カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺胞タンパク症 >
  5. 発症原因によって治療法が違う?肺胞たんぱく症の治療方法とは?

気になる病気・症状

発症原因によって治療法が違う?肺胞たんぱく症の治療方法とは?

 

まずはじめに、肺胞たんぱく症という病気をご存知でしょうか?

肺胞たんぱく症とは、肺胞に肺サーファクタントと呼ばれる表面活性物質の滞留により、肺のガス交換が阻害されてしまう病気になります。

しかし、この肺胞たんぱく症の発症原因にはいくつかのタイプがあり、それぞれで治療法が異なってくることもあります。

こちらでは、肺胞たんぱく症の発症原因のタイプ別に治療方法をご紹介したいと思います。

 

◆自己免疫性肺胞たんぱく症

<発症原因>

成人が発症する肺胞たんぱく症のほとんどがこれに該当します。通常ならば、肺サーファクタントは肺胞マクロファージによって取り込まれた後に分解されます。

しかし、この自己免疫性肺胞たんぱく症では、この処理ができなくなることから結果的に肺サーファクタントが肺胞内に滞留してしまいます。

 

<治療方法>

症状が軽度なことから、日常生活に支障が生じてない場合には、経過を観察していきます。

ただし、咳や痰などの症状が伴っている場合には、去痰薬を服用することで症状が軽くなる場合もあります。

しかし、息切れや呼吸困難などの症状がみられ日常生活に支障が生じている場合には、肺の全部もしくは一部を洗浄することで肺サーファクタントを洗い流す治療を行います。

 

◆続発性肺胞たんぱく症

<発症原因>

何らかの血管疾患や呼吸器疾患の他に、大量の粉塵を吸い込むといったことが原因で、肺胞マクロファージの働きが低下することで生じます。

 

<治療方法>

発症原因となっている疾患の治療を行うことで、症状を改善することができます。

また、肺胞たんぱく症による呼吸障害が酷い場合には、自己免疫性肺胞たんぱく症と同様に肺洗浄が行われます。

 

◆先天性肺胞たんぱく症

<発症原因>

遺伝子の異常が原因となって生じるのが、この先天性肺胞たんぱく症です。特徴としては生後間もなく症状がみられるということが挙げられます。

 

<治療方法>

原因となる遺伝子の種類によって治療法が異なってきますが、場合によっては骨髄移植や肺移植が必要となってくる場合もあります。

また、正常な肺サーファクタントを吸入することで症状が快方に向かうこともあります。

ただし、肺胞たんぱく症による呼吸障害が酷い場合には、自己免疫性肺胞たんぱく症と同様に肺洗浄が行われます。

 

このように、肺胞たんぱく症には様々な発症原因があり、それに応じた治療方法が行われます。発症原因に応じた治療を受けるためにも、まずは異常を感じたら直ちに受診をしてくださいね。

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_7634.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

肺胞タンパク症に関する記事

息苦しくなる肺胞たんぱく症、その発症に関わっている「マクロファージ」って何?

  ◆肺胞たんぱく症とは 気管支の末端に連なるブドウ状の肺胞の中に、細胞...

肺胞たんぱく症を予防するにはどうすればいいの?

  肺胞たんぱく症という疾患をご存知でしょうか? 気管支の末端に連なる肺...


肺胞たんぱく症の原因「肺サーファクタント」って一体何なの?

  肺胞たんぱく症とは、気管支の末端に連なる肺胞の中に、タンパク質が溜まる...

肺胞に液体が溜まる!肺胞タンパク症による肺の易感染性について

  肺胞タンパク症は、肺胞が液状の蛋白様物質に埋め尽くされるという症状の他...

カラダノートひろば

肺胞タンパク症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る