カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. リハビリ(脳卒中) >
  5. 脳卒中のリハビリを助けるボツリヌス療法…その効果とは?

生活習慣病

脳卒中のリハビリを助けるボツリヌス療法…その効果とは?

脳卒中の後遺症でカラダのどちらか半分がうまく動かすことができなくなった、そんな脳卒中患者には多く見受けられます。

このように脳卒中は脳の細胞が死に至る場合もあり、結果として運動を司る部分がやられてしまうと、冒頭に述べたような後遺症が残ってしまうのです。

 

こうした後遺症を克服し、脳卒中患者の社会復帰を目指すために行われるものがリハビリテーションです。

リハビリテーションは主に障害を受けた運動機能を回復し、維持するために行われ、その期間は長期に渡ります。こうしたリハビリテーションをより効果的なものとするために、現在ではボツリヌス療法が開発され、リハビリテーションと併用されています。

では、このボツリヌス療法がどのようなもので、リハビリテーションとの関係についてここで見ていきましょう。

 

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法とは食中毒の原因菌でもあるボツリヌス菌が作り出すたんぱく質を有効成分とする薬を筋肉に直接注射する治療方法です。このたんぱく質をボツリヌストキシンといい、これには筋肉を緊張させる神経の働きを抑えるといった作用があることがわかっています。そのため、この治療により、筋肉の緊張を和らげることができるのです。

 

ボツリヌス療法の効果とは

ボツリヌス療法を行うことによって、直接的な効果としては関節が固まって動きにくくなるという拘縮を防ぐ効果があります。

また、固まっていた関節や筋肉が柔らかくなるため日常生活をより送りやすくなるでしょう。そして、大事な点はリハビリテーションが行いやすくなることです。

 

 

ボツリヌス療法そのものだけでは、完全に脳卒中の後遺症を治すことはできません。

あくまで症状の軽減を図るだけですが、リハビリテーションをより効果的にすることができる治療法ですので、希望する場合はお医者さんから注意点などを聞いて相談をした上で決めると良いでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2014/02/04-385466.php?category=3)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(脳卒中)に関する記事

急性期でも維持期でも!脳卒中などで起きた片麻痺の介助ポイント

家族が片麻痺になったとしたら、どのように介助をして行ったら良いのかポイントを...

言語聴覚療法~リハビリテーション~

  日本人に多い病気である脳卒中を発症すると後遺症が残ることが少なくありません。...


回復期のリハビリ~移動・歩行訓練~

     症状が安定してくると訓練室でのリハビリを開始します。 リハビリも...

脳卒中のリハビリ~作業療法~

  作業療法とは、仕事や遊びといった作業を通じて健康を増進しようと言うもの...

カラダノートひろば

リハビリ(脳卒中)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る