カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 頼れる助っ人、病児保育!病気の子どもを預けられる施設

育児・子供の病気

頼れる助っ人、病児保育!病気の子どもを預けられる施設

 

共働きの家庭にとって、子どもの病気は悩みのタネ。両家の実家が遠方なら、父親か母親が仕事を休まなければなりません。水ぼうそうやインフルエンザといった長期療養が必要な病気の場合、仕事にも支障が出るでしょう。そんな時に役立つ、病児保育・病後児保育などを紹介します。

 

病児保育

病気になった子どもを預けられる保育施設です。親が働いていて、ふだんから保育所に通っている子どもを対象にしています。病児保育には規定によって看護師と保育士が各1名以上常駐しています。医療機関に併設されている病児保育もあります。

 

病後児保育

病気は回復期にあるものの、まだ配慮が必要な子どもを預かる保育施設です。病気の症状があるうちは病児保育、回復期に入ったら病後児保育と別れている点に注意が必要です。

病児保育で病後児を受け入れているケースもあります。病児なのか、病後児なのかの判断は医師が行います。

 

体調不良時対応型施設

保育所内に専用スペースがあり、体調を崩した子どもが過ごせるようになっています。保育中にこどもが体調を崩しても、そのまま同じ施設内で保育を受け続けられる安心感があります。

 

自治体によって差があります

利用できる子どもの年齢、料金は自治体によって異なります。病児・病後児保育には公費補助があります。国や自治体の公費で運営されています。医師の診断書が利用に必要です。

 

メリット・デメリット

仕事を休まずに済むというのが、最大のメリットでしょう。看護師と保育士というプロにケアしてもらえるのも安心感があります。公費の補助があるため、費用負担も抑えられます。

一方で、施設の数はまだまだ足りません。地域によっては必要な時に利用できないケースもあります。定員が決まっているため、インフルエンザなどが流行する冬期は要注意です。

 

いざという時のため、自宅や勤務先に近い病児・病後児保育をチェックしておきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019878.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

子どもが保育園生活になじめるか不安…入園を考える前におさえておきたい3つのステップ

子供を何らかの理由で保育園に入園させるのは、親としても心配なものです。子供がち...

どこでどのように申し込めば良いの?ベビーシッター派遣について

働くママが多い中、一時的に子供を預かってくれるようなベビーシッターサービスも需...

保育園・施設の体験談

想像より数万倍は大変!!甘く見ちゃいけない保活

9月生まれのわが子。保育園は1歳半になる再来年の4月でもいいかな~?やっぱり1歳までは自分でみたいよ...

乳腺炎で麻酔なしの切開手術!育児中のお母さんの急な病気

お母さんが急な病気になっても困らないように、前もってしておくといいことについて書きたいと思います。お...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る