カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝硬変 >
  5. 肝硬変の段階的症状~自覚症状と初期・末期症状

気になる病気・症状

肝硬変の段階的症状~自覚症状と初期・末期症状

 

肝硬変は、肝臓が硬くなって機能が低下する疾患です。肝硬変の場合、初期症状はあまり見られないことが多く、そのため異常を見逃してしまいがちです。ちょっとした状態の変化に気がつくようにしなければなりません。

 

自覚症状

肝硬変において自覚症状はあまり見られません。もともと他の臓器と比べて症状が出にくいのが肝臓ですので、ウイルス性肝炎に感染しても気がつかないという人もいるくらいです。それでも肝臓機能が低下してくると、個人差はありますが、様々な自覚症状が見られるようになります。疲労感や無気力、食欲不振や貧血、そして黄疸や腹水などです。これらは疲れたり体調が優れなくても現れる症状なので、見逃さないようにしましょう。

 

初期症状

疲労感・無気力・食欲不振・貧血・黄疸・腹水

初期症状が少ないために、慢性肝臓病の症状と間違えてしまうこともあります。黄疸は軽度で、腹水はお腹がぽっこりと膨らんでくる状態です。

 

末期症状

初期症状が少ない肝硬変なので、明らかな体の異常が感じられたらそれはもう末期状態ということになります。腹水はお腹が膨らんで常に張っている感じになります。同時に腹部の静脈がくっきりと浮かび上がったりもします。皮膚や白目の部分に黄疸が見られるようになります。肝機能が低下しているので、通常ならば肝臓で分解されるはずの毒素が分解されなくなり、アンモニアが脳に移動して精神異常をきたす場合もあります。

 

自覚症状が無く初期段階では症状があまり見られない肝硬変末期状態の黄疸や腹水が見られるようになると、意識障害やこん睡状態に陥る危険性も出てきます。初期の段階で肝硬変を見つけられるように、普段から自分の体調の変化に気を使うようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130907255post-3269.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝硬変に関する記事

休養と入院が必要!非代償性肝硬変の治療

   肝硬変はウイルス性肝炎などが原因で起きる疾患です。ウイルス性肝炎の患...

それぞれの肝硬変の治療の違いって?代償期肝硬変・非代償期肝硬変・合併症の治療法

    一度肝硬変を起してしまうと、その後、肝臓を元の健康状態に戻すことは、...


肝硬変末期…出来る治療はあるの?もう治療法はないの?

 肝硬変の症状を起こし、検査をおこなうとすでに末期だと診断された場合、頭によ...

もし身内が末期の肝臓疾患になったら…知っておきたい唯一の治療法『肝臓移植』

  肝臓は移植のため切り取っても、また再生することができる   肝硬変...

カラダノートひろば

肝硬変の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る