カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 腎硬化症 >
  5. 腎硬化症治療には食事療法で血圧改善!

気になる病気・症状

腎硬化症治療には食事療法で血圧改善!

 

腎硬化症は高血圧により腎臓機能が低下してしまう病気です。徐々に経過が進行していく良性腎硬化症と、急速な経過進行をする悪性腎硬化症がありますが、どちらにも効果的で行われている治療法が、食事療法です。

 

腎硬化症の食事療法

 

摂取カロリーを抑える

高血圧とは肥満の人がなる傾向にあります。そのため肥満解消が血圧低下にもつながると考えてよいでしょう。摂取カロリーを抑えた食事内容にするようにしましょう。

 

腎臓病食

腎臓機能が低下している場合は、腎臓病食という食事療法も必要となってきます。 腎臓病食とは、たんぱく質の摂取を抑える食事療法です。1日に摂取できるたんぱく質の量は、体重1kgあたり0.6~0.8で高品質のたんぱく質を摂取するように心がけます。

動物性脂肪を抑える

動物性脂肪の過剰摂取は動脈硬化を引き起こしやすくします。動物性脂肪の摂取を抑え、コレステロールも1日300mg以下にするようにしましょう。

 

食塩摂取の管理

食塩の適量摂取は重要です。1日に摂取する量を6~8gと厳守できるようにしましょう。

 

水分管理

腎機能が正常でむくみや乏尿の症状が無い場合は必要ありませんが、透析を行わなくてはならない場合は水分管理が重要になってきます。水分を摂取しすぎると十分な透析が受けられていない状態になってしまい、体重増加や無理な透析で心臓に負担をかけてしまうことになります。

 

カリウム摂取の制限

腎機能が低下している場合は1日の摂取量を1000~1300mgに制限します。逆に高カリウム血症の場合は摂取量を増加させます。

 

喫煙とアルコール

禁煙しアルコールを控えめにすることで動脈硬化を予防することになります。

 

高血圧改善には食事療法は重要な治療法です。良性腎硬化症でも悪性腎硬化症でも、薬の投与だけに頼ることなく、根本的な食生活を見直し、改善を心がけることが大切です。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130904267post-3302.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎硬化症に関する記事

ドロドロ血液がもたらす恐ろしい病気「腎硬化症」

  これまでは高齢者の病気とされていた「腎硬化症」ですが、昨今では働き盛り...

高血圧の方は気をつけて!腎臓の病気「腎硬化症」を招くかも!?

    生活習慣・食習慣の変化に伴い、高血圧になる人が増えてきました。 ...


腎硬化症を食事で予防!

  腎硬化症は、動脈硬化の進行により、腎臓機能が低下する疾患です。腎臓は大...

長年の高血圧が腎硬化症を引き起こす!

  腎硬化症は、良性腎硬化症と悪性腎硬化症の2種類に分類されます。悪性腎硬...

カラダノートひろば

腎硬化症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る