カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 骨髄移植 >
  5. 骨髄バンクのドナー登録の条件にはどんなものがあるの?

気になる病気・症状

骨髄バンクのドナー登録の条件にはどんなものがあるの?

 

毎年日本ではおよそ6000人もの方が、重い血液の病気を発症しています。そのうちの約2000人の患者さんが骨髄提供者を藁をもつかむ思いで探しています。

 

骨髄提供者を希望される方がもっと多くなり、30万人を達成すれば、ほとんどの患者さんにHLA型適合者つまりドナー候補者が見つかります。

しかし、全ての患者さんが骨髄移植を受けるにはもっと多くの登録が必要なのが現状になります。

 

では、骨髄ドナーになるにあたってどのような条件があるのか、気になるという方は多いかと思います。

こちらではその骨髄ドナーになる上でクリアしなければならない条件を簡単にまとめました。気になる方は是非参考になさってくださいね。

 

◆ドナー登録できる方の条件

まず、骨髄が提供できる年齢は20歳以上、55歳以下になります。これがまずはじめに気をつけなければならない条件になります。この他には、

・骨髄の提供内容を十分に理解している方

・体重が男性の場合45kg以上、女性の場合は40kg以上の方

という条件があります。

 

また、適合検索が開始されるのは20歳以上からで、コーディネートの対象とならなかった方は、満55歳の誕生日で登録が取り消されます。

ですから、登録した日(採血日)の年齢が54歳で、満55歳の誕生日までの期間が10日間以内である方の場合には、適合検査の対象にはなりません。

というのも、HLA型の検査結果などがデータベースに登録されるまでに最長10日間の期間を要するためです。

 

このように、様々な条件があるのが骨髄ドナー登録になります。骨髄ドナー登録をする際に一番大切なのは、骨髄移植に深い理解があることです。

なので、ドナー登録に興味がある方は一度骨髄提供についてよく調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_5423.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨髄移植に関する記事

骨髄バンクのドナー登録の手続きの仕方 登録窓口、血液採取の流れ

  骨髄移植を待っている患者さんは多くいます。そのために必要なのが骨髄バンクへ...

骨髄採取するのは危険?骨髄提供でのドナーの死亡例ってあるの?

  ボランティアの形の一つとして骨髄バンクへの登録があります。 移植に際して...


知っておこう!気になる方へ…骨髄バンクへのドナー登録から骨髄採取の後までの流れ

  日本ではまだまだ骨髄バンクへの登録が十分とは言えません。実際骨髄バンクにド...

白血球の型「HLA型」って何?

  まずはじめに、日本では毎年およそ6千人もの方が白血病などに代表される重...

カラダノートひろば

骨髄移植の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る