カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. 体脂肪は低すぎてもダメ!体脂肪が低い場合のデメリット

健康診断・健康管理

体脂肪は低すぎてもダメ!体脂肪が低い場合のデメリット

 ダイエットを目指す人にとって、体脂肪率はダイエットの効果を確認する上で、一つの指標となります。できるだけ体脂肪率を下げることが重要だということになりますが、体脂肪率を低くしすぎることも考え物です。ここでは、体脂肪率とは何か、そして、低い体脂肪率のデメリットについて考えてみましょう。

 

体脂肪率とは

体脂肪率とは、動物の体内に含まれている脂肪の重量の割合を指し、もともとはこれを計測することは困難であるとされていましたが、現在では体重計に追加された機能で体脂肪率を計測することができます。具体的には生体インピーダンス法という方法で、体に微弱な電流を流すことで、体脂肪率を計測することができます。

 

体脂肪率が低いことのデメリットとは

体脂肪率は低ければ低いほど良いというわけではありません。体脂肪率が低すぎる場合、エネルギーは筋肉を分解することで作り出されるので、体温や筋力の低下につながる可能性があります。

 

女性の場合は体脂肪率が低すぎると、ホルモンバランスの異常をきたす可能性もあります。その結果として、生理不順や早発性閉経をもたらす可能性があります。

 

適正な体脂肪率とは

適正な体脂肪率は性別・年齢によって異なります。男性の場合は30歳未満だと14-20%が、30歳以上だと17-23%が適正な体脂肪率といえます。これよりも低い体脂肪率は上記の問題が発生する可能性があります。

 

女性の場合は、男性よりも適正な体脂肪率は高めで、30歳未満だと17-24%、30歳以上だと20-27%が適正値となります。

 

以上のように、体脂肪率は低ければ低い程よいというわけではありません。適正な体脂肪率が性別・年齢に応じて設定されており、これよりも低い場合は、逆に不健康になる可能性があります。デメリットがあるという点をしっかり理解しておきましょう。

 

体脂肪が少ないと風邪を引きやすくなる??

体脂肪はダイエットをしている人にとっては、天敵の一つだと思われており、できるだけ体脂肪率を下げたいと思う人が多いかもしれません。確かに、体脂肪率が高い場合は、心筋梗塞や糖尿病、そして動脈硬化といった病気のリスクが高まるので、高い体脂肪率は下げる努力が必要でしょう。しかし、適正な体脂肪率よりも低くなってしまうと、様々な問題が発生します。

 

例えば、やせた人が風邪を引きやすいという話を聞いたことがあるでしょうか。それはもしかしたら、体脂肪率と関係があるのかもしれません。

 

体脂肪とたんぱく質との関係について

まず、体脂肪とたんぱく質との関係をしっかり理解する必要があります。たんぱく質は、カラダを構成する細胞の主たる成分で、体中のありとあらゆるところに使われています。臓器・血液・毛髪・皮膚・免疫など、どれもカラダにとって欠かせないものがたんぱく質なのです。たんぱく質が少なくなると、筋肉量などが減少するだけではなく、免疫力が低下し、病気になりやすいという問題があります。

 

体脂肪はこうした重要な役割を果たす、たんぱく質の消費量を節約することができ、無駄な消耗を防いでいるのです。そのため、体脂肪率が低いとたんぱく質量も少なくなり、病気にかかりやすくなるのです。

 

以上のように、たんぱく質はカラダの免疫機能を維持する上で大変重要な役割を果たしています。そして、このたんぱく質を無駄に消費させないために体脂肪が重要な役割を果たしているのです。そのため、適度な体脂肪率を保つことが非常に重要であり、ダイエットを行う上で、あまり体脂肪率を低下させないことがとても大切です。体脂肪・タンパク質の重要性をしっかり覚えておきましょう。

 

体脂肪と免疫力の関係を知ろう!

やせている人はスタイルが良く見えることが多く、スリムな外見は多くの人がうらやましいと考えます。そして、自分もそうなりたいと考える人も多いかと思います。しかし、やせている人のイメージをよくよく考えてみると、虚弱体質というイメージがある場合もあるのではないでしょうか。一般的にやせている人は、体重・体脂肪が少ないわけですが、ふくよかな体の人に比べて、風邪を引きやすかったり、病気にかかりやすいということが考えられます。

 

では、どうしてやせている人は風邪を引きやすいのか、病気にかかりやすいのか、ここでしっかり確認していきましょう。

 

栄養不足

そもそもカラダは、異物や異常な細胞などを認識してやっつけるという免疫機能が備わっています。これが正常に機能することで、病気になることを防いでくれているといえます。この免疫機能をもつ免疫細胞は、たんぱく質からできており、ダイエットなどでたんぱく質の摂取量が減ることによって、免疫力が低下することもあり得るのです。

 

ダイエットなどで無理に食事量を減らし、タンパク質以外の栄養素も十分に摂取できていない場合、カラダの免疫力はさらに落ちるということになります。

 

体脂肪率の低下

また体脂肪率の低下は、体温の低下にもつながります。体脂肪は保温機能を有しているため、体脂肪量の低下により体温が低下することにつながるのです。体温の低下は免疫機能とも深くかかわっており、体温が低下することで免疫力が低下するのです。体温が1度下がるだけでも、免疫力が大幅に低下すると言われているので、適切な体脂肪量は免疫力を維持する上でも非常に重要だといえます。

 

以上のように、栄養不足や体脂肪率の低下は、様々な形で免疫機能の低下につながる場合があり、風邪や病気にかかりやすい状態になっている可能性があるのです。

 

どうやって脂肪を測っているの?体脂肪率の変動の理由と測定の注意点

今や家庭で使う体重計にも体脂肪率を一緒に測ることのできるものが増えてきています。

 

体脂肪率も体重と一緒に測っていると、その数値にばらつきがあると感じたことのある方もいるかもしれません。

実は体脂肪率には変動がみられやすいという特徴があります。

 

どうやって脂肪を測っているの?電気を流す体脂肪計

家庭で使われる体脂肪計の多くが取り入れている技術は電気を流すことにあります。筋肉と脂肪では電気の流れ方が異なるので、流した電気で脂肪を判断するのです。

 

なお、脂肪の方が電気が流れにくい理由は水分が少ないからで、水分分布が最終的には体脂肪計の数値を出しているといっても過言ではありません。

 

水分分布の影響で体脂肪率が変わる

本来、体脂肪計で体脂肪を測るときには体の水分分布が一定であることが必要ですが、生活の中で使っているとどうしてもそうはいかない時もあります。

 

例えば、朝よりも夕方の方が靴がきつくなるのは水分が重力で下に行っているからで、水分分布が適切とは言えません。

また、運動直後なども血流量(体の中の水分量)が増えるので、正しい体脂肪値が出ないのです。

 

測る時間は同じにしよう

水分分布が安定しないと体脂肪率は正しく出ない、ということを踏まえてみるといつ体脂肪を測ればいいのかわからない方もいるかもしれません。

 

基本的には運動後、入浴後、食後、起きてすぐなどを避けて測るのがよいです。それにプラスして測る時間を同じにすることで自分の体脂肪率の上昇や下降がわかりやすくなります。

 

体脂肪率の変動がみられるのは体の中の水分が分布している場所や水分が急激に多くなったり少なくなったりすることからです。

体脂肪率を正しく測るためには運動後や入浴後を避けて毎日同じ時間に測るのがお勧めです。

 

体脂肪率を記録してその日の生活や運動習慣などを書いておくと、どんなことで体脂肪値が影響を受けているのか、体脂肪値を下げる・上げるにはどうしたらよいかが見えやすいです。

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

身体測定に関する記事

生理不順の原因に?!体脂肪率が少ない女性に起きる影響とは?

多くの女性は、体重と体脂肪率を少なくして、スリムなボディを手に入れたいと思っ...

カラダノートひろば

身体測定の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る