カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. 避妊だけじゃない~ピルは生理不順治療や生理痛にも

女性のカラダの悩み

避妊だけじゃない~ピルは生理不順治療や生理痛にも

 

ピルといえば避妊のための薬というイメージが強いですが、生理不順の治療にも使われています。生理不順治療の観点からピルの作用を説明します。

 

生理不順を改善する仕組み

女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの分泌が、生理のリズムなどに影響します。生理不順の人は卵巣の機能が十分ではなく、卵胞が育たない無排卵、エストロゲンの分泌が不安定になるなどして生理不順にいたる場合があります。

ピルはプロゲステロンとエストロゲンの合剤で、服用すると排卵後から生理開始まで、または妊娠中と同じ状態を作り出します。通常の服用方法は、21日間連続でピルを飲み、7日間は休みます。これによってホルモンの状態をコントロールして生理不順を改善します。21日間連続でピルを飲んだ後、3~4日で生理になります。

 

生理にまつわる不調も改善

生理不順以外にも、無月経や生理痛、月経前緊張症(PMS)の治療にピルが有効です。旅行など前もって決まっている予定と生理がぶつからないようにすることも、ピルの飲み方を調整すれば可能になります。ピルを飲むと生理痛が軽減し、経血量も少なくなるのが一般的です。

 

使われるピル

生理不順治療に使われるのは、エストロゲン含有量が50μg以下の低用量ピルです。副作用が起こりにくいのが低用量ピルのメリットです。

 

ピルだけに頼らない

ピルによって生理不順が改善されると、旅行やイベントなどの予定を立てやすくなり、生理痛も軽くなります。しかしピルをやめたら元通りかもしれません。ピルを服用していても基礎体温を記録する、ストレスや疲労をためない、生活リズムを守って自律神経を整えるといった心がけを忘れずに。これから妊娠を考えているなら、ピルをやめた後のことまで配慮しましょう。

 

ピルは婦人科で処方してもらえます。1ヶ月分の基礎体温をチェックして検査を受けに行きましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/02/09-033586.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

吐き気や頭痛など…アフターピル(緊急避妊薬)を使用した際にでる副作用とは?

    アフターピルとはホルモン剤であり、元々副作用が出やすいものです。また...

副作用の出る人は要注意!ピルとビタミンCサプリ

PMSの治療にピルを使っている人は、飲んでいるサプリメントに注意して欲しいと...


ピルを使ってみたいけど、心配な点もあるの?

  ピルはホルモン剤であり、薬です。薬にはどんなものにも、必ず「効果」と「...

PMSにタバコは禁物!ピルの服用と喫煙のリスク

ピルはPMSの代表的治療薬ですが、服用に際しては気をつけるべき問題があります...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る