カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. もし緊急事態が起きたらどうするかを念頭に置いておく

生活習慣病

もし緊急事態が起きたらどうするかを念頭に置いておく


糖尿病は通常、慢性的に、徐々に病状が進行していきますが、

糖尿病の合併症、たとえば心筋梗塞や脳梗塞は、

突然、発作が起こります。

 

このとき、どのように対処するかを、あらかじめ想定しておくことが

大切です。特に肥満体質で、血圧の高い人は、注意してください。



●発作が起きたときの対処法をシミュレーションしておく

ふだんクリニックに通っている人は、時間帯によっては

かかりつけの医師に診療してもらえないこともあります。

夜間や緊急の際に対応してもらえるのか、

緊急時にはどこに連絡したらよいかを確認しておきましょう。



●救急車を呼ぶ場合の注意点

救急車で運ばれる場合は、糖尿病であることなど、

本人が自分の病状を説明することはできません。

運ばれた救急病院には本人の医療情報はありませんし、

ゼロからの診断になり、治療が遅れてしまいます。

救急車でのたらいまわしになることもあり得ないことではありません。

同居する家族には、そのつど病状を把握しておいてもらうことが

大切です。一人暮らしの場合は、身近なところに病状を示す記録を

置いておくとよいでしょう。



●二次救急まで対応できる病院を受診

ふだんの生活を管理してくれるクリニックのほかに、

緊急時の入院や手術のできる二次救急の病院を受診しておくのも

ひとつの方法です。また、地元に救急ネットワークがある場合は、

その連絡先もチェックしておきましょう。

 

東京であれば「東京都CCUネットワーク」

//www.ccunet-tokyo.jp/)などで

集中治療室(CCU)のある近隣の病院を確認しておくことも大切です。

同ネットワークでは、2012年9月現在、68施設が加盟しています。

 

(Photo by //www.flickr.com/photos/fukapon/5458444696)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

足のキズを毎日チェック!キズがあったら医師に相談!

  足の切断というと、大きな交通事故などが原因として出てくる人が多いと思います...


若者がなりやすい!?ペットボトル症候群…入院期間、完治までの期間はどれくらいなの?

スポーツドリンクや炭酸飲料などの飲み過ぎでなるのが、ペットボトル症候群という急...

他人事じゃ済まされない?5~6人に1人がかかる病気、糖尿病!その罹患率について

糖尿病は国民病と言われていますが、その罹患率は世界で、そして日本ではどれくら...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る