カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 子どもは何歳まで昼寝が必要? 子どもの昼寝と睡眠の関係

育児

子どもは何歳まで昼寝が必要? 子どもの昼寝と睡眠の関係

子育てをするとき、昼寝をまったくさせずに育てたという方は少ないでしょう。子どもにとって、昼寝は大きな意味を持っています。

 

子どもにとっての昼寝とは?

昼寝は体を休めるための時間です。子どもの脳と体は、大人に比べるとはるかに未熟です。

 

幼児の場合、必要な総合的睡眠時間は平均で10時間ともいわれています。そして、人間が眠くなる時間帯には、昼と夜の2つがあるというのも忘れてはいけません。

 

自然と眠たくなる昼間に眠らせて体力を回復したり、脳を休ませたりするのは成長のためには必要です。もちろん夜にまとめて寝かせるという方法もありますが、眠気は昼と夜に分かれているので、夜にまとめて寝かせると寝つきが悪くなることが多いです。 

 

子どもは何歳まで昼寝させる?

昼寝の習慣を何歳まで続けているのか気になるという方もいます。

 

子どもの昼寝の習慣は、大体3歳くらいまでに終了させる方が多いようです。

早ければ、2歳半で昼寝の習慣が終わったという子もいます。逆に、遅い子の場合は5,6歳まで昼寝の習慣がある子もいます。

 

その子にあった眠りのスタイルがあるので、昼寝の習慣がなくなればよいというものでもありません。生活に合わせて適切に眠れるようになれば問題はありません。 

 

昼寝と睡眠

昼寝も重要ですが、夜の睡眠も重要です。いくら子どもが眠たがっていても、夜の睡眠に影響を及ぼすほどの昼寝はいけません。

 

昼寝は1時間から2時間、長くても3時間程度にとどめておくと、夜の眠りに影響が出にくくなります。 

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠(ねんね)に関する記事

Warning: Attempt to modify property of non-object in /var/www/vhosts/karadanote.jp/fw_libs/temp/compile/7dd7da1bd5e21c6c006de09ff89e7248b4a43807.file.pageview.html.cache.php on line 300

夜泣きがいつもと違う・・考えられる病気とその対応

   授乳しても、あやしても激しく泣きつづけたり、夜泣きの仕方がいつもと何か違...

つらい夜泣き対策に!赤ちゃんが泣き止むおすすめアイテムベスト5

  赤ちゃんは夜泣きをするものとあきらめていませんか?毎晩寝不足の中長時間抱っこ...

睡眠(ねんね)の体験談

生後0ヶ月のモロー反射連鎖でサイレン化!赤ちゃん特有のしぐさ

生後17日ごろ、モロー反射の回数が多いのではないかと気になり始めました。 このモロー反射には、しば...

うまく眠れない赤ちゃんの落ち着く体勢

なかなか眠れずグズる赤ちゃんに効く方法をご紹介します。 (個人差があるとは思いますが、是非お試し下...

睡眠(ねんね)の関連カテゴリ

睡眠(ねんね)の人気体験談ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る