カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 多血症 >
  5. 真性多血症・二次性多血症・ストレス性多血症…各多血症で見られる症状を知ろう

気になる病気・症状

真性多血症・二次性多血症・ストレス性多血症…各多血症で見られる症状を知ろう

 赤ら顔やのぼせ、頭痛、めまい、しびれ、目の充血…そういった症状が見られたとしても多くの人はちょっと体調が悪いのかなと思う程度だと思います。

しかし、もしかしたらこうしたちょっとした症状は血液の異常によって生じているものかもしれません。

 

多血症という血液の異常

多血症という血液に関する疾患があります。これは何らかの原因によって血液成分中の赤血球の割合が多くなってしまうことによって生じる状態で、上記のような様々な症状が見られます。

 

真性多血症

真性多血症とは遺伝子異常によって過剰に赤血球がつくられてしまう多血症です。頭痛やめまい、息切れ、不眠、疲れやすさなどといった症状が多いため、疾患があっても気づかないで過ごしてしまう人も多いようです。

また、手足が深紅色になったり、口の中や胃腸、性器からの出血が見られることもありますし、真性多血症を生じている人の半数に高血圧や脾臓が腫れると言った症状が出ます。

 

二次性多血症

遺伝によって生じる多血症の他に、何らかの疾患から多血症を生じることがあります。これを二次性の多血症、続発性の多血症と言いますが、この場合、原因になっている疾患の症状が強く出ることはありますが、多血症の症状はあまり見られないようです。

 

ストレス性多血症

ストレスが原因となって生じる多血症もあります。ストレス性の場合ストレスによって代謝機能に異常が生じて起こり、特に頭痛や倦怠感、感覚異常、めまい、呼吸困難などを感じることが顕著になるようです。

 

基本的にどんな原因によって起こされる多血症でも、症状は大きく変わりません。無症状の場合も多くあり、治療を必要をしないでも済んでしまうケースも多分にあるようです。

 

(Photoby:足成)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

多血症はどんな症状が起こる?眩暈や吐き気、動悸、耳鳴り…症状を緩和させるには?

命の危険を及ぼす可能性のある病気の1つに“多血症”というものがあります。この多...

多血症でヘモグロビン過剰…だからといって鉄分を抜くのは間違い!

多血症とは血中の赤血球が増加したり、血中の血漿成分が減少して赤血球が増えたよう...


原因によって重症度も大きく違う!多血症を生じる原因疾患って?

  血中の赤血球が異常に増える多血症という疾患があります。この多血症は一つの疾...

多血症で死にいたる!?突然死の可能性を減らすためには?

  血液がドロドロというと、日頃の不摂生の結果としての症状というイメージが強く...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る