カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. おりもの >
  4. 年代によって変わる、おりものの量

女性のカラダの悩み

年代によって変わる、おりものの量

エストロゲンという女性ホルモンの影響を受けて分泌されるおりものは、生理周期の中で量が変化します。それに加えて、長い目で見ると年代によっても分泌量が変わっていきます。

 

年代ごとのおりものの特徴をまとめました。

 

10代

エストロゲンは初潮の少し前から分泌されはじめ、同時におりものもみられるようになります。下着におりものがつくようになったら、初潮が近いかもしれません。

 

10代はまだホルモンの状態が安定せず、生理周期が不安定な傾向です。おりものの分泌量も、大人のような生理周期にともなった変化があるとは限りません。

 

20代

20代半ばごろは、エストロゲンの分泌や卵巣のはたらきが充実します。おりものの分泌量は多めで、生理周期の中で変化がハッキリ分かります。

 

生物学的には妊娠・出産に適した年代といえます。

 

30代

30代前半にかけては、20代から引き続きエストロゲンの状態が安定しています。おりものも多く、排卵日前の変化も分かりやすいでしょう。

 

35歳以降は、卵巣の機能やエストロゲン分泌の成熟期が後期に入ります。

 

40代

卵巣の機能が低下しはじめるため、エストロゲンの分泌量も衰えます。おりものが少なくなったと感じるのも、40代以降です。自然妊娠の確率も40歳以降は目立って低下します。

 

閉経以降

多くの人が40代後半から50代にかけて閉経を迎えます。更年期の間はホルモンバランスが不安定で、さまざまな不定愁訴(身体の不調)がおこり、おりものの分泌のサイクルが乱れます。

 

閉経以降はおりものの量はかなり少なくなります。閉経以降におりものが増えるなど変化がある場合、婦人科系の疾患の可能性があります。婦人科を受診してください。

 

妊娠中もおりものが増えます。女性の体とおりものの変化を知っておくと、病気や不調に早く気付くことができます。  

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

おりものが知らせる病気のサインとは?

  おりものの量や状態は、年齢や月経周期に応じて変化しているので、「いつも...

様々なおりものの異常からわかる膣の病気の数々・・・思い当たったら病院へ

もちろん、おりものの状態だけで病気の有無を判断することは出来ません。ですから、...


あなたはどのタイプ?東洋医学とおりもの

    東洋医学では、おりものの状態によってどんな体質に属するかが分かり...

いつもと違う…おりものの異常から分かる病気

  何らかの疾患にかかると、ふだんとおりものの状態が異なる場合があります。...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

おりものの記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る