カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 各種制度 >
  4. 病院にかかる費用がかさんで家計が心配…知っておきたい子どもの医療保険

育児・子供の病気

病院にかかる費用がかさんで家計が心配…知っておきたい子どもの医療保険

子どものケガや病気に備え、民間の子ども向け医療保険に加入しようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

子どもの医療保険は加入が必要なのか、どんな保険を選べば良いのかをまとめました。

 

国や自治体の医療費補助も受けられる

子どもがケガや病気で医療費が必要になった場合、まずは国や自治体の公的な医療費補助を利用できます。

たとえば健康保険、乳幼児医療費助成制度、義務教育就学児医療費助成制度などです。

これらの制度でも2~3割の自己負担の一部、または全額が助成されます。

 

自治体によっては、所得制限なしで小学生や中学生までにかかる医療費が原則無料の場合もあります。

医療費補助が手厚い自治体なら、多額の医療費が発生するケースはまれだといえます。

 

加入するなら何をポイントに選ぶか

万が一に備え、やはり子ども向け医療保険に加入しておきたいと考えるなら、「使える」「無駄が少ない」保険を選びましょう。

持病がある場合を除き、子どもが入院して長期間医療費が必要になる確率は高くありません。

 

そこで、掛け金が安く済ませられる共済がお勧めです。

県民共済・都民共済などは1ヶ月1000円程度の掛け金です。

掛け金は安くても、きちんと最低限の保証がついているかは確認を忘れずに。

 

子ども向け医療保険の中には、18歳以降も継続できるタイプがあります。

終身保険として考えれば、掛け金も無駄ではありません。

 

家計のバランスを考えて

掛け金が発生する医療保険は、家計への負担を考慮しましょう。

子どもではなく親の医療保険を充実させた方が良いケースもあります。

医療保険に加入した場合の安心感と、月々の負担を考えあわせてください。

 

もし加入するなら、公的助成が受けられなくなる年齢からがお勧めです。

まずは自治体の助成内容を調べましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/03-018679.php

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

各種制度に関する記事

最近の法改正によって少し変わった!?育児休暇がとれる条件とは?

赤ちゃんの養育のために育児休暇がとれることは世間的に知られていると思います。...

各自治体の財政状況で変わる?子供の医療費助成…今までの制度との違い

「子ども医療費助成制度」は全国で実施されていますが、自治体によって助成範囲に...

各種制度の体験談

赤ちゃん産んだらやらなきゃ損!確定申告「医療費控除」

確定申告って何?面倒くさい!という方は多いと思います。 私自身働いていたときは会社に任せきりで自分...

新生児期の助産師訪問

多くの自治体でも取り組んでいるのかもしれませんが、私の住む自治体では、初産の母親を対象に生後一か月を...

カラダノートひろば

各種制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る