カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. 体脂肪率 >
  6. 体脂肪は低すぎてもダメ!体脂肪が低い場合のデメリット

健康診断・健康管理

体脂肪は低すぎてもダメ!体脂肪が低い場合のデメリット

 

ダイエットを目指す人にとって、体脂肪率はダイエットの効果を確認する上で、一つの指標となります。できるだけ体脂肪率を下げることが重要だということになりますが、体脂肪率を低くしすぎることも考え物です。ここでは、体脂肪率とは何か、そして、低い体脂肪率のデメリットについて考えてみましょう。

 

 

体脂肪率とは

 

体脂肪率とは、動物の体内に含まれている脂肪の重量の割合を指し、もともとはこれを計測することは困難であるとされていましたが、現在では体重計に追加された機能で体脂肪率を計測することができます。具体的には生体インピーダンス法という方法で、体に微弱な電流を流すことで、体脂肪率を計測することができます。

 

体脂肪率が低いことのデメリットとは

 

体脂肪率は低ければ低いほど良いというわけではありません。体脂肪率が低すぎる場合、エネルギーは筋肉を分解することで作り出されるので、体温や筋力の低下につながる可能性があります。

 

女性の場合は体脂肪率が低すぎると、ホルモンバランスの異常をきたす可能性もあります。その結果として、生理不順や早発性閉経をもたらす可能性があります。

 

適正な体脂肪率とは

 

適正な体脂肪率は性別・年齢によって異なります。男性の場合は30歳未満だと14-20%が、30歳以上だと17-23%が適正な体脂肪率といえます。これよりも低い体脂肪率は上記の問題が発生する可能性があります。

 

女性の場合は、男性よりも適正な体脂肪率は高めで、30歳未満だと17-24%、30歳以上だと20-27%が適正値となります。

 

最後に

 

以上のように、体脂肪率は低ければ低い程よいというわけではありません。適正な体脂肪率が性別・年齢に応じて設定されており、これよりも低い場合は、逆に不健康になる可能性があります。デメリットがあるという点をしっかり理解しておきましょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体脂肪率に関する記事

体脂肪が少ないと風邪を引きやすくなる??

  体脂肪はダイエットをしている人にとっては、天敵の一つだと思われており、...

男女で違う!体脂肪の標準値と肥満判定~その理由と肥満判定の基準値について

最近販売されている体重計の多くは体脂肪率も測れるようになっています。体脂肪率...


体に体脂肪をつきにくくさせる‘コーヒー豆マンノオリゴ糖(コーヒーオリゴ糖)’の効果

  コーヒー豆マンノオリゴ糖は保健機能成分として厚生労働省に指定されている...

生理不順の原因に?!体脂肪率が少ない女性に起きる影響とは?

多くの女性は、体重と体脂肪率を少なくして、スリムなボディを手に入れたいと思っ...

カラダノートひろば

体脂肪率の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る