カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. 体脂肪率 >
  6. 低すぎる体脂肪率が女性に与える影響とは??

健康診断・健康管理

低すぎる体脂肪率が女性に与える影響とは??

 

日々体重計に乗って、体重を量っている人は、同時に体脂肪率を量っている人も多いのではないでしょうか。今や体脂肪率は体重と同様に肥満に悩む人、ダイエットをしている人、日々の健康管理に気をつけている人にとって、重要なデータの一つとなっています。

 

 

低い体脂肪率

 

体脂肪率が適正な値よりも低すぎる場合、カラダに様々な悪影響を与える可能性があります。とりわけ女性の場合は、体脂肪率が低すぎると女性ホルモンなどにも悪影響を及ぼす可能性があるのです。ここでは、そのメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

 

体脂肪率の女性に与える影響

 

女性にとって正常な生理は、非常に重要なことです。正常な生理が継続されるためには、エストロゲンという女性ホルモンが正常に分泌されることが重要です。エストロゲンが正常に分泌されるためには、一定の体脂肪が必要であることがわかっています。そのため、体脂肪率が少なすぎると、ホルモンバランスが崩れ、生理不順になる、または生理がとまってしまう可能性があります。

 

ダイエットを一生懸命してやせた女性が生理不順になったり、生理が止まったりしてしまったという話を聞いたことはないでしょうか。これらはダイエットによる体脂肪率の低下、体脂肪量の低下と関係している可能性が高いと言えるでしょう。

 

体脂肪は女性の体にとって、女性ホルモンであるエストロゲンを分泌する上で大きな影響を与えているので、適切な量の体脂肪をキープすることが大変重要なのです。女性の場合は、おおよそ17-25%程度の体脂肪率が必要であると言われています。体脂肪が少ない場合には老化が早まるという研究結果も出ていますので、いずれにせよ適切な体脂肪量を維持する必要があります。

 

最後に

 

ダイエットをしすぎて不健康になっては、意味がありません。適度に脂肪があり丸みがあった方が、女性的で魅力的だという人も多いでしょう。

適度な体重、体脂肪をキープ出来るような、健康的なダイエットが出来ると良いですね。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/03/16-377309.php?category=170)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体脂肪率に関する記事

実は大切な存在?!中性脂肪の必要性

  体脂肪を低くすることは、ダイエットの目標として、体重と共に大事な指標と...

生理不順の原因に?!体脂肪率が少ない女性に起きる影響とは?

多くの女性は、体重と体脂肪率を少なくして、スリムなボディを手に入れたいと思っ...


男女で違う!体脂肪の標準値と肥満判定~その理由と肥満判定の基準値について

最近販売されている体重計の多くは体脂肪率も測れるようになっています。体脂肪率...

体に体脂肪をつきにくくさせる‘コーヒー豆マンノオリゴ糖(コーヒーオリゴ糖)’の効果

  コーヒー豆マンノオリゴ糖は保健機能成分として厚生労働省に指定されている...

カラダノートひろば

体脂肪率の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る