カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産のリスクとは? 卵子の老化~喫煙と卵子老化の関係~

妊娠・出産

高齢出産のリスクとは? 卵子の老化~喫煙と卵子老化の関係~

2011年度の厚生労働省などの調べによれば、初産時の平均年齢は30.1歳と、妊娠の高齢化が進んでいることが明らかになりました。

また、近年の医療技術の発達により、35歳を超えた出産、いわゆる高齢出産も増え、晩婚化が進んだ女性のニーズにも合致するため、ある程度の年齢になっても、妊娠の可能性が高まってきたのは事実です。高齢出産におけるリスクそのものは変わっておらず、妊娠をするための活動、いわゆる妊活する上でどのような注意が必要か、しっかり理解しましょう。

 

【高齢出産のリスクとは】

高齢出産にはリスクが伴うといいます。もう少し具体的に言えば、高齢で妊娠・出産をする場合、妊婦の体・胎児にリスクがあるということです。 そして、妊娠する可能性が低くなり、さらに流産する可能性が高まります。 高齢出産の場合には、胎児の染色体異常の確率が高まり、ある調査によれば、20代では1000人に1人程度の確率であったものが、30代前半では600人に1人、さらに35歳になると300人に1人ぐらいの割合にもなるのです。 なぜ高齢出産にリスクが伴うかというと、女性は高齢になればなるほど、卵子が老化すると言われているからです。高齢になることで卵子が老化していくことはわかっていますが、どうして卵子が老化していくのかは様々な議論がなされていて、以下の点が何らかの形で関係していると言われています。

 

【喫煙と卵子老化の関係】

タバコには様々な有害物質が含まれています。そして、喫煙によって血管の老化を促進させるということがわかっています。そのため、喫煙は卵子の老化にも影響を与えているとされています。

 

現代の女性は働いている人も主婦も、様々なストレスの中で生活しており、まだまだ喫煙している女性も多いと思います。しかし、喫煙はカラダに悪いというだけではなく、卵子の老化にもつながりますので、できる限り喫煙習慣のある方は、一日も早く禁煙するために行動を起こす必要があります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019877.)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢出産になると、なぜ流産の危険性が増すの?高齢出産って何歳から?

よく、高齢出産にはリスクがつきものだ・・・という話を耳にします。 確か...

高齢出産のリスクと言われる染色体異常とその確率とは?年齢とともに高くなるダウン症発症率

高齢出産だと、流産やダウン症の発症リスクが上がることがわかっています。ここで...

リスク・トラブルの体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

リスク・トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る