カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. AST(GOT) >
  6. ASTって?ALTって何?AST・ALTの値が高い場合、注意が必要な病気とは

健康診断・健康管理

ASTって?ALTって何?AST・ALTの値が高い場合、注意が必要な病気とは

 

このASTや、ALTは体内でアミノ酸たんぱく質の原材料が生成される際に欠かせない酵素の一つです。主に肝臓の尿路回路(オルニチン回路)で使われている酵素で、アミノ基転移反応に関係しています。

ではこのASTとALTの違いは何でしょうか?

 

 

ASTとは?

「AST」はアスパラギン酸アミノ(AS)トランスフェラーゼ(T)の略称です。これはアスパラギン酸というアミノ酸を利用してグルタミンを作る酵素のことで、人体組織内に広く分布しており、大半は肝臓(肝細胞)、心臓(心筋)、骨格筋に多く存在しています。なお、以前はASTのことをGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていました。

 

ALTとは?

「ALT」はアラニンアミノ(AL)トランスフェラーゼ(T)の略称です。アラニンというアミノ酸を利用してグルタミン酸を作る酵素で、主に肝臓の肝細胞に多く含まれています

なお、以前はALTのことをGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていました。

 

AST・ALTの値が高い場合、注意が必要な病気

・肝臓脂肪(肝脂肪)

・急性肝炎

・慢性肝炎

・肝硬変

・肝臓がん

・原発性胆汁性肝硬変

・薬剤性肝炎

・アルコール性肝炎

また、ASTが高値を示す場合は、心筋梗塞の可能性も指摘されます。ASTは心筋細胞にも存在しているため、心臓に何らかの異常を発症するとASTが増加するのです。

逆にAST,ALTの数値が低い場合は非アルコール飲酒者である可能性が指摘されます。アルコールをまったく摂取しない方の場合、数値が低く出ることがあり、ほとんどの場合、特に問題はありませんが、極端に数値が低い場合は医師に相談して診ましょう。

 

AST,ALTは人間ドックなどで一般的に行われる肝臓系の検査で使います。数値に異常がある場合は、きちんと医師に相談し、判断をしてもらいましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349531.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

AST(GOT)に関する記事

肝臓の異変を察知!ASTの数値が高い場合はどうすれば良い?!

  肝臓は“沈黙の臓器”とも言われる臓器で、肝臓に異常を感じた時には、すで...

AST・ALTが高い!肝臓のために…生活の中でできることは?

  肝臓には幹細胞と胆管細胞に接する形で多くの血管が張り巡らされています。その...


お酒を飲む人は必見!肝機能の数値、AST(GOT)やALT(GPT)の半減期とは?

  お酒をよく飲むから肝機能に関する健康診断結果には目を光らせている、という方...

ASTとALTを比較して違いを知ろう!

  ALTやASTという値は肝臓の細胞が傷つけられているかどうかを指すものと言...

カラダノートひろば

AST(GOT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る