カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 急に倒れた >
  5. 子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置

育児・子供の病気

子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置

持病がないのに子どもが突然倒れる場合、脳貧血が原因になっていることがあります。

 

脳貧血の基本的な処置をまとめました。

 

脳貧血が疑われる症状

倒れる前にめまい、冷や汗、手足の冷えや悪寒、顔色が青白くなるといった症状があれば、脳貧血の可能性が高いでしょう。脈が遅くなったり弱くなるケースもあります。

 

基本の処置

無理やり体を起こしたりせず、楽な姿勢で横たわらせます。衣服を緩め、クッションや丸めたタオルなどを使って足を高くします。嘔吐をともなうかもしれないため、顔は横向きにして吐しゃ物が詰まらないようにしましょう。

 

倒れてから5~6分で意識がしっかりすることが多いですが、なかなか回復しないなら受診をお勧めします。

 

脳貧血の原因

いわゆる「血(赤血球)が足りない」貧血ではありません。足の静脈が血液を押し上げるのに必要な筋肉の発達、血管の弾力が不十分だと脳に血液が回らなくなって倒れてしまいます。大人になるにつれ、自然と治っていく場合がほとんどです。

 

予防法

脳貧血は一般的な貧血とは違うため、レバーやほうれん草などを食べて予防をすることができません。足の筋肉が未発達で血液を押し上げられないので、体を使ってたくさん遊ばせれば、足に筋力がついて予防になります。血液循環を良くするため、水分補給もしっかりと。夏場は特に注意が必要です。

 

足や血管だけではなく、自律神経も脳貧血に関係するといわれます。自律神経が血圧や脈拍をコントロールしているからです。夜更かしをしていないか、朝食を食べているか、ストレスを溜めていないかなど子どもの生活を見直しましょう。

 

成長とともに起こりにくくなる症状なので、過度の心配は無用です。規則正しい生活をして、体を動かして遊びましょう。

 

頻繁に倒れるようなら、他の原因かもしれないので受診をお勧めします。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急に倒れたに関する記事

泣いた後に倒れることも!こどもの憤怒けいれんの症状や原因、対処法

憤怒けいれんは「泣き入りひきつけ」とも呼ばれます。泣いていたと思ったら、突然...

こどもが突然倒れたら…てんかん発作の応急処置

 子どもが急に倒れる原因の1つに、てんかん発作があります。目の前で子どもがて...

ケガ・応急処置の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

カラダノートひろば

急に倒れたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る