カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. 72時間以内が重要!緊急避妊薬アフターピルの用法

女性のカラダの悩み

72時間以内が重要!緊急避妊薬アフターピルの用法

 

ピルは避妊、生理不順や子宮内膜症の治療に用いるものが一般的です。それとは別に、「アフターピル」と呼ばれる緊急避妊薬があります。アフターピルの使用法と注意をまとめました。

 

性交後に飲む避妊薬

アフターピルは、性交後に服用することで妊娠の成立を妨げる薬です。アフターピルは女性ホルモンの含有量が多い中用量ピルで、服用によってホルモンバランスが急激に変わります。受精卵が子宮内膜に着床するのを阻止する、排卵を抑制するなどの効果があります。

 

使い方

アフターピルは婦人科で処方してもらえます。性交後72時間以内に1回目の服用をして、さらに12時間後に2回目の服用をします。初めの72時間が効果を左右しますので、1回目の服用が遅れないようにしましょう。

 

副作用

低用量ピルよりも女性ホルモンの含有量が多いため、副作用も強くなります。つわりに似た吐き気や不快感、下腹部痛、頭痛が主な副作用です。胸の張り、めまい、倦怠感、不正出血のようなものがみられる場合もあります。

 

注意

これまでアフターピルの使用は性犯罪被害に遭ってしまった場合や、身体的理由から妊娠・出産が望ましくない場合のみに限られていました。法改正により、避妊具の破損などによる避妊の失敗など「望まない妊娠」を防ぐ目的でも使えるようになったのです。

しかし、女性の体に大きな負担をかける避妊法です。タイムリミットもあり、確実に妊娠を防げるとは限りません。あくまでも避妊具や低用量ピルなどで避妊をするのが基本です。「アフターピルを飲めば大丈夫」と、安易な性行為に及ぶのはリスクが高すぎます。

 

 

アフターピルは望まない妊娠を避ける、性被害から女性を守ることができます。万が一の場合は、72時間以内に服用できるよう婦人科に問い合わせましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019793.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

副作用の出る人は要注意!ピルとビタミンCサプリ

PMSの治療にピルを使っている人は、飲んでいるサプリメントに注意して欲しいと...

PMSの代表的治療薬!低容量ピル

PMSの治療に、私が実際に使用したのは低容量ピルです。 ピルは避妊薬として...


こんなことにも効果が?ピルの避妊以外の効果

  ピルは生理周期の改善や避妊の効果を目的として飲む方が多いと思います。生理不...

プレ更年期にピル処方を飲んでみよう

  プレ更年期   皆さんご存知の更年期を迎える10年ぐらい前の期間、...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る