カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 自分の体を把握しよう!セックスの時の出血!どんな検査をうけたらいい?婦人科にかかろうかな、でも…と躊躇するのはどんなとき?

女性のカラダの悩み

自分の体を把握しよう!セックスの時の出血!どんな検査をうけたらいい?婦人科にかかろうかな、でも…と躊躇するのはどんなとき?

 

結婚を控え、妊娠・出産が身近に感じられるようになった女性に勧められるのが、ブライダルチェックです。ブライダルチェックの概要、どんな人が受けたら良いかをまとめました。

 

ブライダルチェックとは

ひと言でいえば、婦人科検診です。さまざまな検査項目がありますが、妊娠・出産にかかわる疾患やトラブルを調べることに重点が置かれます。

 

主な検査内容

胸部X線撮影による乳がん検査、子宮・子宮頸がん検査など女性特有のがんを調べるほか、性感染症や風疹抗体検査など妊娠時に問題になる項目もチェックします。妊娠が可能か、生殖器の状態を調べるため、血液検査、おりもの検査、子宮と卵巣の超音波検査も実施します。

ブライダルチェックに特定の検査内容はありません。婦人科ごとに内容は少しずつ違う場合もありますが、基本は妊娠・出産に関係する疾患の検査です。職場の定期検診で婦人科疾患の検査を受けているなら、重複する検査を除くことができます。

 

どんな人が受けたらよいか

「ブライダルチェック」というだけあって、やはり近い将来に妊娠・出産を考えている人は受けておくと良いかもしれません。ふだんから生理痛が重い、生理不順、経血量が多いといった生理にまつわる心配事があるなら、検査を強くお勧めします。

高齢である、すぐにでも子どもが欲しいという人は、妊娠準備の一環としてブライダルチェックを受けると良いでしょう。排卵の有無も分かります。

結婚前に限らず、ブライダルチェックの検査項目は女性の健康を守るためにも大切なものばかり。1回だけではなく、定期的に婦人科検診を受けるきっかけにしてはいかがでしょうか。

 

 

ブライダルチェックは、男性の生殖機能も検査できる病院があります。仮にトラブルや疾患が見つかっても、早めに対処すれば通常の妊娠・出産ができる可能性が大きくなります。カップルで受けに行くのも良いですね。

 

 

セックスの時の出血!どんな検査をうけたらいい?

セックスのときの出血、どきっとしますね。量が多かったり、出血が続く場合には、検査を受けましょう。

 

 

出血から考えられること

セックス時の出血から考えられることは、膣から子宮口までの血管からの出血です。この部分になんらかのトラブルがあって出血が起きていると考えられます。可能性が考えられるのはつぎのようなものです。

 

1.炎症による出血

びらんや性感染症(クラミジアなど)によって子宮膣部に炎症が起きていると、ちょっとした刺激で出血しやすくなります。びらんは多くの成人女性で起きていますが、びらんが過剰に大きくなった場合にはレーザー切除等も行われます。性感染症の場合には、パートナーと一緒に検査したほうが良いでしょう。

 

2.ホルモンバランスの乱れ

子宮から膣は、ホルモンによってバランスが取られています。このバランスが崩れると、生理不順や卵巣機能不全などがおき、粘膜の充血などが不規則に起こったりします。更年期に際しても同様なバランスの乱れが起きることがあります。過剰なホルモンの放出で粘膜が充血していると、セックス時にその部分の血管が破れて出血することがあります。生理不順を伴う場合等には、婦人科での診察をお奨めします。

 

3.妊娠を伴うもの

妊娠初期の出血、妊娠に伴う子宮口の充血によるセックス時の出血が考えられます。かるい出血は問題ありませんが、出血量が多い場合等には前置胎盤などが考えられますので、診察と検査が必要です。

 

4.子宮頸がんなど

じつは性交時の出血で一番疑われるのが、ヒトパピローマウィルスによる子宮頸がんです。検査では、子宮頸部の内診(状態を目で見て確認)と、細胞診(発がん性のヒトパピローマウイルスがいるかどうか)を行います。定期検診を受けることが一番ですが、出血があった場合には子宮頸部になんらかの異常があることが考えられるので、検査することが大切です。

 

 

子宮頸がんの原因となるひとパピローマウィルスは、性交渉によって感染します。性交渉経験があることから感染の可能性があるのです。定期検査で2年に1度子宮がん検診を受けることが推奨されていますが、それ以外でも気になる出血がある場合には婦人科を気軽に受診しましょう。

 

 

婦人科にかかろうかな、でも…と躊躇するのはどんなとき?

生理や体調のことで気になっても婦人科に行きにくくて、気が付けば何年も経ってしまった…なんて人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは「婦人科に行きたいと思っても躊躇してしまう」ことについて取り上げてみました。

 

Q:男性の医師はちょっと抵抗が…

この10年間ほどの間に、婦人科の女医の数はぐんと増えて来ました。実際、内診するときの器具の挿入の仕方やカーテンを閉めるタイミングなど細かな点に配慮があったり、症状を話したときに「つらかったでしょう」と共感してもらえたなど、女医に診てもらって良かったという意見もあります。

 

開業医であれば、ほとんどのクリニックがホームページを設けていますので、担当が女医かどうか事前に調べることができます。

 

また、総合病院の婦人科であれば、事前に電話で「そちらには女医さんはいらっしゃいますか?」「女医さんの診察は何曜日の何時ですか?」と確認することで、受診前の不安感を払しょくすることができます。

 

 

Q:内診は必ず受けなきゃならないの?

内診が恥ずかしくて、婦人科に行くのを躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。婦人科に行ったら必ず内診を受けなければならないのでしょうか?答えはNOです。

 

本人が望まない場合、内診が必要ない場合、必要性が低い場合、性体験がない場合などには、問診や尿検査、血液検査、超音波検査だけで済む場合もあります。

 

医師といえど赤の他人にプライベートな部分を晒すのですから、問診を踏んで納得できてから内診に踏み切り、そうでなければ断っても構いません。

 

診察で大切なのは、必要な情報を医師から受け取ること。内診しなくても必要な情報を得られるのであれば、必ずしも内診しなくても良いのです。

 

なかには、内診を断ると「婦人科にかかったのだから、医師の指示に従って正確な診断に協力すべき」と怒りだす医師もいるかもしれません。内診に不安が強い人は事前に電話をして、「内診したくないのですが、受診できますか」と尋ね、医療側の姿勢を確認しておくと安心です。

 

Q:生理中は受診できない?

重い生理痛で苦しんでいて、今すぐ病院に行って薬を処方してほしいけど、生理中は受診できない…と思い込んでいる女性が、意外と多いようです。

 

しかし、生理中に婦人科にかかることはNGではありません。場合によっては、最も調子の悪い時を診察することができて、分かりやすい場合もあります。生理中でももちろん内診はできますし、出血の様子がおかしいといった相談もリアルタイムに行えます。

 

「生理=けがれたもの」として隠す習慣のなかで、生理中に受診するなんて医師に失礼と感じる人もいるかもしれませんが、婦人科の専門医に対してその気遣いは不要です。気になるようなら、あらかじめ電話で月経中である旨を伝えると良いでしょう。

 

婦人科の疾患は、恥ずかしさもあってつい我慢してしまいがちですが、放っておいては治るものも治りません。自分の受けたいような診察を受けられるように、電話やインターネットを使って情報を収集し、受診につなげたいですね。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2012/05/30-362845.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

女性のカラダの悩みに関する記事

女性の男性化の原因・ホルモンって何?

  女性の男性化、オス化が最近は話題になります。オス化女子なんて言葉も出てきて...

アフターピルで避妊できる理由とは?女性ホルモンの仕組みについて

アフターピルはモーニングピルとも呼ばれ、避妊に失敗した場合など、一定の時間以...


眠気がひどい!!生理それとも妊娠?【妊娠超初期症状】について!妊娠初期の兆候との違いは?

生理前、なんだか妙に眠い…。これってもしかして妊娠!?妊娠を希望している方な...

基礎体温グラフから異常月経を見極める方法!「基礎体温」どれだけ大事?

基礎体温は、避妊したいときや、妊娠を考えたらつけるものと思い込んでいませんか...

カラダノートひろば

女性のカラダの悩みの記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る