カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 多血症 >
  5. 相対的多血症、続発性多血症、真性多血症…多血症の原因はそれぞれこんなに違う!

気になる病気・症状

相対的多血症、続発性多血症、真性多血症…多血症の原因はそれぞれこんなに違う!

 貧血はよく知られている病気ですが、その逆の症状が起こる病気に多血症という病気があります。多血症は、赤血球増多症とも言い、赤血球が異常に増えてしまう病気でいくつかの種類があります。

 

多血症はその原因や状態などの違いから相対的多血症、続発性多血症、真性多血症と分けることができます。

それぞれの多血症は 以下のように実に様々な原因から生じます。

 

相対的多血症の原因

相対的多血症とは名前の通り、本当は赤血球が増えていないのに、他の血液成分と比較して相対的に赤血球が増えているように見えるものです。これは血液中の液体成分の血漿が減少するために、赤血球の数が多くなったように見えます。

 

この相対的多血症の原因は以下のようなものです。

・脱水

水分の摂取不足や、嘔吐・下痢・発汗・利尿剤の使用などによる水分の喪失によって血漿の絶対量が減少する

 

・水分移動

何らかの疾患によって血漿と体細胞組織の間の水分移動がうまくいかなくない

 

・喫煙やストレス

疾患による水分移動の障害と同じことが喫煙やストレスでも起こる

 

続発性多血症

慢性の肺疾患や先天性の心疾患などが原因となって赤血球が増えてしまうのが続発性多血症です。何らかの疾患に続いて起こる為、二次性多血症とも言います。

続発性多血症は何らかの原因で造血に必要なエリスロポエチンの量が増えるため赤血球の数が増えるのですが、体が酸欠状態になるとこの働きが見られ、以下のような原因、状態で起こりやすいようです。

 

・空気の薄い高値などでの生活

・慢性閉塞性肺疾患など、肺の異常による酸素の吸引不足

・心臓や血管以上による血流不足

・異常ヘモグロビン症

・赤血球内の2,3-ビスホスホグリセリン酸塩(2,3-BPG)量の低下

・大量喫煙による一酸化炭素ヘモグロビン症

 

真性多血症

真性多血症は血液の腫瘍性の病気で、がんのように細胞が増えてしまうもので、これは遺伝子異常が原因だとされています。

 

どういった原因によって多血症が生じているかは、その疾患を理解する上で非常に重要です。特に多血症の原因はタイプによって大きく違います。

 

(Photoby:足成)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

多血症でヘモグロビン過剰…だからといって鉄分を抜くのは間違い!

多血症とは血中の赤血球が増加したり、血中の血漿成分が減少して赤血球が増えたよう...

遺伝子異常によって生じる真性多血症の治療法…"瀉血"ってどんな治療法?

  赤血球が異常に増えてしまう疾患に、多血症という疾患があります。多血症が生じ...


多血症で死にいたる!?突然死の可能性を減らすためには?

  血液がドロドロというと、日頃の不摂生の結果としての症状というイメージが強く...

多血症はどんな症状が起こる?眩暈や吐き気、動悸、耳鳴り…症状を緩和させるには?

命の危険を及ぼす可能性のある病気の1つに“多血症”というものがあります。この多...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る