カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産のリスクとは? 卵子の老化~喫煙と卵子老化の関係~

妊娠・出産

高齢出産のリスクとは? 卵子の老化~喫煙と卵子老化の関係~

2011年度の厚生労働省などの調べによると、初産時の平均年齢は30.1歳と、妊娠の高齢化が進んでいることが明らかになりました。また、近年の医療技術の発達により、35歳を超えての初産、いわゆる高齢出産で子供を授かるケースも増えています。しかし、高齢出産におけるリスクそのものは変わっていません。

今回は、その高齢出産のリスクの原因のひとつ「卵子の老化」について紹介します。

  

高齢出産のリスクを高める「卵子の老化」

高齢出産にはリスクが伴うといいます。もう少し具体的に言えば、高齢で妊娠・出産をする場合、妊婦の体・胎児にリスクがあるということです。どのようなリスクが考えられるでしょうか。

 

自然妊娠する可能性が低くなる

女性の自然妊娠率は30歳までは25~30%です。しかし、30代半ばから急激に減少し、35歳で18%、40歳で5%となります。高齢になるほど、自然妊娠は難しくなるのです。

 

流産する可能性が高まる

高齢出産の場合には、胎児の染色体異常の確率が高まります。ある調査によると、20代では1000人に1人程度の確率であったものが、30代前半では600人に1人、さらに35歳になると300人に1人ぐらいの割合にもなると言われているのです。

 

なぜこのように高齢出産にリスクが伴うかというと、原因のひとつに「卵子の老化」が考えられます。卵子は、胎児の時に一生分が作られ、誕生した後からは新たに作られることはありません。そのため卵子も、自分の年齢とともに老化していくのです。

加齢による卵子の老化がリスクの原因になることはわかっていますが、卵子が老化の加速理由については、様々な議論が。

その議論の中で、喫煙が何らかのかたちで関係していると言われています。

喫煙が卵子の老化を早める

タバコには様々な有害物質が含まれています。そのため、妊娠中は喫煙することは出来ません。しかし、妊娠中だけでなく、妊娠する前からも女性の体に悪影響を及ぼしているのです。

何故なら、喫煙することで、卵巣の女性ホルモンの分泌が抑制されることがわかっており、分泌が抑制されると、生殖機能の低下が起こってしまうからです。また、喫煙すると血管の老化を促進させる、ということもわかっています。そのため、喫煙は卵子の老化や遺伝子異常にも影響があると考えられているのです。

 

妊娠率の低下にもつながる喫煙

喫煙者は、妊活をしているにもかかわらず、1年以内に妊娠できない人の割合が、非喫煙者に比べて、なんと3.4倍もあがるそうです。

不妊治療で体外受精を行った場合も、成功率が非喫煙者の約半分になるとも言われています。喫煙が原因で受精率の低下や着床率の低下などが起きてしまい、成功率が低くなってしまうのです。

 

喫煙すると先天性の異常率も増加傾向に

喫煙者が妊娠すると、赤ちゃんが先天性の異常を持っている可能性は、非喫煙者の1.2~1.3倍になると言われています。また、流産率も高くなることに。

 

喫煙は年齢にかかわらず、妊娠しにくい身体環境を作る原因になります。そのため、高齢で喫煙者の場合は、さらに妊娠・出産のリスクが上がってしまうのです。

 

喫煙の影響は本人が原因でない場合も

喫煙による悪影響は母親になる女性だけの問題ではありません。妊娠を望む女性が喫煙しておらずとも、夫やその他の家族、職場環境などでまわりに喫煙者がいれば「受動喫煙」の影響を受けることになります。

 

妊娠を望む場合は、本人が喫煙者の場合は喫煙することはもちろんですが、夫も喫煙して協力をしたり、受動喫煙にならない環境づくりを心掛けることも大切です。

 

 

【体験談 Pick Up】生活を見直して3ヶ月経ち妊娠発覚

 

投稿者:ゆーこママさん

 

体を温めるためにしたことは、まずは手っ取り早く腹巻をつけること。 お風呂はいつも湯船につかるようにはしていたのですが、それまでよりもゆっくりリラックスした気持ちで入るようにしていました。 そして、体をあたためるための食生活。

・冷たい食べ物や飲み物は極力避け、体を温める根菜類をよく摂るようにする。

・一つ一つの量は少なくても、たくさんの食材を取り入れるように心がける。

・飲み物を飲むときにしょうがをすりおろして入れる。

といったことを実践していました。 そのほか、以前から実施している葉酸サプリを飲んだり、卵子の老化予防のためにルイボスティーを飲んだりすることは続けていきました。 (一部抜粋)

 

妊娠を望む場合は今すぐ禁煙を

現代の女性は働いている人も主婦も、さまざまなストレスの中で生活しているため、ストレス解消に喫煙している女性も多いかもしれません。しかし、喫煙はカラダに悪いというだけではなく、卵子の老化にもつながるのです。妊娠、出産を望む方は、一日も早い禁煙をおすすめします。

 

もちろん、長期間にわたる喫煙の悪影響はあります。しかしながら、禁煙することで悪影響が、大きく改善されることが明らかになっていますので、これからでも禁煙をスタートさせましょう!

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢になるほど危険?妊娠高血圧症候群って何?~高齢出産のリスク~

妊娠高血圧症候群とは、一昔前は妊娠中毒症と呼ばれていた症状です。通常、妊婦健診で...

40代で2人目を妊娠出産…リスク・できる対策!高齢出産時のリスクを減らすには?

閉経さえしていなければ、妊娠も出産も可能だといわれています。しかし、理想的な妊娠...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る