診・検査内容に関する記事

乳歯の虫歯は永久歯にも影響!こまめな健診と早めの治療が必須

 子供でも虫歯になる可能性はゼロではありません。虫歯菌は生後1歳半くらいから...

かかりつけ医とかかりつけ薬局って便利!子供の風邪や怪我の対処

ちょっとした風邪から、健康状態の把握まで、様々なアドバイスをしてくれる地域の...

健診・検査内容の体験談

順調に成長してるかな??生後4ヶ月健診!

生後3ヶ月の誕生日から5ヶ月になる前日までに4ヶ月健診があります(地域によっては3ヶ月健診と呼ぶ場合...

黄疸ってどれくらいでとれるの??母乳だと遅いってホント?

うちの子が体験した黄疸の症状と原因についてです。黄疸がきつく出てる??出産後の検査で引っかかる程の黄...

カラダノートひろば

健診・検査内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る